キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全14件中1 ~14件 表示

    2012年03月29日(木)

    [臨床研修] 年間入院患者3000人に満たない研修病院、研修医能力を個別確認

    基幹型臨床研修病院の指定の基準の当面の取扱いについて(3/29付 事務連絡)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医政局 医事課   カテゴリ: 医療提供体制
     厚生労働省は3月29日に、基幹型臨床研修病院の指定の基準の当面の取扱いに関する事務連絡を行った。
     基幹型の臨床研修病院については、「年間入院患者数3000人以上」との要件が設けられ、24年4月1日から(1)この要件を2年以上満たさない場合には、厚生労働大臣が指定取消しを行える(2)この要件を満たさない場合でも、個別訪問調査等により、適切な指導体制が確保され、研修医が基本的診療能力を修得できると認められる場合・・・

    続きを読む

    2012年03月29日(木)

    [臨床研修] 年間入院3000人に満たない基幹型研修病院、指定継続は個別判断

    「医師法第16条の2第1項に規定する臨床研修に関する省令の施行について」の一部改正について(3/29付 通知)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医政局   カテゴリ: 医療提供体制
     厚生労働省は3月29日に、「医師法第16条の2第1項に規定する臨床研修に関する省令の施行について」の一部改正に関する通知を発出した。
     これは、医師臨床研修指定病院の指定・運用基準を見直すもの。具体的な見直し内容は、(1)基幹型臨床研修病院の指定基準である「入院患者数年間3000人以上」の要件に2年以上適合しない場合には、厚生労働大臣が指定を取消せる(p2参照)(2)「入院患者数年間3000人以上」の基準を満た・・・

    続きを読む

    2012年03月29日(木)

    [審査支払] 24年2月診療分の被災関連レセプト、55万287件受付  支払基金

    平成24年2月診療分の受付状況及び被災関連レセプトの受付件数(速報値)について(3/29)《社会保険診療報酬支払基金》
    発信元:社会保険診療報酬支払基金   カテゴリ: 診療報酬
     社会保険診療報酬支払基金は3月29日に、平成24年2月診療分の受付状況及び被災関連レセプトの受付件数(速報値)を公表した。
     平成24年2月診療分の受付件数は、8069万1000件(対前年同月比6.0%増)。そのうち、岩手県は71万9000件(同7.4%増)、宮城県は148万9000件(同12.5%増)、福島県は116万6000件(同5.8%増)であった。
     また、被災関連レセプトの受付件数(速報値)は、約55万287件(前月比約13.1%増)となってい・・・

    続きを読む

    2012年03月29日(木)

    注目の記事 [がん医療] 東京逓信病院など15病院、がん診療連携協力病院に認定

    新たに「東京都(部位名)がん診療連携協力病院」を創設します ~がんの部位別に認定~(3/29)《東京都》
    発信元:東京都 福祉保健局 医療政策部   カテゴリ: 医療提供体制
     東京都は3月29日に、新たに「東京都(部位名)がん診療連携協力病院」を創設することを公表した。
     都では、5大がんに対し高度な診療体制が整備されている病院として、国が指定する「地域がん診療連携拠点病院(以下、拠点病院)」および、これと同等の高度な機能を有する病院として都が独自に認定する「東京都認定がん診療病院(以下、認定病院)」を整備してきた。
     今般、これらに加えて、6つの部位(肺がん、胃がん、大腸・・・

    続きを読む

    2012年03月29日(木)

    [医療提供体制] 現在4対1を満たさない療養病棟、30年3月まで6対1を認める

    医療法施行規則等の一部を改正する省令の施行について(3/29付 通知)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医政局   カテゴリ: 医療提供体制
     厚生労働省は3月29日に、「医療法施行規則等の一部を改正する省令の施行」に関する通知を発出した。
     社会保障・税一体改革に向けて、社会保障審議会・医療部会の議論を踏まえた、医療提供体制の見直しが行われる。具体的には、(1)医療計画に定める「広範かつ継続的な医療提供が必要な疾病」に精神疾患を加える(2)精神・療養病床を介護老健施設に転換する場合の経過措置を平成30年3月31日まで延長する(3)療養病床における・・・

    続きを読む

    2012年03月29日(木)

    [がん対策] がんプロフェッショナル養成に向け、15のプランを選定

    「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」の選定結果(3/29)《文部科学省》
    発信元:文部科学省 高等教育局 医学教育課   カテゴリ: 医療提供体制
     文部科学省は3月29日に、「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」の選定結果を公表した。
     同事業は、我が国の死亡率第1位の疾患であるがんについて、手術・放射線・化学療法、その他のがん医療に携わるがん専門医療人を養成する大学の取組支援を目的としている。このたび、がんプロフェッショナル養成推進委員会において計15件(100大学)のプランが選定された(p1参照)(p5参照)
     まず、これらが推進され・・・

    続きを読む

    2012年03月29日(木)

    [医薬品] 先発品と効能不一致あれば、後発品メーカーは速やかに追加申請を

    後発医薬品における効能効果等に関する取扱いについて(3/29付 通知)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医政局 経済課   カテゴリ: 医薬品・医療機器
     厚生労働省は3月29日に、「後発医薬品における効能効果等に関する取扱い」についての通知を発出した。
     政府は「平成24年度に、全医薬品における後発品の割合を30%にする」との目標を掲げ、後発品の使用を推し進めている。
     しかし、先発品の効能追加などが行われた際には、先発品と後発品で効能効果の不一致が生じる。この場合、医師や薬剤師は後発品の処方・調剤を控えざるを得ないため、後発品の使用促進に当たって障害と・・・

