キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全10件中1 ~10件 表示

    2008年12月25日(木)

    歯科について光ディスク等を用いた費用の請求に関する取扱いを通知  厚労省

    電子情報処理組織の使用による費用の請求に関して厚生労働大臣が定める事項及び方式並びに光ディスク等を用いた費用の請求に関して厚生労働大臣が定める事項、方式及び規格について(12/25付 通知)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 保険局   カテゴリ: 診療報酬
     厚生労働省がこのほど都道府県知事等宛てに出した通知で、レセプトのオンライン請求に関するもの。今回は、歯科について光ディスク等を用いた費用の請求に関する取扱いを定めたことによるもので(p1参照)、平成21年1月1日より適用される事項、方式及び規格の一覧が示されている(p2参照)
    (ページ数が多量なため、別添資料は割愛しています。)

    続きを読む

    2008年12月25日(木)

    全日制の助産師養成所、4校新設予定  厚労省

    平成21年度 看護師等養成所の開校等の予定について(12/25)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 医政局 看護課   カテゴリ: 医療提供体制
     厚生労働省はこのほど、平成21年4月1日に開設予定の看護師等養成所に関する資料を公表した。
     資料では、開校や課程変更、定員変更などが承認された看護師等の養成所一覧表が掲載されている。
     保健師・看護師統合カリキュラム(4年課程)は、1学年120名の定員で東京都の学校に新設される予定。また、助産師養成所(全日制)は、全国で4校の新設が予定されている(p2参照)

    続きを読む

    2008年12月25日(木)

    免疫染色(免疫抗体法)病理組織標本作製について、検査料の取扱いを一部改正

    検査料の点数の取扱いについて(12/25付 通知)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 老健局 老人保健課   カテゴリ: 診療報酬
     厚生労働省は12月25日付けで地方厚生(支)局等宛てに、検査料の点数の取扱いについて通知を出した。これは、3月5日付けの通知「診療報酬の算定方法の制定等に伴う実施上の留意事項について」を一部改正し、平成21年1月1日から適用するもの(p1参照)
     具体的には、免疫染色(免疫抗体法)病理組織標本作製におけるEGFRタンパクについて、算定方法が記載されている(p2参照)

    続きを読む

    2008年12月25日(木)

    糖尿病やメタボリックシンドロームの状況を報告 国民健康・栄養調査

    平成19年国民健康・栄養調査結果の概要(12/25)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 健康局 総務課   カテゴリ: 調査・統計
     厚生労働省が12月25日に公表した「平成19年国民健康・栄養調査結果の概要」。この調査は、健康増進法に基づき、国民の身体の状況や栄養素等摂取量、生活習慣の状況を明らかにし、国民の健康の増進の総合的な推進を図るための基礎資料を得ることを目的に行われている。
     調査結果では、第1部で糖尿病やメタボリックシンドロームの状況(p4~p15参照)、第2部で身体状況及び生活習慣等の状況(p16~p25参照)、第3部で食生活・・・

    続きを読む

    2008年12月25日(木)

    福祉・介護分野における人材確保のため、介護福祉士等の就労状況や意識を調査

    介護福祉士等現況把握調査の結果について(12/25)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 社会・援護局 福祉基盤課   カテゴリ: 調査・統計
     厚生労働省は12月25日に、介護福祉士等現況把握調査の結果を公表した。この調査は、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士の3資格の登録機関である財団法人社会福祉振興・試験センターが厚労省からの補助金を受けて実施したもの(p1参照)。調査目的は、3資格の有資格者であって、福祉・介護分野で就労していない、いわゆる潜在的有資格者が多数存在することから、就労状況や就労意識等を調査・分析し、福祉・介護分野にお・・・

    続きを読む

    2008年12月25日(木)

    福祉・介護人材の緊急的な確保を図る措置として、特別対策事業(案)を提示

    福祉・介護人材確保関係主管課長会議(12/25)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 社会・援護局 福祉人材確保対策室   カテゴリ: 介護保険
     厚生労働省が12月25日に開催した、福祉・介護人材確保関係主管課長会議で配布された資料。
     資料には、(1)福祉・介護人材確保対策予算の概要(p4~p9参照)(2)障害者自立支援対策臨時特例交付金(p10~p80参照)(3)介護福祉士等修学資金貸付事業の拡充(p81~p128参照)(4)労働施策における福祉・介護人材確保対策(p129~p37参照)―についてまとめたものが掲載されている。
     「福祉・介護人材の緊急的な確保・・・

    続きを読む

    2008年12月25日(木)

    注目の記事 第4期介護保険料は全国平均で、第3期と概ね同程度の水準  厚労省

    介護従事者処遇改善臨時特例交付金(仮称)担当者会議資料(12/25)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 老健局 介護保険課   カテゴリ: 介護保険
     厚生労働省が12月25日に開催した、介護従事者処遇改善臨時特例交付金(仮称)担当者会議で配布された資料。この日は、第4期の保険料設定や介護従事者処遇改善臨時特例交付金(仮称)について、議論された。
     第4期の保険料設定については、「上昇を最小限のものとすることで検討をされたい」とした上で、現時点で、厚労省としては、全国平均で第3期のものと概ね同程度の水準となる、との見解を示している(p3参照)。その上・・・

    続きを読む

    2008年12月25日(木)

    注目の記事 長寿医療制度など厚生労働行政の問題を言及した中間まとめを公表  内閣官房

    厚生労働行政の在り方に関する懇談会 中間まとめ(12/25)《内閣官房》
    発信元:内閣官房 副長官補室   カテゴリ: 医療提供体制
     政府は12月25日に、厚生労働行政の在り方に関する懇談会の「中間まとめ」を公表した。
     中間まとめでは、厚生労働行政について国民からの批判があった問題、(1)年金記録問題(2)長寿医療制度(3)薬害肝炎(4)スパウザ小田原―の4つの事例を取り上げ、厚生労働省からヒアリングを行い、その原因等の指摘を行っている(p4~p5参照)
     長寿医療制度については、新制度に関する説明の決定的不足や「後期高齢者」という呼称・・・

    続きを読む

    2008年12月25日(木)

    介護保険料の軽減のため、基準額の算定を各年度ごとに  政令案意見募集

    介護保険法施行令の一部を改正する政令案について(意見募集)(12/25)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 老健局 介護保険課   カテゴリ: 介護保険
     厚生労働省は12月25日に、介護保険法施行令の一部を改正する政令案について意見募集を開始した。
     平成20年10月30日に取りまとめられた「生活対策」で、平成21年度の介護報酬改定(3.0%)に伴う介護保険の保険料の急激な上昇を抑制することとされたことを踏まえ、国は市町村に対し、当該改定による平成21年度の保険料上昇分の全額及び平成22年度の保険料上昇分の半額に相当する額を交付し、保険料の軽減を図ることとされている・・・

    続きを読む

    2008年12月25日(木)

    21世紀の医療として、さまざまなパラダイムシフトを  看護の質の向上検討会

    看護の質の向上と確保に関する検討会(第3回 12/25)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 医政局 看護課   カテゴリ: 医療提供体制
     厚生労働省が12月25日に開催した、看護の質の向上と確保に関する検討会で配布された資料。この日は、チーム医療の推進や看護教育のあり方について、話題提供が行われた。
     資料には、(1)チーム医療の推進-急性期病院の視点-(p48~p52参照)(2)養成所における看護教育の現状と課題-看護実践力育成への取組-(p65~p76参照)(3)潜在看護職員再就職支援モデル事業報告(p91~p96参照)(4)看護系大学における看・・・

    続きを読む

    全10件中1 ~10件 表示
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