2018年度診療報酬・介護報酬同時改定 関連情報

MC plus Daily 最新記事(平日は毎日更新)RSS

2018年01月17日(水) 注目の記事
[改定速報] 2018年度薬価・材料価格制度改革案を了承 中医協・総会1

 中央社会保険医療協議会・総会は1月17日、2018年度の薬価制度および保険医療材料価格制度の見直し案を了承した。これを受け厚生労働省は2月上旬にも保険局長通知を発出し、関係者に内容の周知を図る。また今回の薬・・

続きを読む

2018年01月12日(金) 注目の記事
[人口] 65歳以上世帯主の世帯、2040年に4割超に 世帯数の将来推計

 国立社会保障・人口問題研究所が1月12日に公表した、「日本の世帯数の将来推計(全国推計)-2018(平成30)年推計-」によると、2015年以降、日本の世帯主の高齢化が進行し、2040年には総世帯数に占める世帯主が6・・

続きを読む

2017年12月25日(月)
[社会福祉]社会福祉施設等の耐震化率は89.6% 厚労省

 厚生労働省がこのほど公表した「社会福祉施設等の耐震化状況調査」の結果によると、2016年3月31日時点の社会福祉施設等の耐震化率は89.6%で、前回2014年調査より1.7ポイント上昇したことがわかった(p1参照)・・

続きを読む

2017年12月28日(木)
[医薬品] 医薬品1品目の一般的名称を新たに定める 厚労省

 厚生労働省はこのほど、1品目の「医薬品の一般的名称(JAN)」を新たに定めたことを都道府県に通知した。対象の品目は、「トラスツズマブ(遺伝子組換え)[トラスツズマブ後続1]」(p2~p3参照)。・・

続きを読む

2017年12月28日(木)
[経営] ドラッグストアの11月販売総額は前年同月比6.7%増 経産省

 経済産業省は1月17日までに、2017年11月分の「商業動態統計速報」を発表した。ドラッグストア全体の商品販売額は、5,003億円(前年同月比6.7%増)。商品別にみると、調剤医薬品は328億円(10.8%増)、OTC医薬品・・

続きを読む

もっと記事を見る

MC plus Monthly
重要政策の1カ月の動きをよむ。

MC+Monthly 2017年10月号(創刊号)

特集は日本病院会の相澤孝夫会長にフォーカス。2018年度同時改定関連のトピックスでは、入院医療等分科会の中間とりまとめと、介護医療院の名称ルールを取り上げます。巻末掲載の今月のデータは2015年度国民医療費。・・

続きを読む

MC+Monthly 2017年11月号

診療・介護報酬の改定率決定に向けた駆け引きが本格化。財政制度等審議会での財務省の主張は? 個別項目では、リハビリテーションや療養病棟におけるDPCデータ提出が論点に。今月のデータは、介護事業経営実態調査。・・

続きを読む

MC+Monthly 2017年 12月号

入院は、看護配置のみに着目した報酬から診療実績を組み込んだ評価へ-。診療報酬改定では、一般病棟入院基本料の統合・再編をピックアップ、介護医療院の基準・報酬の枠組みも紹介します。医療経済実態調査も掲載。・・

続きを読む

MC plus Scope
医業経営の専門家・有識者のインタビューや他院の先進的な取り組み事例等をよむ。

[特集] 病院団体・会長就任インタビュー(2)日本病院会・相澤孝夫会長

 日本病院会の相澤孝夫会長はこのほど、会長就任を受けて編集部の取材に応じ、病院が今後、到来する少子高齢・人口減少社会を乗り切るには、「今まで通りのやり方で上手くいくわけがない」と思い切った改革の必要性・・

続きを読む

[特集] 病院団体・会長就任インタビュー(1)全日本病院協会・猪口雄二会長

 全日本病院協会の猪口雄二会長はこのほど、会長就任を受けて編集部の取材に応じ、診療報酬・介護報酬同時改定や第7次医療計画、医師の働き方改革など、課題が山積する難局に立ち向かうため、今後、全日病の政策を・・

続きを読む

[特集] 医療計画と地域医療構想(1)―在宅医療等新規需要の受け皿整備

 2018年度からスタートする「第7次医療計画」に関する厚生労働省・審議会の議論が終了し、3月の医政局長通知で積み残し課題になっていた、在宅医療や介護施設などにおける新規サービス必要量の推計方法や医療従事者・・

続きを読む

MC plus Tools
制度・政策の経緯、最新トピックなどをまとめた院内(社内)でつかえるツール。

2018年度診療報酬改定における回復期領域の議論

2018年度診療報酬改定における回復期領域の議論を解説しました。今回は、▽入院基本料の統合・再編▽地域包括ケア病棟▽回復期リハビリテーション病棟-の3つがポイントです。

資料ダウンロード

2018年度診療報酬改定における急性期領域の議論

2018年度診療報酬改定における急性期領域の議論を整理しました。ポイントは▽重症度、医療・看護必要度▽DPC/PDPS▽平均在院日数▽高度急性期機能の評価▽将来の急性期入院医療の提供体制-の5つです。

資料ダウンロード

熊本大震災関連情報 WIC twitter
ページトップへ