キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全16件中1 ~16件 表示

    2011年10月31日(月)

    [社会福祉] 第3期障害福祉計画や、介護職員によるたんの吸引について説明

    障害保健福祉関係主幹課長会議(10/31)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部   カテゴリ: 社会福祉
     厚生労働省がこのほど開催した、障害保健福祉関係主幹課長会議で配付された資料。この会議は、厚生労働省が全都道府県の担当者に対し、今後の障害保健福祉行政の重点事項等を指示・説明するもの。
     会議では、(1)平成24年度概算要求および平成23年度第3次補正予算案(p6~p23参照)(2)第3期障害福祉計画(p66~p89参照)(3)社会的入院の解消(p107~p163参照)(5)地域移行の推進(p209~p219参照)―などが厚労・・・

    続きを読む

    2011年10月31日(月)

    [材料価格] 経皮的冠動脈形成カテーテル、血管穿孔時の一時的封入にも使用

    「特定保険医療材料の定義について」の一部改正について(10/31付 通知)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 保険局 医療課   カテゴリ: 診療報酬
     厚生労働省はこのほど、「特定保険医療材料野定義について」の一部改正に関する通知を発出した。
     今回は、平成22年3月5日付の通知「特定保険医療材料の定義について」における、別表IIの130『心臓手術用カテーテル』の(2)『経皮的冠動脈形成術用カテーテル』の「機能区分の定義」について一部を改正している。
     具体的には、『(ウ)パーフュージョン型』の目的について、これまでの「経皮敵冠動脈形成術のバルーン拡張時に・・・

    続きを読む

    2011年10月31日(月)

    [診療報酬] 胃十二指腸用ステントの新製品などを新たに保険収載

    医療機器の保険適用について(10/31付 通知)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 保険局 医療課   カテゴリ: 診療報酬
     厚生労働省は10月31日に、医療機器の保険適用に関する通知を発出した。
     区分C1(新機能)として、SensiTherm食道モニタリングシステム(体外式ペースメーカー用カテーテル電極)1製品、また区分C2(新機能・新技術)として、ウォールフレックス大腸用ステント(胃十二指腸用ステントセット)12製品が、平成23年11月1日から保険収載されることが規定されている(p11参照)
     このほか、医科の区分A2(特定の診療報酬項目・・・

    続きを読む

    2011年10月31日(月)

    [診療報酬] 肺炎球菌細胞壁抗原(定性)の測定、中耳炎等の診断でも算定可

    検査料の点数の取扱いについて(10/31付 通知)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 保険局 医療課   カテゴリ: 診療報酬
     厚生労働省は10月31日に、検査料の点数の取扱いに関する通知を発出した。これは、「診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項(平成22年保医発0305第1号、いわゆる解釈通知)」の一部を改正するもの。
     具体的には、D012『感染症免疫学的検査』の肺炎球菌細胞壁抗原(定性)の算定要件を改めている。これまでは「喀痰又は上咽頭ぬぐいを検体として、イムノクロマト法により、肺炎または下気道感染症の診断を用いた場・・・

    続きを読む

    2011年10月31日(月)

    [医薬品] 卵巣がんへのパクリタキセルなど3成分7品目を特例保険収載

    公知申請に係る事前評価が終了した医薬品の保険上の取扱いについて(10/31付 通知)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 保険局 医療課   カテゴリ: 診療報酬
     厚生労働省は10月31日に、公知申請に係る事前評価が終了した医薬品の保険上の取扱いに関する通知を発出した。
     ドラッグ・ラグを解消するため、適応外薬のうち薬食審で「公知申請の事前評価」が済んだ医薬品については、特例的に医療保険適用とすることが認められている。本通知では、この特例ルールによって、(1)悪性リンパ腫に対するイホスファミド(2)血管肉腫に対するパクリタキセル(3)再発または遠隔転移を有する食道・・・

    続きを読む

    2011年10月31日(月)

