キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

全2,080件中1 ~25件 表示 最初 | 前 | 1 - 2 - 3 - 4 - 5 | | 最後

2020年03月24日(火)

[感染症] 風しん累積患者数68人に 疫学情報・第11週

風疹に関する疫学情報:2020年3月18日現在(3/24)《国立感染症研究所》
発信元:国立感染症研究所 感染症疫学センター   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
 国立感染症研究所・感染症疫学センターは24日、「風しんに関する疫学情報:2020年第11週(9日-15日)」を公表した。それによると新規報告された風しん患者数は4人で、第1週からの累積患者報告数は、前週から4人増加し、68人(遅れ報告数を含む)となった(p1参照)。 地域別の報告数は、東京都(20人)、愛知県(7人)、兵庫県(6人)、神奈川県(5人)、千葉県(5人)の順に多い。第11週に複数の患者報告があったのは、東・・・

続きを読む

2020年03月23日(月)

[感染症] 感染症週報 20年第10週(3月2日-3月8日) 国立感染症研究所

感染症週報 2020年第10週(3月2日-3月8日)《国立感染症研究所》
発信元:国立感染症研究所   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
 国立感染症研究所は23日、「感染症週報 第10週(2日-8日)」を発表した。定点把握対象の5類感染症の報告数(定点当たり)は以下の通り(p6参照)(p25~p27参照)。▽インフルエンザ/3.13(前週4.77)/第5週以降減少が続いている▽RSウイルス感染症/0.27(0.28)/2週連続で減少▽咽頭結膜熱/0.34(0.33)/前週から増加▽A群溶血性レンサ球菌咽頭炎/2.92(2.99)/2週連続で減少▽感染性胃腸炎/3.57(4.13)/第5週以降・・・

続きを読む

2020年03月23日(月)

[インフル] インフルエンザの発生状況 20年第11週(3月9日-3月15日)

インフルエンザの発生状況について(3/23)《厚生労働省》
発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
 厚生労働省は23日、2020年第11週(9日-15日)の「インフルエンザの発生状況」を公表した。定点報告と全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の詳細は以下の通り。【定点報告】(p2~p3参照)(p7参照)▽定点当たり報告数(全国)/1.29(前週3.13)▽定点当たり報告数の上位3都道府県:岩手県(5.64)、石川県(2.90)、青森県(2.72)▽報告患者数/6,379人(前週比9,119人減)▽入院患者の届・・・

続きを読む

2020年03月22日(日)

[感染症] 倦怠感や呼吸困難は直ちに相談を 新型コロナで厚労省が事務連絡

新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安について(3/22付 事務連絡)《厚生労働省》
発信元:厚生労働省 新型コロナウイルス感染症対策推進本部   カテゴリ: 保健・健康
 厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部は22日、倦怠感や呼吸困難のある人について、直ちに帰国者・接触者相談センターに相談してもらい、帰国者・接触者外来への受診調整を行うよう求める事務連絡を、都道府県、保健所設置市、特別区に出した(p1~p2参照)。 事務連絡では、新型コロナウイルス感染症の相談・受診の目安として、「風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方」「強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ・・・

続きを読む

2020年03月19日(木)

[感染症] 新型コロナ疑い患者、「直接の対面による診療を」 厚労省

新型コロナウイルスの感染拡大防止策としての電話や情報通信機器を用いた診療等の臨時的・特例的な取扱いについて(3/19付 事務連絡)《厚生労働省》
発信元:厚生労働省 医政局 医事課 医薬・生活衛生局 総務課   カテゴリ: 保健・健康
 新型コロナウイルス感染症を疑う患者の診療について、厚生労働省は、「直接の対面による診療を行う」といった見解を示した事務連絡を、都道府県、保健所設置市、特別区に出した(p1~p3参照)。 事務連絡(19日付)では、初診から電話や情報通信機器を用いて診療を行った場合、重症化の恐れや他の疾患を見逃す恐れもあるため、「初診で電話や情報通信機器を用いた診療を行うことが許容される場合には該当せず」としている・・・

