キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全22,549件中6,526 ~6,550件 表示 最初 | | 260 - 261 - 262 - 263 - 264 | | 最後

    2015年04月28日(火)

    注目の記事 [国家戦略特区] 民間事業者から戦略特区の新たな提案を募集 内閣府

    国家戦略特別区域等に係る提案募集要項(4/28)《内閣府》
    発信元:内閣府   カテゴリ: 医療制度改革 医療提供体制 医薬品・医療機器
     内閣府は4月28日、「国家戦略特別区域等に係る提案募集」を開始した。国家戦略特区は、首相主導のもとで大胆な規制改革などを行い、世界一ビジネスをしやすい街の構築などを目指すもの。 医療・介護分野ではこれまで、「保険外併用療養に関する特例」として、海外で承認を受けている医薬品で、日本で未承認・適応外の医薬品などを用いる技術すべてについて、保険外併用療養の特例を用いた迅速な先進医療の提供を決めた。さらに・・・

    続きを読む

    2015年04月28日(火)

    [医療機器] 歯科検診撮影装置などの認証基準改正案を提示 医療機器部会

    薬事・食品衛生審議会 医療機器・体外診断薬部会(4/28)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医薬食品局 医療機器・再生医療等製品担当参事官室   カテゴリ: 医療制度改革 医薬品・医療機器
     厚生労働省は4月28日、薬事・食品衛生審議会の「医療機器・体外診断薬部会」を開催し、指定管理医療機器の認証基準案について報告された(p3~p14参照)。指定管理医療機器とは、厚生労働大臣の承認にかわり、登録認証機関による認証を受ける品目のことで、医薬品医療機器等法第23条の2第1項にもとづき、厚労相が基準を定めて指定する。また、該当する品目は厚労省告示で指定される。 今回提示されたのは、(1)歯科集団検診・・・

    続きを読む

    2015年04月28日(火)

    [感染症対策] 自治体向けに蚊媒介感染症まん延防止の手引き 厚労省

    デング熱・チクングニア熱等蚊媒介感染症の対応・対策の手引き 地方公共団体向けについて(4/28)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 医療提供体制 保健・健康
     厚生労働省は4月28日、蚊媒介感染症に関する特定感染症予防指針(2015年厚労省告示260号)(p2~p17参照)を同日に告示したことにともない、「デング熱・チクングニア熱等蚊媒介感染症の対応・対策の手引き 地方公共団体向け」(p18~p51参照)を、全国自治体の衛生主管部(局)あてに配布したことを発表した。 予防指針は、蚊媒介感染症のまん延を防止するための方針を打ち出したもので、(1)平常時の予防対策・・・

    続きを読む

    2015年04月28日(火)

    [特定健診] 2013年度のメタボ減少率は28% 健保連

    平成 25 年度 特定健診・特定保健指導の実施状況に関する調査分析(4/28)《健康保険組合連合会》
    発信元:健康保険組合連合会   カテゴリ: 保健・健康 医療保険
     健康保険組合連合会は4月28日、2013年度の「特定健診・特定保健指導の実施状況に関する調査分析」を発表した。1,158 組合(特定健康診査対象者974万6,490人)の特定健診・特定保健指導データをもとに、実施状況をとりまとめたもの(p1参照)。 これによると、特定健康診査実施率は70.69%、被保険者では84.55%、被扶養者では39.03%だった(p4参照)。年齢階層別の実施率では、被保険者では50~54 歳が87.87%、被扶養・・・

    続きを読む

    2015年04月28日(火)

    [労働災害] 2014年労災重大災害は19.7%増 厚労省

    平成26年の労働災害発生状況を公表(4/28)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 安全衛生部 安全課   カテゴリ: 労働衛生 保健・健康
     厚生労働省は4月28日、2014年の労働災害状況を公表した。労働災害による死亡者数は1,057人で前年に比べ2.6%増加。業種別では、建設業が377人(前年比10.2%増)、製造業180人(同10.4%減)、陸上貨物運送事業132人(同23.4%増)となっている(p1参照)(p5参照)。 死傷者数(死亡・休業4日以上)は11万9,535人(同1.2%増)(p1参照)(p5参照)。発生状況をみると、「転倒」が2万6,982人(同4.3%増)で最・・・