    [薬学教育] 地域での薬剤師の役割を踏まえた教育研究、東京大学等に委託

    平成23年度「大学における医療人養成推進等委託事業(第二次公募)」の選定結果について(10/31)《文科省》
    発信元:文部科学省 高等教育局 医学教育課   カテゴリ: 教育機関
     文部科学省は10月31日に、平成23年度「大学における医療人養成推進等委託事業(第二次公募)」の選定結果について公表した。
     この事業は、医療提供の場の多様化や医療技術の高度化といった環境の変化に対応し、国民の期待に応えうる医療人の養成に向けた取組を行うため、現状の調査研究および、それらを踏まえた資質の高い医療人の養成強化を図ることを目的に行われるもの。
     今回は、(1)薬学教育モデル・コアカリキュラム・・・

    続きを読む

    2011年10月31日(月)

    [介護保険] 世田谷区成城の都有地に特養ホーム開設決定

    都有地活用による地域の福祉インフラ整備事業 特別養護老人ホーム等整備・運営事業者を決定! ~平成26年度開設予定~(10/31)《東京都》
    発信元:東京都 福祉保健局   カテゴリ: 介護保険
     東京都は10月31日に、「都有地活用による地域の福祉インフラ整備事業」の一環として、特別養護老人ホーム等整備・運営事業者の決定について公表した。都では、用地確保が困難な都市部における特別養護老人ホーム等の整備促進のために、世田谷区内の都有地を低廉な価格で貸し付けて、整備・運営する事業者を平成23年6月に公募していた。
     借受予定者は、社会福祉法人緑風会。貸付予定地は、世田谷区成城8丁目の3543.28平方メート・・・

    続きを読む

    2011年10月31日(月)

    [意見募集]被扶養者の特定保健指導実施率向上目指し、再委託認める告示改正

    「特定健康診査及び特定保健指導の実施に関する基準第十六条第一項の規定に基づき厚生労働大臣が定める者の一部を改正する件」の意見募集要領(10/31)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 保険局 総務課   カテゴリ: 保健・健康
     厚生労働省は10月31日に、「特定健康診査及び特定保健指導の実施に関する基準第十六条第一項の規定に基づき厚生労働大臣が定める者の一部を改正する件」について、意見募集を開始した。
     特定健診や特定保健指導の実施については、高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号)第28条の規定により、保険者は病院や診療所などに委託を行うことができる。ただし、受託した病院や診療所などは、委託を受けた業務の全部ま・・・

    続きを読む

    2011年10月31日(月)

    [医事紛争] 医療機関側、患者側の双方から医療ADRへの要望出される

    医療裁判外紛争解決(ADR)機関連絡調整会議(第5回 10/31)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 医政局 総務課   カテゴリ: 医療制度改革
     厚生労働省が10月31日に開催した、医療裁判外紛争解決(ADR)機関連絡調整会議で配付された資料。この日も、前回同様に、ADR機関からの事例紹介等と、それに基づく意見交換が行われた。
     事例紹介など、意見陳述を行ったのは、(1)弁護士の西内氏(2)有床診療所連絡協議会代表委員の前田氏(3)医療過誤原告の会会長の宮脇氏―の3氏。
     (1)の西内氏は「新・東京三会方式医療ADR」について紹介している。この方式は、東京三・・・

    続きを読む

    2011年10月31日(月)

    [審査支払] 23年8月診療分の被災関連レセプト、28万4525件受付  支払基金

    10月定例記者会見を開催(10/31)《支払基金》
    発信元:社会保険診療報酬支払基金   カテゴリ: 診療報酬
     社会保険診療報酬支払基金は10月31日に、10月の定例記者会見を開催した。
     資料には、(1)東日本大震災に伴う診療報酬等請求支払の状況(8月診療分)(p2~p8参照)(2)審査関係訴訟事件の判決(p9~p14参照)(3)基金関係功績者に対する厚生労働大臣表彰(p15~p17参照)(4)支払基金における審査状況(平成23年8月審査分)(p18~p77参照)(5)特別審査委員会の取扱状況(平成23年10月審査分)・・・

    続きを読む

    2011年10月31日(月)

    注目の記事 [介護保険] 通所介護では、機能訓練の強化に賛否両論  介護給付費分科会

    社会保障審議会 介護給付費分科会(第83回 10/31)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 老健局 老人保健課   カテゴリ: 介護保険
     厚生労働省が10月31日に開催した、社会保障審議会の介護給付費分科会で配付された資料。この日は、サービスごとの個別論点検討の第2弾として、通所介護、リハビリテーション、予防給付、居宅介護(予防)支援の報酬や算定要件などについて議論を行った。

