キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全1,783件中76 ~100件 表示 最初 | | 2 - 3 - 4 - 5 - 6 | | 最後

    2019年01月25日(金)

    [インフル] インフルエンザの発生状況 19年第3週(1月14日~20日)

    インフルエンザの発生状況について(1/25)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
     厚生労働省は1月25日、第3週(1月14日~20日)の「インフルエンザの発生状況」を公表した。定点報告と全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の詳細は以下の通り。【定点報告】(p2~p5参照)(p8参照)▽定点当たり報告数(全国)/53.91(前週38.54)▽定点当たり報告数の上位3都道府県:愛知県/81.86、埼玉県/70.03、静岡県/69.42▽報告患者数/26万7,596人(前週比7万7,069人増)▽入院患・・・

    続きを読む

    2019年01月24日(木)

    [Q&A] インフルエンザ罹患時の異常行動について

    インフルエンザ罹患時の異常行動について(1/24)《厚生政策情報センター》
    発信元:厚生政策情報センター   カテゴリ: Q&A 保健・健康
    Q. インフルエンザへの罹患と飛び降りなどの異常行動の関係を教えてください 小児科を標榜するクリニックです。インフルエンザにかかった未成年者の異常行動が問題になっています。以前は、抗インフルエンザウイルス薬との因果関係が疑われていたと記憶していますが、先日届いた行政の通達では、薬の服用の有無に関係なく異常行動が発生する可能性があると注意喚起していました。患者の保護者に指導する際、具体的にどのようなア・・・

    続きを読む

    2019年01月23日(水)

    注目の記事 [健康] 免疫アレルギー疾患研究の10カ年戦略を策定 厚労省

    「免疫アレルギー疾患研究10か年戦略」について(1/23)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 がん・疾病対策課   カテゴリ: 保健・健康
     厚生労働省は1月23日、免疫アレルギー疾患について、2019年度から10年間の研究戦略を定め、公表した。産学官民の連携と患者参画のもと、基礎研究や臨床研究を推進。発症・重症化予防を通じたQOL(生活の質)の改善と「防ぎ得る死」の根絶を実現し、免疫アレルギー疾患の患者が安心して生活できる社会の構築を目指す。 日本では乳幼児から高齢者まで、国民の約2人に1人が何らかの免疫アレルギー疾患(ぜん息、花粉症、アトピー性・・・

    続きを読む

    2019年01月22日(火)

    [インフル] 高齢者施設のインフル集団感染でマニュアルを再周知 厚労省

    介護保険最新情報Vol.694(1/22)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 老健局 総務課 認知症施策推進室、高齢者支援課、振興課、老人保健課   カテゴリ: 保健・健康 高齢者
     厚生労働省は1月22日付けで、都道府県などに対し、所管の高齢者介護施設などにインフルエンザの予防や感染拡大防止策の徹底を指導するよう求める事務連絡を送付した。高齢者向け施設での集団感染が相次いで報告されていることを受けたもの(p2参照)。2018年11月に送付した今シーズンのインフルエンザ総合対策に関する通知と、13年3月に公表した「高齢者介護施設における感染対策マニュアル」などを関連資料として添付。これ・・・

    続きを読む

    2019年01月21日(月)

    [がん対策] 2万2千人のがん体験を調査、国の施策に活用へ がんセンター

    がん患者さんの医療や社会生活の実態に関する全国調査を実施いたします~2万2000人のがん体験を国のがん対策に~(1/21)《国立がん研究センター》
    発信元:国立がん研究センター   カテゴリ: 調査・統計 保健・健康
     国立がん研究センターはこのほど、がん患者とその家族、約2万2千人を対象に、がん患者の医療や社会生活の実態に関する全国調査を実施すると公表した。2015年の前回調査よりも規模を拡大するとともに、より正確にがん体験を把握できるよう調査方法を工夫。調査結果は国や都道府県のがん対策に活かされる(p1参照)。 調査対象は、全国のがん診療連携拠点病院177施設を13年と16年の2年間に受診した患者の中から抽出された2万2・・・