    続きを読む

    2015年04月28日(火)

    注目の記事 [褒章] 厚生労働省関連の春の褒章受章者137人の名簿を発表 厚労省

    平成27年春の褒章受章者について(4/28)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 大臣官房 人事課   カテゴリ: 予算・人事等
     厚生労働省は4月28日、2015年春の褒章の受章者として、137人分の名簿(p3~p19参照)を発表した。発令は、4月29日付(p1参照)。 受章者の内訳は、社会奉仕活動に従事し、顕著な実績のある個人などに授与される「緑綬褒章」が16人・14団体(p3~p6参照)。その道一筋に業務に精励し、衆民の模範となる人を対象とする「黄綬褒章」が57人(p7~p13参照)。医療・社会福祉などの分野で公衆の利益を興した者、または民生・・・

    続きを読む

    2015年04月28日(火)

    [医療保険] 2015年1月のジェネリック薬使用割合、全国61.3% 協会けんぽ

    ジェネリック医薬品使用割合(4/28)《全国健康保険協会》
    発信元:全国健康保険協会   カテゴリ: 医療保険
     全国健康保険協会は4月28日、2015年1月の医薬品使用割合を公表した。ジェネリック医薬品の使用割合(数量ベース)は調剤分の新指標が61.3%、旧指標で38.3%となった(p1参照)。都道府県別では、最も高いのが沖縄県(新指標75.3%、旧指標50.4%)、最も低いのが徳島県(新指標49.5%、旧指標30.7%)だった(p2~p3参照)。・・・

    続きを読む

    2015年04月28日(火)

    [経営] ドラッグストアの販売額割合でOTC医薬品が15% 経産省

    専門量販店販売統計速報 平成27年3月分(4/28)《経済産業省》
    発信元:経済産業省 大臣官房 統計情報部   カテゴリ: 医薬品・医療機器
     経済産業省は4月28日、2015年3月の「専門量販店販売統計速報」を発表した。ドラッグストアなどの販売動向を探るため、日本標準産業分類のドラッグストア該当企業で、50店舗以上保有または年間販売額が100億円以上の企業などを対象に調査。 ドラッグストアでは、商品販売額は総額4,170億円、前年同月比13.3%減。その内訳は、調剤医薬品290億円(前年同月比4.5%増、構成比6.9%)、OTC医薬品644億円(同13.3%減、同15.4%)、・・・

    続きを読む

    2015年04月27日(月)

    [社会福祉] 福祉業界への合同採用試験、8月4日に開催 東京都

    第1回「福祉業界 合同採用試験」を行います(4/27)《東京都》
    発信元:東京都 福祉保健局 生活福祉部 地域福祉推進課   カテゴリ: 高齢者 社会福祉
     東京都は8月4日に、「福祉業界 合同採用試験」を実施する。本試験に合格すると、都内のネットワーク参加の複数施設との面接が可能になるほか、キャリアアップへの道が開かれるなど、多くのメリットがある。 対象者は、2016年3月に卒業予定の学生(大学・短大・高等専門学校・専修学校・養成施設等)、転職希望者、再就職希望者など。 試験日時は、8月4日(火)午前9時50分開始。会場は、ベルサール渋谷ガーデン 地下1階ホール・・・

    続きを読む

    2015年04月27日(月)

    [審査支払] 2月審査分コンピュータチェック効果は54.9% 支払基金

    平成27年2月審査分の医科電子レセプトコンピュータチェック効果について(4/27)《社会保険診療報酬支払基金》
    発信元:社会保険診療報酬支払基金   カテゴリ: 診療報酬
     社会保険診療報酬支払基金は4月27日、2015年2月分の医科電子レセプトコンピュータチェック効果について発表した。「請求1万点当たりの原審査査定点数」は26.7点(前年同月比1.0点増)。このうちコンピュータチェックを契機とした原審査査定点数は14.7点で、査定点数全体の54.9%(同0.4ポイント増)を占めた。また、チェックで適合しないレセプトの審査委員審査の割合は4.9点だった(p1参照)。・・・

