キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全1,799件中1 ~25件 表示 最初 | 前 | 1 - 2 - 3 - 4 - 5 | | 最後

    2019年06月07日(金)

    [感染症] 感染症週報 19年第21週(5月20日~26日) 国立感染症研究所

    感染症週報 2019年第21週(5月20日~26日)(6/7)《国立感染症研究所》
    発信元:国立感染症研究所   カテゴリ: 保健・健康
     国立感染症研究所は6月7日、「感染症週報第21週(5月20日~26日)」を発表した。定点把握対象の5類感染症の報告数(定点当たり)は以下の通り(p6参照)(p25~p27参照)。▽インフルエンザ/0.62(前週0.92)/前週から減少▽RSウイルス感染症/0.32(0.27)/3週連続で増加▽咽頭結膜熱/0.64(0.42)/前週から増加▽A群溶血性レンサ球菌咽頭炎/2.66(2.86)/前週から減少▽感染性胃腸炎/6.63(7.00)/前週から減少▽手足・・・

    続きを読む

    2019年06月06日(木)

    [保健] アニサキスによる食中毒の注意喚起でQ&Aを作成  厚労省

    アニサキス食中毒に関するQ&A(6/6)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医薬・生活衛生局 食品監視安全課   カテゴリ: 保健・健康
     厚生労働省は6月6日、アニサキスによる食中毒のQ&Aを作成し、ウェブサイト上で公表した。アニサキスは寄生虫(線虫)の一種で、その幼虫はサバ、アジ、イカなどの魚介類の内臓表面に寄生する。寄生している生鮮魚介類を生で食べると食中毒を引き起こす。Q&Aは、「アニサキスとは何か?」「発生原因」「症状」「治療法」「予防法」といった基本情報のほか、生鮮魚介類を取り扱う事業者向けに、予防法や食中毒が発生した際の・・・

    続きを読む

    2019年06月06日(木)

    [開催案内] 国際医療協力活動の人材育成で集中講座開催 NCGM

    【参加者募集】2019年度 国際保健医療協力集中講座 3日間の実践的なプログラムで国際保健キャリアへの扉を開こう(7/13?15)《国立国際医療研究センター》
    発信元:国立国際医療研究センター 国際医療協力局   カテゴリ: 保健・健康
     国立国際医療研究センター(NCGM)は7月13~15日の3日間、「2019年度 国際保健医療協力集中講座」を開催する。同講座は、国際医療協力や開発途上国の健康問題に興味・関心のある人材向けの短期集中プログラム。講義内容は、「国際保健の基礎のキソ!」、「国際保健の潮流とこれから」、「途上国における医療の質の改善」-など。 時間は、9:00~16:00まで(13日は17:30まで)。会場は国際医療協力研修センター3階(東京都新宿区・・・

    続きを読む

    2019年06月06日(木)

    注目の記事 [診療報酬] 【妊婦加算】、現行のままでの再開は適当でない 厚労省検討会

    妊産婦に対する保健・医療体制の在り方に関する検討会(第5回 6/6)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 医療課   カテゴリ: 診療報酬 医療制度改革 保健・健康
     厚生労働省の「妊産婦に対する保健・医療体制の在り方に関する検討会」は6月6日、議論の取りまとめを了承した。2018年度診療報酬改定で導入されながら、不適切な算定事例の発生や、妊婦の自己負担増を問題視する声から凍結された【妊婦加算】については、従来のままの形で再開することは「適当ではない」との認識を表明。妊産婦に対する質の高い診療や、産婦人科の主治医への情報提供を担保できる具体策の検討を、中央社会保険医・・・

    続きを読む

    2019年05月31日(金)

    注目の記事 [健康] 喫煙習慣ある人の配偶者の6割が禁煙望む がんセンター調査

    家族のたばこについて国民意識アンケート調査報告書公表(5/31)《国立がん研究センター》
    発信元:国立がん研究センター   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
     喫煙習慣がある人の配偶者の約6割が、たばこをやめてほしいと思っている-。そんな実態が、国立がん研究センターが行った、家族のたばこに関する国民意識アンケート調査の結果から明らかになった。 調査は成人2,000人(喫煙者・非喫煙者各1,000人)を対象にインターネットを介して実施。世界禁煙デーに合わせて5月31日に結果を公表した(p1~p4参照)。 それによると、配偶者が「毎日吸っている」「時々吸う日がある」と答え・・・

