キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全10件中1 ~10件 表示

    2010年06月04日(金)

    [税制改正] 厚生労働行政に関する税制改正の要望を募集  厚労省

    平成23年度厚生労働省税制改正に関する要望の募集について(6/4)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付社会保障担当参事官室   カテゴリ: 税制改正
     厚生労働省は6月4日に、平成23年度厚生労働省税制改正に関する要望の募集を開始した。
     募集する税制改正要望は、「厚生労働行政に関するものに限る」とし、提出方法や要望記入のための様式が添付されている(p2~p4参照)
     なお、要望は平成22年6月30日まで受付けている。

    続きを読む

    2010年06月04日(金)

    [介護] 在宅介護業など5業種でモデル評価シート作成し就労支援  厚労省

    ジョブ・カード制度普及のためのモデル評価シート・モデルカリキュラム等を新たに追加(6/4)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 職業能力開発局 能力評価課   カテゴリ: 介護保険
     厚生労働省は6月4日に、ジョブ・カード制度普及のためのモデル評価シート・モデルカリキュラム等を新たに追加したことを公表した。ジョブ・カード制度とは、フリーター等の正社員経験の少ない者を対象に、実践的な職業訓練(職業能力形成プログラム)の機会を提供するもの。企業からの評価結果(評価シート)や職務経歴等をジョブ・カードにまとめ、就職活動に活用することにより正社員へと導く制度である(p1参照)
     厚・・・

    続きを読む

    2010年06月04日(金)

    [臓器移植] 運転免許証の裏面に、臓器提供意思を記載  警察庁

    「道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令案」等について(6/4)《警察庁》
    発信元:警察庁 交通局   カテゴリ: 医療提供体制
     警察庁が6月4日に発出した、「道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令案」等に関する資料。これは、ICカード免許証の全国導入の完了と、改正臓器移植法の施行に伴い、道交法施行規則で定められた運転免許証の様式を変更するなど、所要の改正を行うもの(p1参照)
     運転免許証に臓器提供意思の有無を記載することができるように、裏面に必要な文言が設けられる。また、臓器提供の意思表示のため、運転免許証裏面の備・・・

    続きを読む

    2010年06月04日(金)

    [精神医療] 精神科医療ネットワークのモデル事業、実態調査へ

    精神科地域医療部会(平成22年度 第5回 6/4)《東京都》
    発信元:東京都   カテゴリ: 医療制度改革
     東京都が6月4日に開催した、精神科地域医療部会で配付された資料。この日は、アウトリーチ支援や精神科医療ネットワークのモデル事業について議論した。
     アウトリーチ支援モデル事業は、平成22年度から3ヵ所(区部、多摩、各1圏域)の都立精神保健福祉センターにおいて、未治療や医療中断等により、家庭内や地域で問題行動を示しているケースや、地域生活の維持に困難を示しているケースに対し訪問型支援を行うもの。資料では・・・

    続きを読む

    2010年06月04日(金)

    [医薬品] 抗悪性腫瘍薬の非臨床評価ガイドラインを通知  厚労省

    抗悪性腫瘍薬の非臨床評価に関するガイドラインについて(6/4付 通知)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 医薬食品局 審査管理課   カテゴリ: 医薬品・医療機器
     厚生労働省は6月4日に、抗悪性腫瘍薬の非臨床評価ガイドラインに関する通知を発出した。これは、進行がんで治療方法の選択肢が限られた患者の治療を目的とし、臨床試験を行う抗悪性腫瘍薬の開発にあたり必要となる非臨床評価について指針を示すもの(p1~p2参照)
     ガイドラインは、(1)緒言(目的や適用範囲など)(p4~p5参照)(2)非臨床評価のために必要な試験(p6~p8参照)(3)臨床試験デザイン及び製造販売承・・・

    続きを読む

    2010年06月04日(金)