    続きを読む

    2019年01月21日(月)

    注目の記事 [感染症] 風しん対策、39~56歳男性に市町村が抗体検査の受診券を送付

    厚生科学審議会感染症部会(1/21)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康
     風しんの全国規模の流行を受けて、厚生科学審議会感染症部会はこのほど、抗体保有率が他の世代に比べて低い39歳~56歳の男性への対応策を決めた。これら世代の男性の風しんワクチン接種を予防接種法に基づく定期接種の対象に追加。市町村から受診券を送付して抗体検査の受検を促し、結果が陰性だった場合は原則無料でワクチンを接種する。2021年度末までの3年間で段階的に実施し、現在は80%程度のこの世代の抗体保有率を20年7月・・・

    続きを読む

    2019年01月18日(金)

    [健康] 小児慢性特定疾病の重症患者認定基準の改正で意見募集 厚労省

    「厚生労働大臣が定める者の一部を改正する件(案)」に関する御意見の募集について(1/18)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 難病対策課   カテゴリ: 保健・健康
     厚生労働省は、小児慢性特定疾病患者に対する医療費の助成で、医療費負担がとくに重い者を定める重症患者認定基準の改正案について、パブリックコメントを募集している。疾患群ごとに定められた「治療状況等の状態」を一部見直すもので、先天性代謝異常の治療状況等の状態に「発達指数が20以下であるもの」を、慢性消化器疾患には「3月以上常時中心静脈栄養を必要としているもの」と「肝不全状態にあるもの」をそれぞれ追加する・・・

    続きを読む

    2019年01月18日(金)

    [感染症] 感染症週報 18年第52週(12月24日~12月30日) 国立感染症研究所

    感染症週報 2018年第52週(12月24日~12月30日)(1/18)《国立感染症研究所》
    発信元:国立感染症研究所   カテゴリ: 保健・健康
     国立感染症研究所は1月18日、「感染症週報 第52週(12月24日~12月30日)」を発表した。定点把握対象の5類感染症の報告数(定点当たり)は以下の通り(p7参照)(p28~p30参照)。▽インフルエンザ/11.17(前週8.05)/第44週以降増加▽RSウイルス感染症/0.55(0.55)/第49週以降増加▽咽頭結膜熱/0.57(0.70)/2週連続減少▽A群溶血性レンサ球菌咽頭炎/2.20(3.25)/前週から減少▽感染性胃腸炎/7.58(10.10)/前週か・・・

    続きを読む

    2019年01月11日(金)

    [インフル] インフルエンザの発生状況 19年第1週、第2週

    インフルエンザの発生状況について(1/11、1/18)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
     厚生労働省はこのほど、2019年第1週(12月31日~1月6日)および第2週(1月7日~13日)の「インフルエンザの発生状況」を公表した。定点報告と全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の詳細は以下の通り。●第1週【定点報告】(p2~p5参照)(p8参照)▽定点当たり報告数(全国)/16.30(前週11.17)▽定点当たり報告数の上位3都道府県:岐阜県/49.12、愛知県/46.42、北海道/33.57▽報告患者・・・

    続きを読む

    2019年01月11日(金)

    [感染症] 感染症週報 18年第51週(12月17日~23日) 国立感染症研究所

    感染症週報 2018年第51週(12月17日~12月23日)(1/11)《国立感染症研究所》
    発信元:国立感染症研究所   カテゴリ: 保健・健康
     国立感染症研究所は1月11日、「感染症週報 第51週(12月17日~23日)」を発表した。定点把握対象の5類感染症の報告数(定点当たり)は以下の通り(p6参照)(p25~p26参照)。▽インフルエンザ/8.05(前週3.35)/第44週以降増加傾向▽RSウイルス感染症/0.55(0.54)/3週連続で増加▽咽頭結膜熱/0.70(0.73)/前週から減少▽A群溶血性レンサ球菌咽頭炎/3.25(2.96)/前週から増加▽感染性胃腸炎/10.10(9.24)/第42週・・・

    続きを読む

    2019年01月09日(水)