    続きを読む

    2019年05月31日(金)

    [感染症] 感染症週報 19年第20週(5月13日~19日) 国立感染症研究所

    感染症週報 2019年第20週(5月13日~19日)(5/31)《国立感染症研究所》
    発信元:国立感染症研究所   カテゴリ: 保健・健康
     国立感染症研究所は5月31日、「感染症週報 第20週(5月13日~19日)」を発表した。定点把握対象の5類感染症の報告数(定点当たり)は以下の通り(p6参照)(p33~p35参照)。▽インフルエンザ/0.92(前週0.74)/前週より増加▽RSウイルス感染症/0.27(0.25)/2週連続で増加▽咽頭結膜熱/0.42(0.49)/前週より減少▽A群溶血性レンサ球菌咽頭炎/2.86(1.89)/2週連続で増加▽感染性胃腸炎/7.00(5.23)/2週連続で増加▽・・・

    続きを読む

    2019年05月28日(火)

    [開催案内]女性の排尿機能に関するカンファレンスを開催 NCGM

    【参加者募集】第143回国際母子カンファレンス「チームアプローチで女性の排尿機能を守る」(5/28)《国立国際医療研究センター》
    発信元:国立国際医療研究センター   カテゴリ: 保健・健康
     国立国際医療研究センター(NCGM)国際母子タスクフォースは6月28日、第143回国際母子カンファレンス「チームアプローチで女性の排尿機能を守る」を開催する。平均寿命が80歳を超え、女性が出産後40年以上生きることが普通になった現在、その間に排尿をコントロールして、自立した生活を送ることが健康寿命を延長するうえで重要な課題となっている。今回のカンファレンスでは、東北大学医学系研究科ウィメンズヘルス・周産期看護・・・

    続きを読む

    2019年05月28日(火)

    [臓器移植] 18年度の脳死臓器移植ドナー数は70人 厚労省が報告

    臓器移植の実施状況等に関する報告書(5/28)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 難病対策課 移植医療対策推進室   カテゴリ: 保健・健康 医学・薬学 医療提供体制
     厚生労働省は5月28日、「臓器移植の実施状況等に関する報告書」を公表した。それによると2018年度に行われた脳死臓器移植のドナー数は70人だったことがわかった。10年7月17日の改正臓器移植法の施行から19年3月31日までの脳死臓器移植ドナー数の累計は502人。うち本人の意思が不明で家族の承諾で臓器提供されたのは394人(18歳未満34人、15歳未満27人)だった(p1~p2参照)。 報告書は、臓器移植法に基づき、厚労省が毎年作・・・

    続きを読む

    2019年05月27日(月)

    注目の記事 [介護] 一般介護予防事業の推進検討会が初会合、今冬に意見取りまとめ

    一般介護予防事業等の推進方策に関する検討会(第1回 5/27)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 老健局 老人保健課   カテゴリ: 介護保険 高齢者 保健・健康
     厚生労働省の「一般介護予防事業等の推進方策に関する検討会」は5月27日、初会合を開いた。一般介護予防事業は、通いの場を拠点に高齢者の自立支援や高齢者を支える地域づくりなどを目指す、市町村主体の事業。高齢者の保健事業と介護予防の一体的実施の2020年度からの導入に向け、その重要性が一層高まることから、検討会は効果的な推進方策や、専門職の関わり方などについて議論。冬頃に意見を取りまとめ、社会保障審議会・介・・・

    続きを読む

    2019年05月24日(金)

