キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全8件中1 ~8件 表示

    2014年01月16日(木)

    [医学研究] ゲノム研究の内容を都民講座でわかりやすく 都医学研

    平成26年度 都医学研都民講座(第7回)ゲノムの増えるしくみとその起源・進化(11/13)(東京都)
    発信元:東京都 福祉保健局、東京都医学総合研究所   カテゴリ: 医学・薬学
     東京都医学総合研究所は2015年1月16日に、都民講座「ゲノムの増えるしくみとその起源・進化~生命の起源から地球外生命の可能性まで~」を開催する。同研究所の研究内容の一端を都民にわかりやすく伝える活動。日時は2015年1月16日(金曜日)午後2時~3時30分。JR中央線千駄ヶ谷駅前の津田ホール(東京都渋谷区)にて。申し込みは12月29日消印有効で、往復はがきにて同研究所まで(p1参照)。・・・

    続きを読む

    2014年01月16日(木)

    [税制改正] 厚労省が事業者等の消費税転嫁対策特別措置法の遵守を呼びかけ

    消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法の遵守依頼について(1/16)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 老健局 老人保健課   カテゴリ: 税制改正 介護保険
     厚生労働省は1月16日に、介護保険最新情報Vol.353を公表した。 今回は「消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法の遵守依頼」に関して、同日付けで発出した通知を掲載している。 平成26年4月1日から消費税率が5%から8%に引上げられるのに伴い、消費税の円滑かつ適正な転嫁を確保するため、「消費税転嫁対策特別措置法(正式名称:消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保の・・・

    続きを読む

    2014年01月16日(木)

    注目の記事 [改定速報] 26年度改定に向けて、厚労省が1月24日までパブコメを募集

    「平成26年度診療報酬改定に係るこれまでの議論の整理(現時点の骨子)」に関するご意見の募集について(1/16)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 医療課   カテゴリ: 診療報酬 医療制度改革
     厚生労働省は1月16日に、「平成26年度診療報酬改定に係るこれまでの議論の整理(現時点の骨子)」に関する意見募集を開始した。1月24日(金)までが募集期間。 平成26年度診療報酬改定論議は中医協を中心に進められており、昨年(平成25年)中に大枠の議論を終えている。これを受け、厚労省当局は1月15日の中医協総会に「現時点の骨子」案を提示した。 中医協では若干の修正意見が出され、この部分を修正したうえで、今般意見・・・

    続きを読む

    2014年01月16日(木)

    注目の記事 [介護保険] 介護ロボット実用化へ介護施設とメーカーがチームで効果検証

    介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会(平成25年度 第1回 1/16)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 老健局 振興課   カテゴリ: 介護保険 高齢者 医薬品・医療機器
     厚生労働省は1月16日に、「介護保険福祉用具・住宅改修評価検討会」を開催した。 この日は、(1)岡山市総合特別区域の取組(2)介護ロボットに関する実用化支援の動向(3)介護保険における福祉用具の範囲(4)複合的機能を有する福祉用具の取扱―などを議題とした。 (1)は、岡山市総合特区での「介護機器貸与モデル事業」を紹介。在宅で生活する人の利便や自立支援に資する介護機器について、モデル的に貸与対象とすること・・・

    続きを読む

    2014年01月16日(木)

    [先進医療] 『難治性眼疾患に対する羊膜移植』など、26年度保険収載か

    先進医療会議(第14回 1/16)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 医療課   カテゴリ: 医療保険 医学・薬学 医薬品・医療機器
     厚生労働省は1月16日に、先進医療会議を開催した。 この日は、新規技術について「先進医療AまたはB」への振分け、科学的評価などを行った。 先進医療として申請された技術は、既承認の医薬品・医療機器を使うなど比較的安全性の確立された「先進医療A」と、未承認等の医薬品・医療機器を用いるなどした安全性が確立されているとは言い難い「先進医療B」に分けられる。 先進医療Bについては、より専門的な評価を行う必要がある・・・

    続きを読む

    2014年01月16日(木)

    注目の記事 [医療安全] 有床診にスプリンクラー設置義務かける場合の対象施設など検討

    有床診療所火災対策検討部会(第2回 1/16)《総務省消防庁》
    発信元:総務省 消防庁   カテゴリ: 医療提供体制
     総務省消防庁は1月16日に、「有床診療所火災対策検討部会」を開催した。 この検討会は、昨年(平成25年)10月に福岡市で発生した有床診療所の火災事故(入院患者ら10名が死亡)などを受けて、有床診における火災をはじめとする災害時対策等を充実させるために設置されたもの。 この日は、医療機関の防火対策等に関する実態調査の結果報告を消防庁当局などから受けたほか、有床診の防火対策について検討を深めた。 消防庁当局・・・

    続きを読む

    2014年01月16日(木)

    [医薬品] レボノルゲストレルの過多月経への適応等、公知申請へ

    医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議(第18回 1/16)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医薬食品局 審査管理課   カテゴリ: 医薬品・医療機器 医療制度改革
     厚生労働省は1月16日に、「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」を開催した。 この日は第1回・第2回要望に係る検討状況を確認したほか、企業から出された開発工程表について検討を行った。 第1回要望の検討状況を見てみると、374件の開発要望のうち、検討済みが266件、承認済みが4件、海外承認等なしが104件で、これまでと変わっていない。開発要請したものの検討状況については、平成25年10月7日の前回会議で、・・・

    続きを読む

    2014年01月16日(木)

    [経営] 医療・介護施設への貸付金利、固定金利は変更なし  福祉医療機構

    独立行政法人福祉医療機構(医療貸付)貸付利率表(1/16付)《福祉医療機構》
    発信元:独立行政法人福祉医療機構   カテゴリ: 医療提供体制
     独立行政法人福祉医療機構は1月16日付で、医療貸付および福祉貸付の利率を変更した。 医療貸付利率表によると、「固定金利」については利率の変更はない(p1参照)。 一方、「10年経過毎金利見直し(当初10年)」については、病院の新築・増改築(甲種・乙種とも)資金のうち償還期間20年以内、診療所の新築・増改築(甲種・乙種とも)、介護老健施設の新築・増改築資金(償還期間20年以内)、助産所・医療従事者養成施設・・・

    続きを読む

    全8件中1 ~8件 表示
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