    [インフル] インフルエンザの発生状況 18年第52週(12月24日~30日)

    インフルエンザの発生状況について(1/9)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
     厚生労働省は1月9日、52週(12月24日~30日)の「インフルエンザの発生状況」を公表した。定点報告と全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の詳細は以下の通り。【定点報告】(p2~p5参照)▽定点当たり報告数(全国)/11.17(前週8.05)▽定点当たり報告数の上位3都道府県:北海道/32.07、愛知県/30.45、岐阜県/20.33▽報告患者数/5万4,517人(前週比1万4,928人増)▽入院患者の届出数/539例・・・

    続きを読む

    2018年12月28日(金)

    注目の記事 [医療改革] 糖尿病性腎症・重症化予防で保険者の取り組み紹介 厚労省調査

    自覚症状のない糖尿病の重症化を防ぐために。-国民健康保険における糖尿病性腎症重症化予防の取組に関する調査-(12/28)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官   カテゴリ: 医療制度改革 保健・健康
     厚生労働省は12月28日、糖尿病性腎症の重症化予防について、国民健康保険の保険者の取り組みや今後の課題を調査した報告書「自覚症状のない糖尿病の重症化を防ぐために。-国民健康保険における糖尿病性腎症重症化予防の取組に関する調査-」を公表した。人工透析の新規導入患者数は年々増加傾向にあり、医療費を押し上げる要因にもなっている。このため政府の経済財政諮問会議が昨年末に決定した「新経済・財政再生計画 改革工・・・

    続きを読む

    2018年12月28日(金)

    [インフル] インフルエンザの発生状況 2018年第51週(12月17日~23日)

    インフルエンザの発生状況について(12/28)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
     厚生労働省は12月28日、2018年第51週(12月17日~23日)の「インフルエンザの発生状況」を公表した。定点報告と全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の詳細は以下の通り。【定点報告】(p4~p5参照)(p8参照)▽定点当たり報告数(全国)/8.05(前週3.35)▽定点当たり報告数の上位3都道府県:愛知県/23.64、北海道/22.69、三重県/12.18▽報告患者数/3万9,589人(前週比2万3,000人増)▽・・・

    続きを読む

    2018年12月28日(金)

    [感染症] 感染症週報 2018年第50週(12月10日~16日) 国立感染症研究所

    感染症週報 2018年第50週(12月10日~16日)(12/28)《国立感染症研究所》
    発信元:国立感染症研究所   カテゴリ: 保健・健康
     国立感染症研究所は12月28日、「感染症週報 第50週(12月10日~16日)」を発表した。定点把握対象の5類感染症の報告数(定点当たり)は以下の通り(p7参照)(p34~p35参照)。▽インフルエンザ/3.35(前週1.70)/第44週以降増加傾向▽RSウイルス感染症/0.54(0.51)/2週連続で増加▽咽頭結膜熱/0.73(0.66)/3週連続で増加▽A群溶血性レンサ球菌咽頭炎/2.96(3.07)/前週から減少▽感染性胃腸炎/9.24(8.86)/第42週・・・

    続きを読む

    2018年12月21日(金)

    [保健] 肥満傾向児は03年度以降、概ね減少傾向に 18年度学校保健統計

    平成30年度学校保健統計速報(学校保健統計調査の結果速報)(12/21)《文部科学省》
    発信元:文部科学省 総合教育政策局 調査企画課   カテゴリ: 調査・統計 保健・健康
     文部科学省がこのほど公表した2018年度「学校保健統計速報」によると、肥満傾向児の出現率は、年齢層によりばらつきはあるものの、03年度頃から概ね減少傾向にあることがわかった。 同調査は、全国の5歳から17歳までの幼児・児童・生徒の発育と健康状態を明らかにする目的で毎年実施されている(p1参照)。 発育状態の推移では、全年齢層において、身長の平均値は横ばい傾向、体重は減少もしくは横ばい傾向にある。77年度・・・

    続きを読む

    2018年12月21日(金)

    [インフル] インフルエンザの発生状況 2018年第50週(12月10日~16日)