    注目の記事 [介護保険] 障害者自立支援法に基づく生活介護、構造改革特区の認定は不要

    「指定地域密着型サービス及び指定地域密着型介護予防サービスに関する基準について」の一部改正について(6/4)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 老健局 振興課   カテゴリ: 介護保険
     厚生労働省は6月4日に、介護保険最新情報vol.152を公表した。今回は、「指定地域密着型サービス及び指定地域密着型介護予防サービスに関する基準について」の一部改正に関する通知を掲載している。
     これは、平成22年6月1日に、構造改革特別区域における「指定小規模多機能型居宅介護事業所における障害児(者)の受け入れ事業」の一部が全国展開されたことを踏まえ、指定地域密着型サービス及び指定地域密着型介護予防サービス・・・

    続きを読む

    2010年06月04日(金)

    [介護保険] 長妻厚労相に介護報酬の見直しなどを提言  意見交換会

    長妻大臣と語る「みんなの介護保険!」意見交換会の開催結果(概要)について(6/4)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 老健局 総務課   カテゴリ: 介護保険
     厚生労働省は6月4日に、長妻大臣と語る「みんなの介護保険!」意見交換会の開催結果(概要)を公表した。意見交換会は平成22年5月15日に開催されたもので、長妻厚労相らを交え、介護保険の利用者及び利用者の家族を発言者に迎え、一般参加者として介護職員、介護保険事業者、自治体職員、学生等が参加し、6グループに分かれ意見交換を行ったもの。
     各グループの議論の主な論点は(1)施設の充実(2)グループホームなどの質・・・・

    続きを読む

    2010年06月04日(金)

    [審査支払] MacOS 10.5のアップデートを当面控えるよう要請  支払基金

    オンライン請求システムでMacOSをご使用の皆様へ(6/4)《支払基金》
    発信元:社会保険診療報酬支払基金   カテゴリ: 診療報酬
     社会保険診療報酬支払基金は6月4日に、オンライン請求システムでMacOSを使用している場合に発生している不具合の原因を公表した。
     不具合は、MacOS 10.5(動作確認済)でレセプト送信を行うと、「認証を要求」画面が表示され「OK」ボタンをクリックすると、システムエラーとなり送信ができなくなるというもの(p1参照)
     原因は、2010年5月18日付けでApple社からリリースされた「Java for MacOS X 10.5 Update 7」の適・・・

    続きを読む

    2010年06月04日(金)

    注目の記事 [診療報酬] 出来高病棟での他施設外来受診、投薬は外来で  厚労省  

    「診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について」の一部改正について(6/4付 通知)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 保険局 医療課   カテゴリ: 診療報酬
     厚生労働省は6月4日に、「診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について」の一部改正に関する通知を発出した。これは、平成22年度診療報酬改定において整理された、入院中の患者が他医療機関を受診した場合の取扱いを改正するもの。
     これまで、A医療機関(出来高病棟)に入院中の患者が、他のB医療機関を受診した場合、投薬の費用について、受診日はB医療機関で、それ以外はA医療機関で算定することになってい・・・

    続きを読む

    2010年06月04日(金)

    [行政改革] 総務省の政策評価結果の政策への反映状況を公表

    総務省の政策評価結果の政策への反映状況(6/4)《総務省》
    発信元:総務省 大臣官房 政策評価広報課   カテゴリ: 医療制度改革
     総務省は6月4日に、「総務省の政策評価結果の政策への反映状況」を、行政機関が行う政策の評価に関する法律(平成13年法律第86号)第11条の規定に基づいて公表した。
     (1)主要な政策に係る政策評価の結果の政策への反映状況(2)事後事業評価に係る政策評価の結果の政策への反映状況(3)事前事業評価に係る政策評価の結果の政策への反映状況(4)規制の事前評価に係る政策評価の結果の政策への反映状況―の4つの様式からなっ・・・

    続きを読む

    全10件中1 ~10件 表示
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