    続きを読む

    2015年04月27日(月)

    注目の記事 [医療保険] 後発医薬品使用目標を2017年度80%へ引き上げを 財務省分科会1

    財政制度等審議会 財政制度分科会(4/27)《財務省》
    発信元:財務省   カテゴリ: 医療制度改革 医療保険 医薬品・医療機器
     財務省は4月27日、財政制度等審議会の「財政制度分科会」を開催し、「社会保障」を議題として、「医療・介護に関する制度改革・効率化の具体案」を議論した。財務省は今後5年間の社会保障関係費の伸びを、高齢化による伸びの範囲内としたいとして、費用抑制に関するさまざまな具体策を提案している。 財務省は国民皆保険を維持して疾病などへの大きなリスクに対応するため、公的保険給付の範囲を重点化する(狭める)ことが必要・・・

    続きを読む

    2015年04月27日(月)

    注目の記事 [医療保険] 定率負担に加え、少額の定額負担の導入も 財務省分科会2

    財政制度等審議会 財政制度分科会(4/27)《財務省》
    発信元:財務省   カテゴリ: 医療制度改革 医療保険 医療提供体制
     4月27日の財政制度等審議会の「財政制度分科会」では、このほか、受診時定額負担制の導入やサービス単価の抑制も提案されている。 受診時定額負担に関しては、現行の定率負担(3割など)に加えて、個人が日常生活で通常負担できる少額の定額負担の導入が必要と提案。また、サービス単価の抑制に関しては、診療報酬・薬価改定は3年度連続になる可能性があると指摘。薬価のマイナス改定分は、市場実勢価格の反映にすぎず、2014年・・・

    続きを読む

    2015年04月27日(月)

    [がん対策] 希少がんの情報ネットワークの構築を 厚労省検討会

    希少がん医療・支援のあり方に関する検討会(第3回 4/27)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局   カテゴリ: 医療提供体制 医療制度改革 保健・健康
     厚生労働省は4月27日、「希少がん医療・支援のあり方に関する検討会」を開催した。検討会は、希少がん患者が安心して適切な医療が受けられるよう、適切な標準的治療提供体制、情報の集約などのあり方について検討するのが目的で、今回が3回目。この日は「診療提供体制」(p3~p10参照)、「病理診断」(p11~p19参照)、「研究開発」(p20~p28参照)などについて、関係者から意見を聴いた。 「診療提供体制」については・・・

    続きを読む

    2015年04月27日(月)

    [通知] 電子データ提出の実務的通知は2016年10月から適用 厚労省

    承認申請時の電子データ提出に関する実務的事項について」に関する質疑応答集(Q&A)について(4/27付 事務連絡)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医薬食品局 審査管理課   カテゴリ: 医薬品・医療機器
     厚生労働省は4月27日付で、「承認申請時の電子データ提出に関する実務的事項」(以下、実務的通知)(p10~p28参照)に関する通知および、「『実務的通知』に関する質疑応答集(Q&A)」(p1~p9参照)の事務連絡を発出した。「実務的通知」では、2014年6月発出の「承認申請時の電子データ提出に関する基本的考え方について」(以下、基本的通知)などをふまえ、電子データの「提出対象となる臨床試験データなどの取扱い」&l・・・

    続きを読む

    2015年04月27日(月)

    注目の記事 [DPC] I群の機能の低い本院は評価係数IIで対応、II群でも検討 DPC分科会1

    診療報酬調査専門組織・DPC評価分科会(平成27年度 第1回 4/27)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 医療課   カテゴリ: 診療報酬
     厚生労働省は4月27日、「診療報酬調査専門組織・DPC評価分科会」の今年度初会合を開き、「DPC制度(DPC/PDPS)にかかるこれまでの検討状況について検討結果(中間取りまとめ)案」などを議論した。 検討結果案では、(1)医療機関別係数、(2)DPC導入の影響評価にかかる調査(退院調査)にかかる検討課題に関し一定の結果を取りまとめ中医協基本問題小委員会に報告するとしている。 (1)では、厚労省はI群のあり方に関して・・・

    続きを読む

    2015年04月27日(月)