続きを読む

2020年03月19日(木)

[感染症] 予防接種、疾病診療目的の来院患者と分けて 厚労省事務連絡

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う定期の予防接種の実施に係る対応について(3/19付 事務連絡)《厚生労働省》
発信元:厚生労働省 健康局 健康課   カテゴリ: 保健・健康
 定期の予防接種を実施する医療機関で、被接種者とその保護者が疾病の診療目的で来院した患者と接触しないよう、厚生労働省は、時間帯や場所を分ける配慮を求める事務連絡を都道府県に出した。新型コロナウイルス感染症への感染を防止するための措置で、「器具や従事者を介した院内感染の防止についても適切な対応を取ること」としている(p1参照)。 事務連絡(19日付)では、予防接種法の規定による定期接種について、「ワ・・・

続きを読む

2020年03月18日(水)

[感染症] 介護施設などへの布製マスク配布方法を事務連絡 厚労省

介護施設等に対する布製マスクの配布について(3/18付 事務連絡)《厚生労働省》
発信元:厚生労働省 医政局 経済課 ほか   カテゴリ: 保健・健康
 厚生労働省は18日、都道府県の関係部局に対して介護施設や障害者施設や保育所、放課後児童クラブなどに対する布製マスクの配布について事務連絡で示した。介護施設などには「職員と利用者を対象とした枚数」が送付される(p1~p4参照)。 布製マスクの介護施設などへの配布は、政府の対策本部が10日にまとめた「新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策」(第2弾)で方針が示されていた。今回の事務連絡によると、国がメ・・・

続きを読む

2020年03月18日(水)

[インフル] 東京でインフル大幅減、流行開始の目安を下回る

東京都感染症発生動向調査(3/18)《東京都感染症情報センター》
発信元:東京都感染症情報センター   カテゴリ: 保健・健康
 東京都内のインフルエンザの患者報告数が流行開始の目安を下回ったことが18日、東京都感染症情報センターが公表した感染症発生動向調査の週報(ウェブ版)で分かった。全31保健所管内のうち20保健所管内で流行開始の目安を下回っている。 週報によると、9日から15日までの週の定点医療機関当たりの患者報告数は、前週比約61%減の0.9人。流行開始の目安となっている1.0人を下回っており、過去5年の同期と比べて最も少ない。 保・・・

続きを読む

2020年03月17日(火)

注目の記事 [がん対策] がん5年相対生存率68.4%、前回比0.5ポイント増 国がん発表

全がん協加盟がん専門診療施設の診断治療症例について 5年生存率、10年生存率データ更新 グラフデータベースKapWeb更新(3/17)《国立がん研究センター》
発信元:国立がん研究センター   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
 国立がん研究センター(国がん)は17日、2009年から11年までに医療機関でがんの診断・治療を受けた患者約14万人の5年相対生存率が68.4%だったと発表した。19年4月9日の前回公表時よりも0.5ポイント上昇。部位別では、前立腺が100%で、甲状腺なども90%を超えた(p3参照)。 22種類の部位別で、5年相対生存率が7割以上だったのは、「前立腺」のほか、「乳・女」(93.7%)や「甲状腺」(92.4%)、「子宮体」(86.4%)、・・・

続きを読む

2020年03月17日(火)

[感染症] 風しん累積患者数64人に 疫学情報・第10週

風疹に関する疫学情報:2020年3月11日現在(3/17)《国立感染症研究所》
発信元:国立感染症研究所 感染症疫学センター   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
 国立感染症研究所・感染症疫学センターは17日、「風しんに関する疫学情報:2020年第10週(2日-8日)」を公表した。それによると新規報告された風しん患者数は7人で、第1週からの累積患者報告数は、前週から8人増加し、64人(遅れ報告数を含む)となった(p1参照)。 地域別の報告数は、東京都(18人)、愛知県(7人)、神奈川県(5人)、千葉県(5人)、兵庫県(5人)の順に多い。第10週に複数の患者報告があったのは、東・・・

続きを読む

2020年03月17日(火)

