キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全9件中1 ~9件 表示

    2011年10月27日(木)

    [国立大学] 旭川医科大学病院のコスト削減の取組例などを報告  文科省

    国立大学法人・大学共同利用機関法人の改革推進状況(平成22年度)(10/27)《文科省》
    発信元:文部科学省 国立大学法人評価委員会   カテゴリ: 教育機関
     文部科学省は10月27日に、国立大学法人・大学共同利用機関法人の改革推進状況(平成22年度)について公表した。これは、国立大学法人評価委員会が把握した各国立大学法人等(90法人)が、それぞれの特色を活かし、様々な取組を行っている例をまとめたものである。
     取組内容は大きく(1)管理運営組織の改革と柔軟な資源配分の実施(2)法人としての経営の活性化(3)社会に開かれた客観的な法人運営(4)教育・研究の活性化に・・・

    続きを読む

    2011年10月27日(木)

    [医療提供体制] 震災復興のための補助金、第6次分は総額8000万円

    平成23年度医療施設等災害復旧費補助金の交付額の内示について(第6次)(10/27)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 医政局   カテゴリ: 医療提供体制
     厚生労働省は10月27日に、平成23年度医療施設等災害復旧費補助金の交付額の内示(第6次)について公表した。
     この補助金は、医療機関施設、医療関係者養成所施設、救急医療情報センターなどの施設が自然災害で被災した際、その復旧事業費の一部を交付するもの。東日本大震災を受け、交付要綱が5月に一部改正されている。今回は、第6次の内示について公表している。内示額総額は8033万8000円で、内訳は、岩手県4930万5000円、宮・・・

    続きを読む

    2011年10月27日(木)

    注目の記事 [医療機器] タイと共同で先進的医療機器システムの本格実証  NEDO

    先進的医療機器システムをアジアへ~タイと共同で本格実証―医療機器システムの国際共同研究開発・実証プロジェクトが始動―(10/27)《NEDO》
    発信元:独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構   カテゴリ: 医薬品・医療機器
     新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は10月27日に、「環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト/先進的医療機器システムの国際研究開発及び実証」事業をスタートすることを明らかにした。
     この事業は、新成長戦略に掲げられた、日本発の革新的な医薬品、医療・介護技術の研究開発推進を図るもの。また、アジア等海外市場への展開促進という施策のもと、日本の医療機器システムの国際展開も目指している。
     NE・・・

    続きを読む

    2011年10月27日(木)

    [医療機器] 血栓吸引カテーテルDio、先端部破断で体内遺残発生、製品回収へ

    医療機器自主回収のお知らせ(血栓吸引カテーテル Dio)(10/27)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 医薬食品局 監視指導・麻薬対策課   カテゴリ: 医薬品・医療機器
     厚生労働省は10月27日に、医療機器の自主回収について発表した。回収されるのは、株式会社グッドマンの「血栓吸引カテーテル Dio」(一般名:中心循環系塞栓除去用カテーテル)の特定モデル。
     当該医療機器は、(1)冠動脈の血栓を吸引除去(2)経皮的に末梢血管(頭蓋内の脳血管を除く)の血栓を除去(3)バルーンカテーテル等の治療用デバイスを冠動脈または末梢血管(頭蓋内の脳血管を除く)の狭窄部へ導入―する目的で使用・・・

    続きを読む

    2011年10月27日(木)

    [高専賃] 東京都高専賃モデル事業、選定された22年度第3号の概要示す

    東京都医療・介護連携型高齢者専用賃貸住宅モデル事業 第3号選定事業が運営を開始します!(10/27)《東京都》
    発信元:東京都 福祉保健局   カテゴリ: 高齢者
     東京都は10月27日に、東京都医療・介護連携型高齢者専用賃貸住宅モデル事業の第3号選定事業が運営を開始することを明らかにした。
     東京都は平成21年度から、医療・介護が必要になっても安心して住み続けられる住まいの充実を目指し、同事業を実施しており、平成22年度第3号として、医療法人社団野村病院(東京都昭島市)を選定した。住宅名称は「昭和の杜」(13戸:単身用)で、併設事業所は、医療系が訪問看護、介護事業が訪・・・

    続きを読む

    2011年10月27日(木)

    [臨床研修] 平成23年度の研修医マッチング、内定者数は7951人

    平成23年度の医師臨床研修マッチングの結果について(10/27)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 医政局 医事課   カテゴリ: 医療提供体制
     厚生労働省は10月27日に、平成23年度の医師臨床研修マッチングの結果を公表した。医師臨床研修マッチングとは、臨床研修を受ける医学生等と臨床研修を行う病院の研修プログラムをコンピュータにより組み合わせるシステムのこと。
     平成23年度の医師臨床研修マッチングの募集定員は1万550人(前回1万692人)。対して、マッチング希望者(希望順位登録者)数は8225人(同8331人)で、このうち内定者数は7951人(同7998人)となり・・・

    続きを読む

    2011年10月27日(木)

    [社会保険] 社会保険適用拡大は介護報酬の見直しと同時に  在宅介護協会

    社会保障審議会 短時間労働者への社会保険適用等に関する特別部会(第6回 10/27)《厚労省》 
    発信元:厚生労働省 年金局 年金課   カテゴリ: 医療保険
     厚生労働省が10月26日に開催した、社会保障審議会「短時間労働者への社会保険適用等に関する特別部会」で配付された資料。この日も、事業主団体および労働組合等からのヒアリングを行った。
     意見陳述に立ったのは、(1)全国母子寡婦福祉団体協議会(p5~p9参照)(2)全国乗用自動車連合会(p17~p22参照)(3)全国ビルメンテナンス協会(p29~p30参照)(4)日本在宅介護協会(p47~p55参照)(5)全日本自治団体労・・・

    続きを読む

    2011年10月27日(木)

    注目の記事 [医療提供体制] 在宅医療も、医療計画に整備目標値などの記載義務付けを

    社会保障審議会 医療部会(第22回 10/27)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 医政局 総務課   カテゴリ: 医療提供体制
     厚生労働省が10月27日に開催した、社会保障審議会の医療部会で配付された資料。この日は、(1)在宅医療(2)地域医療支援センター(3)療養病床に係る経過措置―などについて議論を行った。

     (1)の在宅医療は、社会保障・税一体改革成案にも盛り込まれているように、これからの医療提供体制の主軸の1つになると考えられている。しかし、在宅医療を推進していくにあたっては、課題も指摘されている。
     その1つがサービス量の・・・

    続きを読む

    2011年10月27日(木)

    [社会保障] 地方独自の高齢者健康づくり施策、社会保障給付か否かを議論

    社会保障給付費の整理に関する検討会(第2回 10/25)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付政策評価官室   カテゴリ: 医療制度改革
     厚生労働省が10月25日に開催した、社会保障給付費の整理に関する検討会で配付された資料。この日は、「地方自治体の負担」という側面から、社会保障給付の範囲を分析している。
     社会保障に関係する地方独自支出としては、公費負担医療や国保への支援(法定内外の繰入)などさまざまなものがあるが、機能から大きく5つに分類できるようだ。具体的には、(1)保育所職員を定員より多く配置するなど、上乗せ給付(2)乳幼児医療費・・・

    続きを読む

    全9件中1 ~9件 表示
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