    注目の記事 [DPC] 特別調査の収益プラスマイナス2.0%病院の結果を提示 DPC分科会2

    診療報酬調査専門組織・DPC評価分科会(平成27年度 第1回 4/27)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 医療課   カテゴリ: 診療報酬
     4月27日の「診療報酬調査専門組織・DPC評価分科会」では、このほか、「2014年度特別調査(アンケート)の結果報告案」も示された。激変緩和措置の対象となっている病院の現状を把握するためのもの。対象はDPC対象病院のうち、2014年度激変緩和措置対象となった医療機関135施設(変動率マイナス2.0%以下53施設、プラス2.0%以上82施設)(p65参照)。 激変緩和措置(暫定調整係数の機能評価係数IIへの置き換えで、収益がプ・・・

    続きを読む

    2015年04月24日(金)

    [高齢者] 日本版CCRCの居住者は構想段階から意見表明の場に参加を 内閣府

    日本版CCRC構想有識者会議(第3回 4/24)《内閣府》
    発信元:内閣府   カテゴリ: 医療提供体制 高齢者 介護保険
     内閣府は4月24日、「日本版CCRC構想有識者会議」を開催し、検討にあたっての主な論点(p45~p46参照)について、3月の前回会合に引き続いて討議した。 CCRC(Continuing Care Retirement Community:高齢者への継続したケア)とは、「健常・自立」、「介護度低(支援型)」、「介護度高(介護型)」という3つのレベルに合わせ、住居・生活サービス・介護・医療などを総合的に提供していく施設サービスで、米国には約2,000カ所・・・

    続きを読む

    2015年04月24日(金)

    [健康産業] ヘルスケアビジネス振興に向けてアクションプラン案 経産省WG

    次世代ヘルスケア産業協議会 新事業創出ワーキンググループ(第3回 4/24)《経済産業省》
    発信元:経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課   カテゴリ: 医療提供体制 保健・健康
     経済産業省は4月24日、次世代ヘルスケア産業協議会「新事業創出ワーキンググループ(WG)」を開催した。この協議会は、「健康長寿ブランド」の確立によるヘルスケアビジネスの市場創出・産業育成などが目的。その下部組織であるWGは、今回が第3回。2月の初会合では、「医療・介護供給体制の根幹である地域包括ケアシステムと連携しつつ、ヘルスケアビジネスが担うことができる範囲を明確化し、効率化をはかる」などの基本的な考・・・

    続きを読む

    2015年04月24日(金)

    [医薬品] 8品目の製造販売承認事項を一部変更 医薬品第二部会

    薬事・食品衛生審議会 医薬品第二部会(4/24)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医薬食品局 審査管理課   カテゴリ: 医薬品・医療機器
     厚生労働省は4月24日、薬事・食品衛生審議会の「医薬品第二部会」を開催し、医薬品の製造販売承認事項の一部変更、再審査期間の指定などを議論した。 一部変更の議題となったのは、次の医薬品8品目。 田辺三菱製薬の「タリオン錠5mg」、「同10mg」、「同OD錠5mg」、「同OD錠10mg」は、アレルギー性鼻炎、じん麻疹などにともなう掻痒を効能・効果とし、新たに小児用量を追加する一部変更が了承された。再審査期間は4年・・・

    続きを読む

    2015年04月24日(金)

    注目の記事 [医療機器] 医療ニーズ高い未承認医療機器などに関して意見募集 厚労省

    医療ニーズの高い未承認医療機器等の早期導入に関する要望の募集について(4/24)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医政局 経済課 医療機器政策室   カテゴリ: 医薬品・医療機器 医療制度改革
     厚生労働省は5月1日より、「医療ニーズの高い未承認医療機器等の早期導入への要望」に関する意見募集(パブコメ)を開始する。6月30日まで。厚労省によると、未承認・適応外の医療機器や体外診断用医薬品については、早急に日本に導入するとの観点から、2006年より「医療ニーズの高い医療機器等の早期導入に関する検討会」を通じて、学会などからの要望をふまえて、早期承認に努めているという(p1参照)。 今回の意見募集・・・

    続きを読む

    2015年04月24日(金)