注目の記事 [がん対策] がん10年相対生存率57.2%、膵臓は5.3% 国がん集計

全がん協加盟がん専門診療施設の診断治療症例について 5年生存率、10年生存率データ更新 グラフデータベースKapWeb更新(3/17)《国立がん研究センター》
発信元:国立がん研究センター   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
 2003年から06年までに医療機関でがんの診断・治療を受けた患者約8万人の10年相対生存率が57.2%だったことが17日、国立がん研究センター(国がん)の集計結果で明らかになった。19年4月9日の前回公表時に比べて0.9ポイント上昇。部位別では、前立腺が100%に近かったが、膵臓は10%にも満たなかった(p4参照)。 18種類の部位別で、10年相対生存率が最も高かったのは、「前立腺」(97.8%)で、「乳」(85.9%)や「甲状腺・・・

続きを読む

2020年03月13日(金)

[感染症] 新型コロナ薬局対応、マスク着用や手指衛生徹底を 厚労省

新型コロナウイルス感染症が疑われる者が薬局に来局した際の留意点について(3/13付 事務連絡)《厚生労働省》
発信元:厚生労働省 医薬・生活衛生局 総務課   カテゴリ: 保健・健康
 厚生労働省医薬・生活衛生局総務課は13日、新型コロナウイルス感染症が疑われる人が薬局に来局した際の留意点に関する事務連絡を、都道府県、保健所設置市、特別区に出した。基本的に誰もが新型コロナウイルスを保有している可能性があることを考慮し、「全ての来局する患者の対応において、標準予防策であるサージカルマスクの着用と手指衛生の励行を徹底する」としている(p1参照)。 事務連絡では、新型コロナウイルス感・・・

続きを読む

2020年03月13日(金)

[感染症] 新型コロナ相談、外部委託や元職員の雇用検討を 厚労省事務連絡

保健所の業務継続のための体制整備について(3/13付 事務連絡)《厚生労働省》
発信元:厚生労働省 新型コロナウイルス感染症対策推進本部   カテゴリ: 保健・健康 医療提供体制
 厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部は13日、帰国者・接触者相談センターの業務の全部または一部を地域の医師会や医療機関に外部委託したり、退職した元保健所職員を雇用したりすることを検討するよう求める事務連絡を都道府県、保健所設置市、特別区に出した(p1参照)。 帰国者・接触者相談センターや積極的疫学調査などで保健所の業務が増えていることを踏まえたもので、事務連絡では、新型コロナウイルス感・・・

続きを読む

2020年03月13日(金)

[感染症] 感染症週報 20年第9週(2月24日-3月1日) 国立感染症研究所

感染症週報 2020年第9週(2月24日-3月1日)《国立感染症研究所》
発信元:国立感染症研究所   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
 国立感染症研究所は13日、「感染症週報 第9週(2月24日-3月1日)」を発表した。定点把握対象の5類感染症の報告数(定点当たり)は以下の通り(p6参照)(p25~p27参照)。▽インフルエンザ/4.77(前週6.12)/第5週以降減少が続いている▽RSウイルス感染症/0.28(0.29)/前週から減少▽咽頭結膜熱/0.33(0.39)/前週から減少▽A群溶血性レンサ球菌咽頭炎/2.99(3.66)/前週から減少▽感染性胃腸炎/4.13(5.57)/第5週・・・

続きを読む

2020年03月13日(金)

[感染症] 新型コロナ相談、目安該当しない人も柔軟に判断 厚労省事務連絡

「帰国者・接触者相談センター」における「帰国者・接触者外来」への受診調整に係る留意事項について(3/13付 事務連絡)《厚生労働省》
発信元:厚生労働省 新型コロナウイルス感染症対策推進本部   カテゴリ: 保健・健康
 厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部は13日、同感染症の帰国者・接触者相談センターについて、帰国者・接触者外来への受診調整を行う際、一律に相談の目安を適用するのではなく、相談の目安に該当しない人にも「柔軟に判断」して同外来の連絡先を伝えることを求める事務連絡を都道府県に出した(p1参照)。 相談件数に占めるPCR検査実施件数の割合は、都道府県間で格差が生じている。厚労省が16日に公表した都・・・