    [感染症] 感染症週報 19年第19週(5月6日~12日) 国立感染症研究所

    感染症週報 2019年第19週(5月6日~5月12日)(5/24)《国立感染症研究所》
    発信元:国立感染症研究所   カテゴリ: 保健・健康
     国立感染症研究所は5月24日、「感染症週報第19週(5月6日~12日)」を発表した。定点把握対象の5類感染症の報告数(定点当たり)は以下の通り(p6参照)(p28~p29参照)。▽インフルエンザ/0.74(前週1.02)/3週連続で減少▽RSウイルス感染症/0.25(0.24)/前週から増加▽咽頭結膜熱/0.49(0.20)/前週から増加▽A群溶血性レンサ球菌咽頭炎/1.89(0.77)/前週から増加▽感染性胃腸炎/5.23(2.20)/前週から増加▽手足・・・

    続きを読む

    2019年05月24日(金)

    [インフル] インフルエンザの発生状況 19年第20週(5月13日~5月19日)

    インフルエンザの発生状況について(5/24)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
     厚生労働省は5月24日、2019年第20週(5月13日~5月19日)の「インフルエンザの発生状況」を公表した。定点報告と全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の詳細は以下の通り。【定点報告】(p2~p5参照)(p8参照)▽定点当たり報告数(全国)/0.92(前週0.74)▽定点当たり報告数の上位3都道府県:沖縄県/4.45、福島県/2.80、岩手県/1.77▽報告患者数/4,559人(前週比923人増)▽入院患者の・・・

    続きを読む

    2019年05月23日(木)

    [看護] 全ての妊産婦が産後ケアを受けられる体制整備を 日看協が要望

    子ども家庭局に要望書提出 支援が必要な妊産婦への産後支援の体制整備を求める(5/23)《日本看護協会》
    発信元:日本看護協会   カテゴリ: 看護 保健・健康
     日本看護協会は5月23日、支援が必要な妊産婦への産後支援の体制整備の推進について、2020年度予算での対応を求める要望書を、厚生労働省・子ども家庭局に提出した(p1~p3参照)。 17年4月の改正母子保健法の施行により、各市区町村では「子育て世代包括支援センター」の設置が進められている。ただ、支援センターの業務の1つである産後ケア事業については、希望する全ての母子誰もが利用できる状態には至っていないという。・・・

    続きを読む

    2019年05月21日(火)

    [健康] 熱中症予防の普及啓発と注意喚起で事務連絡 厚労省

    熱中症予防の普及啓発・注意喚起について(周知依頼)(5/21付 事務連絡)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 健康課、医政局 総務課、老健局 総務課など   カテゴリ: 保健・健康 医療提供体制
     厚生労働省は5月21日、熱中症予防の普及啓発と注意喚起に関する事務連絡を都道府県などに送付した。同省作成のリーフレットを活用し、▽こまめな水分・塩分の補給▽扇風機・エアコンの活用▽日傘や帽子の着用―などの予防法の周知徹底を要請。管内の市町村や医療機関、介護サービス事業者、保健所などで行う健診など、あらゆる機会を利用して、地域住民に広く呼びかけるよう求めた(p1~p3参照)。 特に高齢者、障害児(者)、小・・・

    続きを読む

    2019年05月21日(火)

    [開催案内] 世界禁煙デー・イベントで7月施行の受動喫煙対策を周知 厚労省

    2019年「世界禁煙デー」(5/31)を記念してイベントを開催します(5/21)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 健康課   カテゴリ: 保健・健康
     厚生労働省は世界保健機関が定める「世界禁煙デー」の5月31日に、「世界禁煙デー記念イベント2019」を実施する。19年の禁煙週間のテーマは、「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう」。「望まない受動喫煙」の防止に向けた改正健康増進法の一部施行で、19年7月から学校、病院、児童福祉施設、行政機関は敷地内喫煙が原則禁止となる。厚労省は、イベントを通して、国民や施設の管理権限者など・・・

    続きを読む

    2019年05月17日(金)

    [健康] 有毒植物の誤食による食中毒で注意喚起 厚労省が事務連絡

    有毒植物による食中毒防止の徹底について(5/17付 事務連絡)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 老健局 総務課 認知症施策推進室   カテゴリ: 保健・健康
     厚生労働省は5月17日、有毒植物の誤食による食中毒について注意を喚起する事務連絡を都道府県などに送付した(p1参照)。 同省によると、イヌサフラン、スイセンなどの有毒植物を山菜などと間違って食べ、食中毒となるケースが2009年から18年の過去10年間で176件発生。患者数は780人、死亡者数は12人に上り、患者の多くを高齢者が占めるという(p5参照)。 予防策として同省は、食用と確実に判断できない植物は、「採・・・