     通所介護については、(1)個別機能訓練加算Iを廃止し、基本報酬に組み入れて包括化するとともに、看護職員が配置されている通常規模型以上の基本報酬を適正化する・・・

    続きを読む

    2011年10月31日(月)

    注目の記事 [介護保険] 医療保険者からの介護納付金、総報酬割の導入で議論

    社会保障審議会 介護保険部会(第39回 10/31)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 老健局 総務課   カテゴリ: 介護保険
     厚生労働省が10月31日に開催した、社会保障審議会の介護保険部会で配付された資料。この日は、社会保障・税一体改革における介護分野の見直しについて議論した。
     テーマは(1)1号保険料の低所得者保険料軽減強化(2)介護納付金の総報酬割導入(3)給付に関する見直し―の大きく3点。
     (1)の1号保険料(65歳以上)については、現在、市町村民税の課税状況等に応じて6段階に設定し、低所得者への配慮が行われている。しかし・・・

    続きを読む

    2011年10月31日(月)

    注目の記事 [医療計画] 在宅医療の提供にあたり、二次医療圏より小さな単位を議論

    医療計画の見直し等に関する検討会(第7回 10/31)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 医政局 指導課   カテゴリ: 医療提供体制
     厚生労働省が10月31日に開催した、医療計画の見直し等に関する検討会で配付された資料。この日は、在宅医療の方向性について議論を行った。
     在宅医療は、患者のQOLに資することや、医療費節減効果が認められることなどから、社会保障・税一体改革においても重要施策の1つに位置づけられている。一方で、高齢化の進展による在宅医療ニーズの増大などから、「供給量の拡充や偏在の是正」や「後方ベッドの確保」「質の向上」「介・・・

    続きを読む

    2011年10月31日(月)

    [公立病院] 平成23年度に経常収支黒字化を見込む公立病院は549病院

    公立病院改革プラン実施状況の調査結果(経営の効率化に係るもの)(速報)(10/31)《総務省》
    発信元:総務省 自治財政局   カテゴリ: 調査・統計
     総務省は10月31日に、公立病院改革プラン実施状況の調査結果(経営の効率化に係るもの)の速報を公表した。
     総務省は、平成19年12月24日に策定した「公立病院改革ガイドライン」において、病院事業を実施する地方公共団体に対し、「公立病院改革プラン」を策定し、点検・評価・公表を行うよう要請している。平成23年度は、改革プランのうち、経営の効率化に係る部分について、実質最終年度であることを踏まえ、経営の効率化に・・・

    続きを読む

    2011年10月31日(月)

    [災害医療] 災害拠点病院の指定要件やDMATのあり方など震災踏まえ見直す

    災害医療等のあり方に関する検討会報告書(10/31)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 医政局 指導課   カテゴリ: 医療提供体制
     厚生労働省は10月31日に、災害医療等のあり方に関する検討会の報告書を公表した。
     報告書は、(1)災害拠点病院(2)災害時の医療提供体制―の大きく2章立て。
     (1)広域災害・救急医療情報システム(EMIS)は平成23年7月現在、宮城県、島根県などでは導入されていない。岩手県、宮城県、福島県の災害拠点病院全33病院については、全壊病院はなかったが、翌日までEMISで連絡の取れなかった病院があった。また、緊急時にEMISへ・・・

    続きを読む

    2011年10月31日(月)

    [審査支払] 平成23年8月査定分のコンピュータチェック効果、全体の43.8%

    平成23年8月審査分の医科電子レセプトコンピュータチェック効果について(10/31)《社会保険診療報酬支払基金》
    発信元:社会保険診療報酬支払基金   カテゴリ: 診療報酬
     社会保険診療報酬支払基金は10月31日に、平成23年8月審査分の医科電子レセプトコンピュータチェック効果について公表した。支払基金では、審査の充実のため、レセプト電子化の進展に伴い、電子レセプトに対するコンピュータチェックの範囲を順次拡大している。平成23年8月審査分の医科電子レセプトにおける請求1万点当たりの原審査査定点数は24.0点で、前年同月比で0.8ポイント増となっている。このうちコンピュータチェックを契・・・

    続きを読む

    全16件中1 ~16件 表示
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