続きを読む

2020年03月13日(金)

[インフル] インフルエンザの発生状況 20年第10週(3月2日-3月8日)

インフルエンザの発生状況について(3/13)《厚生労働省》
発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
 厚生労働省は13日、2020年第10週(2日-8日)の「インフルエンザの発生状況」を公表した。定点報告と全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の詳細は以下の通り。【定点報告】(p2~p3参照)(p7参照)▽定点当たり報告数(全国)/3.13(前週4.77)▽定点当たり報告数の上位3都道府県:岩手県(8.86)、大阪府(7.32)、石川県(6.94)▽報告患者数/1万5,498人(前週比8,107人減)▽入院患者の・・・

続きを読む

2020年03月11日(水)

[感染症] 新型コロナ相談業務、医師会や病院へ委託可能に 厚労省事務連絡

帰国者・接触者相談センターの運営について(3/11付 事務連絡)《厚生労働省》
発信元:厚生労働省 新型コロナウイルス感染症対策推進本部   カテゴリ: 保健・健康
 厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部は11日、帰国者・接触者相談センターの運営に関する事務連絡を都道府県に出した。新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、帰国者・接触者相談センターの業務が増加していることなどを説明。こうした状況を踏まえ、業務の全部または一部について、地域の医師会や医療機関などへの外部委託をできるようにした(p1~p2参照)。 事務連絡では、「本業務を実施するにあたって十・・・

続きを読む

2020年03月11日(水)

[感染症] 発熱や上気道症状で診療拒否は「正当な事由」に該当せず 厚労省

新型コロナウイルス感染症が疑われる者の診療に関する留意点について(3/11付 通知)《厚生労働省》
発信元:厚生労働省 新型コロナウイルス感染症対策推進本部   カテゴリ: 保健・健康
 厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部は11日、新型コロナウイルス感染症が疑われる人の診療に関する事務連絡を、都道府県、保健所設置市、特別区に出した。患者が発熱や上気道症状を有していることだけを理由に診療を拒否することは、応招義務を定めた医師法第19条第1項における診療を拒否する「正当な事由」に該当しないといった見解を示している(p1~p2参照)。 事務連絡では、診療が困難である場合は、「少な・・・

続きを読む

2020年03月11日(水)

[感染症] PCR検査を支援、大学病院や検査会社に試薬送付 感染研

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)PCR検査法の開発と支援の状況について(3/11)《国立感染症研究所》
発信元:国立感染症研究所   カテゴリ: 保健・健康
 国立感染症研究所は11日、患者の診断目的で使用されるPCR検査への支援について、大学病院や民間検査会社など140カ所への試薬(プライマー、プローブ、陽性コントロール)の送付を完了したことを明らかにした。同研究所は「今後も希望に応じて配布を進める予定」としている。 同研究所によると、厚生労働省の依頼により、PCR検査体制構築を準備する保健所、大学病院などの医療機関、民間の衛生検査所への配布を計画し、地方衛生・・・

続きを読む

2020年03月10日(火)

[感染症] 新型インフル入院整備事業改正、新型コロナを追加 厚労省

新型インフルエンザ等患者入院医療機関整備事業の実施について(3/10付 通知)《厚生労働省》
発信元:厚生労働省 健康局   カテゴリ: 保健・健康 医療提供体制
 厚生労働省は10日、「新型インフルエンザ患者入院医療機関整備事業実施要綱」の一部改正に関する事務連絡を都道府県に出した。事業の実施方法などの項目に、新型コロナウイルス感染症の記載を追加した(p1~p3参照)。 この事業は、新型インフルエンザなどが発生した際、患者への医療を提供するとされている入院医療機関と都道府県が実施主体となっており、施設に関しては、「陰圧化や個室化等、院内感染防止に配慮した病床」・・・

続きを読む

2020年03月10日(火)

