診療報酬・介護報酬・医療介護政策 MC plus

2018年01月26日(金)

注目の記事 [がん対策] がん患者に対する医療や療養生活の状況把握で全国調査

患者さんが亡くなる前に利用した医療や療養生活の実態を調査 ご遺族約4800名を対象に全国調査実施(1/26)《国立がん研究センター》
発信元:国立がん研究センター   カテゴリ: 保健・健康 医療提供体制
関連資料 PDFダウンロード

今回のポイント

●国立がん研究センター・がん対策情報センターは1月26日、がんや心疾患、脳血管疾患などで亡くなった患者が生前に利用した医療や療養生活の実態把握のための全国調査を実施する、と発表
○2016年に、がん、心疾患、脳血管疾患、腎不全で亡くなった患者の中から無作為に選出された約4,800人の遺族に対して、▽患者が生前に受けた医療の質や療養生活の状況▽患者の医療に関する希望▽遺族が介護を通じて感じたこと-などを聞く
○調査結果は2018年4月以降、同センターのホームページへの掲載するほか、論文としても公開する予定

 国立がん研究センター・がん対策情報センターは1月26日、がんや心疾患、脳血管疾患などで亡くなった患者が生前に利用した医療や療養生活の実態把握のための全国調査を実施する、と発表した。患者が大切な最期の期間を自分らしく過ごすことができるような医療と療養環境の改善につなげることが狙い。調査結果は2018年4月以降、同センターのホームページへ掲載するほか、論文としても公開する予定だ(p2参照)
 
 厚生労働省の委託事業として実施するもので、対象者は、2016年にがん、肺炎、心疾患、脳血管疾患、腎不全で亡くなった患者の中から無作為に選出された約4,800人の遺族(がん3,200人、心疾患・肺炎・脳血管疾患・腎不全各400人)。遺族を対象にするのは、患者が生前に提供を受けた医療の結果として、患者本人が望む最期が実現したかを把握するため。これまでも患者遺族を対象にした類似の調査が実施されたことはあるが、本来は最も多い死亡場所であるはずの一般病院で死亡した患者の客体数が少ないなど、結果の代表性の点で課題があった(p1~p2参照)(p4~p8参照)
 
 調査項目は、▽患者が生前に受けた医療の質や療養生活の状況▽患者の医療に関する希望▽遺族が介護を通じて感じたこと-など。今回は1次調査という位置づけで、2018年度にはより規模を拡大した2次調査を実施する予定(p2参照)(p8参照)

資料PDFダウンロード

関連資料

ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

!! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

ご提供する解説記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、資料については、コピーして他者に手渡すなどは許可をしていますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

ページトップへ