キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

全6件中1 ~6件 表示

2009年12月07日(月)

[チーム医療] 医療クラーク導入により、医師負担も時間外手当も減少

チーム医療の推進に関する検討会(第7回 12/7)《厚労省》
発信元:厚生労働省 医政局 医事課   カテゴリ: 医療提供体制
 厚生労働省が12月7日に開催した、チーム医療の推進に関する検討会で配付された資料。この日も、前回に引き続き、チーム医療の推進に関するヒアリングを行った。
 済生会栗橋病院から提出された資料では、医療クラーク(医師事務作業補助者)導入の効果についてのデータなどが示されている。それによると、医療クラーク導入により医師の時間外労働は激減し、時間外手当も約100万円削減できている(p9参照)。また、医師への・・・

続きを読む

2009年12月07日(月)

[臓器移植] 親族優先提供の意思表示方法などを議論  厚労省

臓器移植に係る普及啓発に関する作業班(第2回 12/7)《厚労省》
発信元:厚生労働省 健康局 臓器移植対策室   カテゴリ: 医療提供体制
 厚生労働省が12月7日に開催した、臓器移植に係る普及啓発に関する作業班で配付された資料。この日は、親族優先提供に関して、意思表示方法や周知方策などの具体的な議論を行った。
 資料には、(1)親族優先提供に関する議論の状況(p3参照)(2)親族優先提供の意思表示(p8参照)(3)親族優先提供に関して伝える内容(p9~p10参照)(4)親族優先提供に関する周知(p16~p17参照)―などが整理されている。

続きを読む

2009年12月07日(月)

[インフル] 抗インフルエンザウイルス薬、4900万人分備蓄を確保

通常流通用抗インフルエンザウイルス薬の供給状況(11月分)について(12/7)《厚労省》
発信元:厚生労働省   カテゴリ: 医薬品・医療機器
 厚生労働省は12月7日に、通常流通用抗インフルエンザウイルス薬の供給状況を公表した。
 資料によると、12月7日集計分では、(1)11月2日~11月29日分の卸売業者から医療機関への供給量は、タミフルが約290万人分、リレンザが約172万人分(2)11月30日時点のメーカー・卸の在庫量は、タミフル約622万人分、リレンザ約87万人分―となっている(p1参照)。なお、行政備蓄用抗インフルエンザウイルス薬(タミフル・リレンザ)に・・・

続きを読む

2009年12月07日(月)

[医師養成] 平成22年度の医学部入学定員、360人増員し合計8846人に

平成22年度医学部入学定員の増員について(12/7)《文科省》
発信元:文部科学省   カテゴリ: 医療提供体制
 文部科学省は12月7日に、平成22年度医学部入学定員の増員計画を明らかにした。
 医学部入学定員については、政府「緊急医師確保対策」により、増員が図られており、平成22年度については、7月17日に、「地域枠」(各都道府県につき県内大学5人以内、県外大学2人以内を上限)、「研究医枠」(全国で10人を上限)、「歯学部定員振替枠」(全国で30人を上限)の3つの枠組みで、最大369人の増員を認めることが示されていた。
 今回・・・

続きを読む

2009年12月07日(月)

[新型インフル] 平成21年12月時点の国産新型ワクチンQ&Aを公表

新型インフルエンザワクチンQ&A(12/7)《厚労省》
発信元:厚生労働省 新型インフルエンザ対策推進本部事務局   カテゴリ: 新型インフル
 厚生労働省は12月7日に、平成21年12月7日時点の新型インフルエンザワクチンQ&Aを公表した。これは、既に公表されているQ&Aの更新版。
 Q&Aでは、(1) 新型インフルエンザワクチンについての一般的な情報(2)季節性インフルエンザワクチンとの関係(3)新型インフルエンザワクチンの有効性・安全性(4)妊婦の接種(5)優先接種対象者(6)流通、購入、値段、接種場所等(7)海外産ワクチン―についての質疑を取りまとめてい・・・

続きを読む

2009年12月07日(月)

注目の記事 [看護] 「新人看護職員研修ガイドライン」を提示  厚労省

新人看護職員研修に関する検討会(第7回 12/7)《厚労省》
発信元:厚厚生労働省 医政局 看護課   カテゴリ: 看護
 厚生労働省が12月7日に開催した、新人看護職員研修に関する検討会で配付された資料。この日は、中間まとめ(案)として、これまでの検討の成果である「新人看護職員研修ガイドライン」が提示された。
 ガイドラインは、同検討会の7回にわたる議論を踏まえたもので、新人看護職員が基本的な実践能力を獲得するための研修として、医療機関の機能や規模に関わらず研修を実施することができる体制を整備することを目指して作成され・・・

続きを読む

全6件中1 ~6件 表示
ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

!! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

ページトップへ