2018年度診療報酬・介護報酬同時改定 関連情報

MC plus Daily 最新記事(平日は毎日更新)RSS

2018年07月19日(木) 注目の記事
[医療改革] フレイル対策と介護予防の一体実施で有識者会議を設置 厚労省

 社会保障審議会・医療保険部会は7月19日、フレイル(虚弱)対策に主眼を置いた高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施を検討する「有識者会議」の設置を了承した。26日に開催予定の社保審・介護保険部会の了承を経て、近日中に初会合を開く。その後、月1回程度のペースで議論し、年内に検討結果のとりまとめを行う見通・・

続きを読む

2018年07月12日(木) 注目の記事
[健康] CKDの早期発見と重症化予防によるQOL向上目指す 厚労省検討会

 厚生労働省は7月12日、腎疾患対策検討会の最終報告書を公表した。今後の腎疾患対策の全体目標として、重症化予防のために自覚症状に乏しい慢性腎臓病(CKD)を早期発見・診断して適切な治療につなげることや、患者(透析患者と腎移植患者を含む)のQOL維持向上に努めることを掲げた。さらに2028年までに年間新規透析導入・・

続きを読む

2018年07月18日(水)
[病院] 2018年4月の病院病床数、前月比1,509床減の155.3万床 厚労省

 厚生労働省が7月18日に公表した「医療施設動態調査」(2018年4月末概数)によると、病院の総病床数は、155万3,015床となり、前月に比べて1,509床減少したことがわかった。内訳は、一般病床89万1,599床(前月比327床減)、療養病床32万4,096床(464床減)、精神病床33万581床(545床減)など。一般診療所の病床数は前月比6・・

続きを読む

2018年07月18日(水)
[看護] 西日本豪雨の被災3県に「災害支援ナース」を派遣 日看協

 日本看護協会(日看協)は7月18日、西日本豪雨の被災地への災害支援ナース派遣状況を発表した。災害支援ナースは、大規模災害発生時に避難所や医療機関などに常駐し、被災者の健康管理や心のケアを担う看護職。2017年3月時点で9,345人が都道府県看護協会に登録されている。今回の豪雨被害の発生を受け、岡山・愛媛の両県・・

続きを読む

2018年07月17日(火)
[医薬品] 医薬品1品目の一般的名称を決定、通知 厚労省

 厚生労働省は7月17日、新たに1品目の医薬品について一般的名称を定め、都道府県に通知した。対象品目は、「トラスツズマブ(遺伝子組換え)[トラスツズマブ後続2]」(p1~p3参照)。・・

続きを読む

2018年07月20日(金)
[予定] 注目される来週の審議会スケジュール 7月23日~7月28日

 来週7月23日(月)からの注目される厚生行政関連の審議会は以下の通りです。7月24日(火)時間未定 閣議7月26日(木)10:00-12:00 第74回社会保障審議会 介護保険部会16:00-18:00 平成30年度第1回医道審議会 医師分科会 医師臨床研修部会7月27日(金)時間未定 閣議・・

続きを読む

もっと記事を見る

MC plus Monthly
重要政策の1カ月の動きをよむ。

MC+Monthly 2018年 6月号

次の社会保障改革のキーワードは「2040年」。厚生労働省が総人口減少社会に突入する2040年を見据えた、医療・介護の将来見通しを経済財政諮問会議に提示。特集は日本慢性期医療協会の武久洋三会長のインタビューを掲載・・・・・・6月号もくじ・・・・・・【医療制度改革】2040年の医療・介護の将来見通し 厚労省が諮問会議に提示【特・・

続きを読む

MC+Monthly 2018年 5月号

「骨太の方針2019」策定に向けた各方面の議論がスタート。2019年度以降も社会保障関係費予算に「伸びの目安」を設定されるのか?財務省が提案した保険給付率を自動的に調整する仕組みとは?詳しくは本誌でご確認を。・・・・・・5月号もくじ・・・・・・【医療制度改革】給付率の自動調整、外来定額負担など提案 財政審で財務省【統計デ・・

続きを読む

MC+Monthly 2018年 4月号

2019年10月に予定されている消費税率10%への引き上げに向けた議論がスタート。薬価・材料価格調査を実施する一方、医療経済実態調査は行わないことを決定。2018年度同時改定では、「疑義解釈」や「Q&A」を掲載。・・・・・・4月号もくじ・・・・・・【診療報酬】【オンライン診療料】、6 カ月間の対面診療必須 厚労省が疑義解釈【・・

続きを読む

MC plus Scope
医業経営の専門家・有識者のインタビューや他院の先進的な取り組み事例等をよむ。

[特集] 介護医療院への転換、施設種別と転換方法の視点から検証を

 2018年度介護報酬改定の目玉となった、「介護医療院」。基本報酬や【移行定着支援加算】の新設など報酬面での優遇に加え、診療報酬上では「住まい」として扱い、在宅復帰率の計算式や自宅からの受け入れ患者数に含めることが認められるなど、介護・医療療養病床からの転換を後押しする環境が整えられた。ただし、実際の転・・

続きを読む

[特集] 2018年度診療報酬改定を振り返って(4) 全日病・猪口会長

 全日本病院協会の猪口雄二会長はこのほど、MC plus編集部の取材に応じ、2018年度の診療報酬改定で再編・統合された【急性期一般入院基本料】について、「厚生労働省の将来イメージ図で示されたように10対1を基本に、あとは病院の考えで人を配置できる『病院のフリーハンド』の部分を認めていく方向になったのは望ましいこ・・

続きを読む

[特集] 2018年度診療報酬改定を振り返って(3) 日本病院会・相澤会長

  日本病院会の相澤孝夫会長はこのほど、MC plus編集部の取材に応じ、2018年度の診療報酬改定について、「将来に向かっての方向性がかなり打ち出されたのではないかと感じている。(入院料の見直しなどで)どういう医療を提供するかで切り分けたのは大きなことだと思う」と分析した。医療提供体制のあり方では、最大の問・・

続きを読む

MC plus Tools
制度・政策の経緯、最新トピックなどをまとめた院内(社内)でつかえるツール。

高齢者の医薬品適正使用の指針

高齢者の医薬品適正使用の指針について、▽ポリファーマシー▽指針の詳細▽今後の見通し-を整理しました。

資料ダウンロード

2018年度診療報酬改定におけるかかりつけ医機能

2018年度診療報酬改定におけるかかりつけ医機能の見直しについて解説しました。ポイントは、▽地域包括診療料・地域包括診療加算▽初診料・機能強化加算▽ポリファーマシー対策-の3つです。

資料ダウンロード

2018年度診療報酬改定における入退院支援

2018年度診療報酬改定における入退院支援について解説しました。今回は、▽入退院支援加算▽在宅復帰率▽有床診療所▽介護医療院-の4つを整理します。

資料ダウンロード

facebookで情報配信中!! WIC twitter
ページトップへ