[感染症] 風しん累積患者数56人に 疫学情報・第9週

風疹に関する疫学情報:2020年3月4日現在(3/10)《国立感染症研究所》
発信元:国立感染症研究所 感染症疫学センター   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
 国立感染症研究所・感染症疫学センターは10日、「風しんに関する疫学情報:2020年第9週(2月24日-3月1日)」を公表した。それによると新規報告された風しん患者数は5人で、第1週からの累積患者報告数は、前週から7人増加し、56人(遅れ報告数を含む)となった(p1参照)。 地域別の報告数は、東京都(14人)、愛知県(7人)、千葉県(5人)の順に多い。第9週に複数の患者報告があったのは、東京都と兵庫県。これまでに、関・・・

続きを読む

2020年03月09日(月)

[感染症] 新型コロナ検査、結果出るまでの注意事項周知を 厚労省事務連絡

医療機関における「新型コロナウイルス検査を受けた方へ」の配布について(3/9付 事務連絡)《厚生労働省》
発信元:厚生労働省 新型コロナウイルス感染症対策推進本部   カテゴリ: 保健・健康
 厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部は9日、医療機関における新型コロナウイルス検査に関する事務連絡を都道府県、保健所設置市、特別区に出した。検査後の患者に関する注意事項をまとめたものを、管内の医療機関に周知するよう促している(p1参照)。 事務連絡では、新型コロナウイルス検査後の注意事項を記載した「新型コロナウイルスの検査を受けた方へ」を取りまとめたことを説明。検査結果が出るまでは「・・・

続きを読む

2020年03月07日(土)

[感染症] 国立循環器病研究センターが13日まで外来休診 新型コロナで

新型コロナウイルス陽性職員の発生に伴う外来の休診(3/9-3/13予定)について(3/7)《国立循環器病研究センター》
発信元:国立循環器病研究センター   カテゴリ: 保健・健康 医療提供体制
 国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)は、9日から13日まで外来を休診すると発表した。新型コロナウイルス検査の結果、勤務する外来非常勤看護師(50歳代、女性)が陽性であることが判明したため。ただ、入院診療業務や救急患者への対応などは通常通り実施する。 同センターによると、この職員は3日、4日の両日、同センターの産婦人科外来で勤務したが、その前の2日に勤務していた別の医療機関で対応した患者が新型コロナウ・・・

続きを読む

2020年03月06日(金)

[感染症] 特養の約3割でマスク・アルコールが3月中に不足 全国老施協調査

高齢者介護施設における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に係る現状と要望(3/6)《全国老人福祉施設協議会》
発信元:全国老人福祉施設協議会   カテゴリ: 保健・健康 介護保険
 全国老人福祉施設協議会(全国老施協)は新型コロナウイルス感染症への対策などに関する緊急調査の結果を6日、公表した。国や自治体への施策要望を把握するための調査で、回答した会員施設のうち、約3割の施設がマスクや消毒用アルコールについて「感染症が蔓延しない場合でも3月中に足りなくなる」と回答している(p4参照)(p6参照)。全国老施協は厚生労働省の老健局長に対してこうした高齢者介護施設の窮状を訴え、・・・

続きを読む

2020年03月06日(金)

[感染症] 百日咳、人口10万人当たりの患者報告数は鹿児島が最多 感染研

全数報告サーベイランスによる国内の百日咳報告患者の疫学(更新情報 2019年疫学週第1週-52週)(3/6)《国立感染症研究所》
発信元:国立感染症研究所 感染症疫学センター   カテゴリ: 保健・健康
 国立感染症研究所はこのほど、「全数報告サーベイランスによる国内の百日咳報告患者の疫学」をウェブサイトに掲載した。2019年1月1日から12月29日まで(19年第52週まで)の百日咳サーベイランスの結果をまとめたもので、都道府県別の百日咳患者の人口10万人当たりの報告数は、鹿児島県が最も多かったとしている。 「患者の疫学」によると、報告対象期間に感染症発生動向調査(NESID)へ1万6,785例の百日咳の報告(20年1月8日現・・・

続きを読む

全2,080件中1 ~25件 表示 最初 | 前 | 1 - 2 - 3 - 4 - 5 | | 最後
ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

!! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

ページトップへ