    続きを読む

    2019年05月17日(金)

    [労働災害] 18年の職場での熱中症死傷者1,178人、過去10年で最多 厚労省

    平成30年「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」(確定値)を公表します(5/17)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 労働基準局 安全衛生部 労働衛生課   カテゴリ: 保健・健康
     厚生労働省が5月17日に公表した、2018年の「職場における熱中症による死傷災害の発生状況」(確定値)によると、職場での熱中症の死傷者は1,178人(前年比634人増)、そのうち死亡者は28人(14人増)となり、いずれも前年の2倍を超えたことがわかった。年間死傷者数は10年の656人を上回る人数となり、過去10年で最多(p1~p2参照)。 死亡者28人の業種別では建設業で10人と昨年同様最も多く、前年は死亡者がいなかった製造業・・・

    続きを読む

    2019年05月17日(金)

    [労働災害]18年の労働災害による死亡者数、過去最少の909人 厚労省

    平成30年 労働災害発生状況(5/17)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 労働基準局 安全衛生部 安全課   カテゴリ: 労働衛生 保健・健康
     厚生労働省は5月17日、2018年の労働災害発生状況を公表した。それによると、18年の労働災害による死亡者数は909人(前年比7.1%減)で過去最少、死傷者数(休業4日以上)は12万7,329人(前年比5.7%増)で、3年連続の増加となったことがわかった(p1~p3参照)(p5~p6参照)(p11参照)。 死亡災害の事故型別発生数は、「墜落、転落」256人(0.8%減)、「交通事故」175人(13.4%減)、「はさまれ、巻き込まれ」113人・・・

    続きを読む

    2019年05月17日(金)

    [感染症] 感染症週報 19年第17週・第18週 国立感染症研究所

    感染症週報 2019年第17週(4月22日~28日)、第18週(4月29日~5月5日)(5/17)《国立感染症研究所》
    発信元:国立感染症研究所   カテゴリ: 保健・健康
     国立感染症研究所は5月17日、「感染症週報第17週(4月22日~28日)」と「第18週(4月29日~5月5日)」の合併号を発表した。定点把握対象の5類感染症の報告数(定点当たり)は以下の通り。●第17週(p6参照)(p29~p31参照)▽インフルエンザ/2.17(前週2.54)/前週から減少▽RSウイルス感染症/0.56(0.58)/前週から減少▽咽頭結膜熱/0.48(0.39)/3週連続で増加▽A群溶血性レンサ球菌咽頭炎/2.86(2.76)/3週連続で増・・・

    続きを読む

    2019年05月17日(金)

    [インフル] インフルエンザの発生状況 19年第19週(5月6日~5月12日)

    インフルエンザの発生状況について(5/17)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
     厚生労働省は5月17日、2019年第19週(5月6日~5月12日)の「インフルエンザの発生状況」を公表した。定点報告と全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の詳細は以下の通り。【定点報告】(p2参照)(p8参照)▽定点当たり報告数(全国)/0.74(前週1.02)▽定点当たり報告数の上位3都道府県:沖縄県/4.60、岩手県/1.89、秋田県/1.80▽報告患者数/3,636人(前週比1,067人減)▽入院患者の・・・

    続きを読む

    2019年05月16日(木)

    注目の記事 [診療報酬] 妊産婦への保健・医療のあり方で議論の整理 厚労省・検討会

    妊産婦に対する保健・医療体制の在り方に関する検討会(5/16)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 医療課   カテゴリ: 診療報酬 医療制度改革 保健・健康
     厚生労働省の「妊産婦に対する保健・医療体制の在り方に関する検討会」は5月16日開かれ、これまでの議論を整理した。妊婦の医療費自己負担では、診療時に配慮が必要なことを診療報酬で評価することは重要としながらも、「妊産婦にとって自己負担に見合う内容であると実感できるかがポイント」との意見があったことなどを記載した(p26参照)。妊産婦の診療を巡っては2018年診療報酬改定で導入された【妊婦加算】が、妊婦にと・・・