    [地域医療] 連携中枢都市圏構想で厚労省が救急体制強化を示す 総務省

    連携中枢都市圏構想推進のための関係各省の支援策(4/24)《総務省》
    発信元:総務省 自治行政局 市町村課   カテゴリ: 医療提供体制 高齢者 社会福祉
     総務省は4月24日、「連携中枢都市圏構想の推進に向けた関係各省による支援策」(p2~p7参照)として、厚生労働省(p4参照)をはじめ、総務省(p3参照)、農林水産省、経済産業省、国土交通省の各省による施策を発表した。 総務省によると、連携中枢都市圏構想は、今後の人口減少・少子高齢社会にあって、持続可能な経済を維持するため、一定の圏域人口を有する社会経済の拠点を、主として三大都市圏の区域外を対象に・・・

    続きを読む

    2015年04月24日(金)

    [声明] 医療保険制度改革関連法案に抗議する声明を発表 保団連

    患者、国民の声を無視して「医療保険制度改革関連法案」の採決を強行したことに強く抗議する 衆議院本会議での採決は強行せず、あらためて厚生労働委員会での審議をやりなおしてください(4/24)《全国保険医団体連合会》
    発信元:全国保険医団体連合会 医療運動担当   カテゴリ: 医療提供体制 医療制度改革 医療保険
     全国保険医団体連合会(保団連)は4月24日、医療保険制度改革関連法案に関し、「採決を強行したことに強く抗議する」とする声明を発表した(p1参照)。同関連法案は同日、衆院の厚生労働委員会で可決され、28日にも衆院本会議を通過するとみられている。 声明は、同関連法案の内容について、(1)経済的困難をかかえながら病気とたたかっている患者をさらに追い込む負担増計画、(2)安全性・有効性が未確立な医療を「患者・・・

    続きを読む

    2015年04月24日(金)

    [高齢者] 1月の後期高齢者医療制度加入者1,567万人 厚労省

    後期高齢者医療毎月事業状況報告(事業月報) 平成27年1月(4/24)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 調査課   カテゴリ: 高齢者 調査・統計
     厚生労働省は4月24日、2015年1月現在の後期高齢者医療毎月事業月報を公表した。後期高齢者医療制度の加入者数は、全国で1,567万580人(前年同月比2.0%増)。65歳以上75歳未満の障害認定者数は36万1,026人(同2.3%減)。100歳以上の被保険者数は5万8,268人、被扶養者の被保険者数は168万3,237人だった(p1~p2参照)。・・・

    続きを読む

    2015年04月24日(金)

    [告知] キーワードでみる厚生行政 vol.23 厚生政策情報センター

    キーワードでみる厚生行政(第23号 4/24)《厚生政策情報センター》
    発信元:厚生政策情報センター   カテゴリ: 医療制度改革 労働衛生 高齢者
     「キーワードでみる厚生行政」(4月15日~4月23日)をアップしました。 今回は、(1)ストレスチェック制度、(2)サービス付き高齢者向け住宅の登録状況―を解説。(1)については、4月20日に厚生労働省が説明会を開催し、(2)は、4月15日に国土交通省の検討会で明らかにされています。 勉強会や企画書の資料作成などにすぐに使える、最新トピックスのデータです。・・・

    続きを読む

    2015年04月24日(金)

    [予定] 注目される来週の審議会スケジュール(4月27日~5月9日)

    来週注目の審議会スケジュール(4月27日~5月9日)(4/24)《厚生政策情報センター》
    発信元:厚生政策情報センター   カテゴリ: その他
     来週4月27日(月)からゴールデンウイークの連休を挟む2週間、注目される医療・介護関連の審議会等は、「希少がん医療・支援のあり方に関する検討会」や「指定難病検討委員会」などです。また、「診療報酬調査専門組織・DPC評価分科会」、「診療報酬調査専門組織・入院医療等の調査・評価分科会」も開催されます(p1参照)。 27日の「希少がん医療・支援のあり方に関する検討会」は、希少がんの「診療提供体制」、「研究開・・・

    続きを読む

    全22,549件中6,526 ~6,550件 表示 最初 | | 260 - 261 - 262 - 263 - 264 | | 最後
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