    インフルエンザの発生状況について(12/21)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
     厚生労働省は12月21日、2018年第50週(12月10日~16日)の「インフルエンザの発生状況」を公表した。定点報告と全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の詳細は以下の通り。【定点報告】(p4~p5参照)(p8参照)▽定点当たり報告数(全国)/3.35(前週1.70)▽定点当たり報告数の上位3都道府県:北海道/9.59、愛知県/8.41、香川県/7.13▽報告患者数/1万6,589人(前週比8,151人増)▽入院患・・・

    続きを読む

    2018年12月21日(金)

    [感染症] 感染症週報 2018年第49週(12月3日~9日) 国立感染症研究所

    感染症週報 2018年第49週(12月3日~9日)(12/21)《国立感染症研究所》
    発信元:国立感染症研究所   カテゴリ: 保健・健康
     国立感染症研究所は12月21日、「感染症週報 第49週(12月3日~9日)」を発表した。定点把握対象の5類感染症の報告数(定点当たり)は以下の通り(p6参照)(p27~p29参照)。▽インフルエンザ/1.70(前週0.93)/第44週以降増加傾向▽RSウイルス感染症/0.51(0.50)/前週から増加▽咽頭結膜熱/0.66(0.66)/2週連続で増加▽A群溶血性レンサ球菌咽頭炎/3.07(2.77)/2週連続で増加▽感染性胃腸炎/8.86(7.89)/第42週以・・・

    続きを読む

    2018年12月18日(火)

    [感染症] 風しん累積患者2,586人、前年同期の30倍に 国立感染症研究所

    風疹流行に関する緊急情報:2018年12月12日現在(12/18)《国立感染症研究所》
    発信元:国立感染症研究所 感染症疫学センター   カテゴリ: 保健・健康
     国立感染症研究所・感染症疫学センターが12月18日に公表した、風しん流行に関する緊急情報によると、第49週(12月3日~9日)の患者報告数は121人となることがわかった。2018年1週からの累積患者数は2,586人となり、前年同時期の30倍にあたる。 49週は東京都、千葉県、神奈川県、福岡県から10人以上の患者報告があったほか、埼玉県(9人)、大阪府(7人)、群馬県(4人)、山梨県(3人)などからも複数の報告があった。首都圏で・・・

    続きを読む

    2018年12月14日(金)

    [感染症] 感染症週報 2018年第48週(11月26日~12月2日) 国立感染研

    感染症週報 2018年第48週(11月26日~12月2日)(12/14)《国立感染症研究所》
    発信元:国立感染症研究所   カテゴリ: 保健・健康
     国立感染症研究所は12月14日、「感染症週報 第48週(11月26日~12月2日)」を発表した。定点把握対象の5類感染症の報告数(定点当たり)は以下の通り(p7参照)(p26~p27参照)。▽インフルエンザ/0.93(前週0.52)/第44週以降増加傾向▽RSウイルス感染症/0.50(0.50)/第38週以降減少傾向▽咽頭結膜熱/0.66(0.52)/前週から増加▽A群溶血性レンサ球菌咽頭炎/2.77(2.40)/前週から増加▽感染性胃腸炎/7.89(6.00)・・・

    続きを読む

    2018年12月14日(金)

    [インフル]インフルエンザの発生状況 2018年第49週(12月3日~9日)

    インフルエンザの発生状況について(12/14)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
     厚生労働省が12月14日に公表した、2018年第49週(12月3日~9日)の「インフルエンザの発生状況」で、定点当たり報告数が1.70(前週0.93)となったことがわかった。流行開始の目安である1.00を超えたことから、同省は、流行シーズン入りしたとコメントし、注意を喚起している。定点報告と全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の詳細は以下の通り。【定点報告】(p3参照)(p5~p6参照)・・・

    続きを読む

    2018年12月13日(木)