    続きを読む

    2012年03月29日(木)

    [DPC] 14のDPC対象病院では、4月分のデータ提出加算の算定不可

    DPC対象病院におけるデータ提出加算の取扱いについて(3/29付 通知)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 医療課   カテゴリ: 診療報酬
     厚生労働省は3月29日に、DPC対象病院におけるデータ提出加算の取扱いに関する通知を発出した。
     平成24年度改定において、出来高病院がDPCフォーマットに基づくデータ提出を行った場合の評価として、【データ提出加算】が新設された。これに伴い、DPC対象病院においても機能評価係数Iに【データ提出加算】相当の新係数が設定されている(機能評価係数IIを勘案した設定となっている)。また、DPC対象病院に入院するが、出来高点・・・

    続きを読む

    2012年03月29日(木)

    注目の記事 [介護] 4月1日からの「介護保険法等改正に基づく喀痰吸引」の周知徹底を

    介護職員等の実施する喀痰吸引等の取扱いについて(3/29付 通知)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医政局   カテゴリ: 介護保険
     厚生労働省は3月29日に、「介護職員等の実施する喀痰吸引等の取扱い」について通知を発出した。
     これまで、(1)ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の在宅療養の支援(2)盲・聾・養護学校におけるたんの吸引等の取扱い(3)在宅におけるALS以外の療養患者・障害者に対するたんの吸引の取扱い(4)特別養護老人ホームにおけるたんの吸引等の取扱い―の、いわゆる喀痰吸引関連4通知により、介護職員が喀痰吸引などの実施がやむを得な・・・

    続きを読む

    2012年03月29日(木)

    [後期高齢者] 後期高齢者の所得格差、東京と秋田では3.7倍

    平成23年度 後期高齢者医療制度被保険者実態調査報告(3/29)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 調査課   カテゴリ: 調査・統計
     厚生労働省は3月29日に、「平成23年度 後期高齢者医療制度被保険者実態調査報告」を公表した。この調査は、後期高齢者医療制度における被保険者の年齢構成、所得および保険料賦課の状況などの基礎資料を得ることを目的に平成20年度より実施されている(p2参照)
     まず、平成23年9月末の被保険者の年齢構成をみると、総数1449万6000人のうち、75歳以上が1409万1000人で、全体の97.2%を占めている。年齢別では、65~74歳が・・・

    続きを読む

    2012年03月29日(木)

    [医事紛争] 医療ADR、他のADRに比べ当事者の関係形成が困難などの特徴

    医療裁判外紛争解決(ADR)機関連絡調整会議(第6回 3/29)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医政局 総務課   カテゴリ: 医療制度改革
     厚生労働省は3月29日に、医療裁判外紛争解決(ADR)機関連絡調整会議を開催した。今回は、(1)日本医師会常任理事の高杉構成員(2)法政大学大学院専任教授の中村構成員(3)京都大学法学研究科教授の山田構成員―の3氏から意見発表が行われた。
     (1)の高杉構成員は、日医が平成23年7月に発表した「医療事故調査制度の創設に向けた基本的提言」について説明。そこでは、(a)全ての医療機関への院内医療事故調査委員会の設置・・・

    続きを読む

    2012年03月29日(木)

    [後期高齢者] 24・25年度の後期高齢者保険料、被保険者1人あたり平均5561円

    後期高齢者医療制度の平成24・25年度の保険料率等(3/29)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 高齢者医療課   カテゴリ: 高齢者
     厚生労働省は3月29日に、後期高齢者医療制度の平成24・25年度の保険料率等について発表した。
     全国平均でみると、平成24・25年度の均等割額(1人あたりの定額負担部分)は4万3550円、所得割率(所得比例部分)は8.55%となっている(平成22・23年度は、均等割4万1700円、所得割7.88%)。
     被保険者1人あたりの平均保険料額でみると月額5561円で、22・23年度に比べて312円(5.9%)の引上げとなっている。
     これを年金受給額・・・

    続きを読む

    2012年03月29日(木)

    [医療安全] 医療関係団体は自立的な事故調査組織等を提言

    医療事故に係る調査の仕組み等のあり方に関する検討部会(第2回 3/29)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医政局 総務課   カテゴリ: 医薬品・医療機器
     厚生労働省は3月29日に、医療事故に係る調査の仕組み等のあり方に関する検討部会を開催した。この日は、医療関係団体からヒアリングを行った。
     意見陳述に立ったのは、(1)日本医師会(2)日本医療法人協会(3)日本病院会(4)全日本病院協会(5)全国医学部長病院長会議―の5団体。
     (1)の日医からは、会内でまとめた「医療事故調査制度の創設に向けた基本的提言」(平成23年7月発表)をベースに意見が発表された。そこで・・・

    続きを読む

    2012年03月29日(木)

    [臨床研修] 平成25年度以降、基準満たさない臨床研修病院の指定は個別判断

    平成25年度以降の臨床研修における対応(医道審議会 医師分科会 医師臨床研修部会 意見とりまとめ)(3/29)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医政局 医事課   カテゴリ: 医療提供体制
     厚生労働省は3月29日に、医道審議会医師分科会の医師臨床研修部会を開き、平成25年度以降の臨床研修について意見をとりまとめた。
     意見は、(1)激変緩和措置対象病院の取扱い(2)研修病院の指定要件―の2点。
     平成21年度の臨床研修制度見直しにより、指定基準の一部変更(基幹型病院では年間入院患者数3000人以上)が行われた。もっとも、新基準を満たせない病院についても、激変緩和措置として、研修指定が継続されていた・・・

    続きを読む

    全14件中1 ~14件 表示
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