    続きを読む

    2019年05月13日(月)

    [インフル] インフルエンザの発生状況 19年第18週(4月29日~5月5日)

    インフルエンザの発生状況について(5/13)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
     厚生労働省は5月13日、2019年第18週(4月29日~5月5日)の「インフルエンザの発生状況」を公表した。定点報告の詳細は以下の通り。対象期間がゴールデンウィークにあたったため、全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の患者数や休校、学級閉鎖などの報告はなかった。【定点報告】(p2~p5参照)▽定点当たり報告数(全国)/1.02(前週2.17)▽定点当たり報告数の上位3都道府県:沖縄県/7.83、・・・

    続きを読む

    2019年05月13日(月)

    [感染症] 感染症週報 19年第16週(4月15日~21日) 国立感染症研究所

    感染症週報 2019年第16週(4月15日~21日)(5/7)《国立感染症研究所》
    発信元:国立感染症研究所   カテゴリ: 保健・健康
     国立感染症研究所は5月7日、「感染症週報第16週(4月15日~21日)」を発表した。定点把握対象の5類感染症の報告数(定点当たり)は以下の通り(p6参照)(p25~p27参照)。▽インフルエンザ/2.54(前週1.67)/2週連続で増加▽RSウイルス感染症/0.58(0.52)/2週連続で増加▽咽頭結膜熱/0.39(0.31)/2週連続で増加▽A群溶血性レンサ球菌咽頭炎/2.76(2.26)/2週連続で増加▽感染性胃腸炎/8.02(6.30)/3週連続で増加・・・

    続きを読む

    2019年05月10日(金)

    [開催案内] HIV検査普及週間に向け、普及啓発イベントを開催 厚労省

    HIV検査普及週間に向けた普及啓発イベントを実施します(5/10)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康
     厚生労働省は5月10日、「HIV検査普及週間」(6月1から7日)に向け、都道府県や関係団体とともに、5月下旬から6月上旬に普及啓発イベントを開催すると発表した。 厚労省によると、年間のHIV新規患者数は近年1,400件程度で推移、累計は依然として3万件を超えている。とくに診断時にすでにエイズを発症している割合は約3割と高い水準にあり、早期発見のための検査機会を逃している場合が多いという。 こうした状況を踏まえ、HIV検・・・

    続きを読む

    2019年05月10日(金)

    注目の記事 [医療改革] 医療のデータ利活用で標準規格の確立求める 規制改革推進会議

    規制改革推進会議(第44回 5/10)《内閣府》
    発信元:内閣府   カテゴリ: 医療制度改革 医療提供体制 保健・健康
     政府の規制改革推進会議は5月10日開かれ、医療分野におけるデータ利活用の促進や介護離職ゼロに向けた仕事と介護の両立支援策などについての意見をまとめた。医療分野のデータ利活用では、健康データを個人の健康管理に生かすことができる環境の整備や、データ利活用のための標準規格の確立などを厚生労働省に求めた。 推進会議は、少子高齢社会における医療資源の有効活用や、「人生100年時代」を生きるための健康寿命の伸展の・・・

    続きを読む

    2019年05月09日(木)

    [インフル] インフルエンザの発生状況 19年第17週(4月22日~28日)

    インフルエンザの発生状況について(5/9)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
     厚生労働省は5月9日、2019年第17週(4月22日~28日)の「インフルエンザの発生状況」を公表した。定点報告と全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の詳細は以下の通り。【定点報告】(p2~p3参照)(p8参照)▽定点当たり報告数(全国)/2.17(前週2.54)▽定点当たり報告数の上位3都道府県:秋田県/6.22、福島県/4.84、沖縄県/4.56▽報告患者数/10,601人(前週比2,012人減)▽入院患者の・・・

    続きを読む

    全1,799件中1 ~25件 表示 最初 | 前 | 1 - 2 - 3 - 4 - 5 | | 最後
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