    [開催案内] 国際保健医療の情報検索法をテーマに講座開催 NCGM

    【参加者募集】2018年度国際保健基礎講座 第8回もう迷わない!情報検索 虎の巻~PubMedやコクラン・レビューで情報収集、海外保健プロジェクト形成準備の擬似体験~(12/13)《国立国際医療研究センター》
    発信元:国立国際医療研究センター   カテゴリ: 保健・健康
     国立国際医療研究センター(NCGM)は2019年1月26日、「2018年度国際保健基礎講座 第8回もう迷わない!情報検索 虎の巻~PubMedやコクラン・レビューで情報収集、海外保健プロジェクト形成準備の擬似体験~」を開催する。信頼性の高い国際保健医療情報を効率的に得る手段やその活用法を学べる(p1参照)。 日時は2019年1月26日(土)13:00から16:00まで。会場は国際医療協力研修センター4階(東京都新宿区戸山)。定員30名・・・

    続きを読む

    2018年12月13日(木)

    [インフル] 都がインフルエンザの流行シーズンに突入、予防を呼びかけ

    都内でインフルエンザの流行開始(12/13)《東京都》
    発信元:東京都 福祉保健局 健康安全部 感染症対策課   カテゴリ: 保健・健康
     東京都は12月13日、第49週(12月3日~9日)の都内インフルエンザ定点医療機関の患者報告数が、流行開始の目安となる定点当たり1.0人を超える1.57人となったことを受け、インフルエンザの流行が始まったと発表した(p1参照)。 すでに都内の学校や社会福祉施設などではインフルエンザ様疾患の集団感染事例が発生し、12月9日までに108件報告されている。今後、12月から来年3月にかけて本格的な流行が予想されるため、都は、こ・・・

    続きを読む

    2018年12月11日(火)

    [感染症] 風しん累積患者2,454人、前年同期の29倍に 国立感染症研究所

    風疹流行に関する緊急情報:2018年12月5日現在(12/11)《国立感染症研究所》
    発信元:国立感染症研究所 感染症疫学センター   カテゴリ: 保健・健康
     国立感染症研究所・感染症疫学センターが12月11日に公表した、風しん流行に関する緊急情報によると、第48週(11月26日~12月2日)の患者報告数は118人となることがわかった。2018年1週からの累積患者数は2,454人となり、前年同時期の29倍に及ぶ。 48週は、東京都、神奈川県、福岡県から10人以上の患者報告があったほか、埼玉県、千葉県、愛知県、大阪府、岡山県などからも複数の報告があった。48週時点で報告がない県は、青森県・・・

    続きを読む

    2018年12月11日(火)

    注目の記事 [感染症] 39~56歳男性に風しんワクチンを3年間無料接種 根本厚労相

    根本匠厚生労働大臣会見(12/11)、風しんの届出数の増加に伴う対策について(協力依頼)(12/7付 通知)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 大臣官房 総務課   カテゴリ: 保健・健康
     根本匠厚生労働大臣は12月11日の閣議後会見し、全国規模で流行が拡大している風しんの追加的対策を発表した。予防接種法に基づく定期接種の機会が一度もなく、ほかの世代に比べて抗体保有率が低い、39~56歳の男性に無料で抗体検査を実施。結果が陰性だった場合は、原則無料でワクチンを接種する。今後3年間、集中的に取り組むことで、現在は約80%のこの世代の抗体保有率を2021年度末までに90%以上に引き上げることを目指す。・・・

    続きを読む

    2018年12月07日(金)

    [インフル] インフルエンザの発生状況 2018年第48週(11月26日~12月2日)

    インフルエンザの発生状況について(12/7)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
     厚生労働省は12月7日、2018年第48週(11月26日~12月2日)の「インフルエンザの発生状況」を公表した。定点報告と全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の詳細は以下の通り。【定点報告】(p2参照)(p4~p5参照)(p8参照)▽定点当たり報告数(全国)/0.93(前週0.52)▽定点当たり報告数の上位3都道府県:和歌山県/2.57、香川県/2.06、三重県/1.82▽報告患者数/4,599人(前週比2,0・・・

    続きを読む

    全1,783件中76 ~100件 表示 最初 | | 2 - 3 - 4 - 5 - 6 | | 最後
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