キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全7件中1 ~7件 表示

    2014年10月15日(水)

    [健康] 健康づくり推進、生活習慣改善キャンペーンを実施  東京都

    「あと10分歩こう!階段を使って、体を動かそう!」~健康づくり推進キャラクター「ケンコウデスカマン」が呼びかけます~(10/15)《東京都》
    発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康
     東京都は10月15日に、「東京都健康推進プラン21(第2次)」(平成25年3月策定)の一環として、都民自らが負担感のない生活習慣の改善を実践できるキャンペーンを関係団体と連携で行うことを発表した。 キャンペーンは、生活習慣病の発症・重症化予防のために、1日の歩行をあと10分(1000歩相当)増やしたり、できるだけ階段を使ってみること提案している。 具体的には、(1)「池袋駅階段広告」(西武─JR連絡乗換え階段ステッ・・・

    続きを読む

    2014年10月15日(水)

    [救急医療] 平成26年6~9月の熱中症救急搬送人員数は過去4ヵ年比2割減

    平成26年9月及び夏期の熱中症による救急搬送の状況(10/15)《総務省消防庁》
    発信元:総務省 消防庁   カテゴリ: 医療提供体制
     総務省消防庁は10月15日に、「平成26年9月及び夏期の熱中症による救急搬送状況の概要」(確定値)を公表した。 消防庁によると、平成26年夏期(6月~9月)に熱中症で救急搬送された人は、全国の累計で4万48人。過去4ヵ年における同時期の平均搬送人員数5万1755人と比べ、約2割減となった(p1~p2参照)。 その要因について消防庁は、「夏季の到来により気温が上昇する時期は5月末からと昨年(平成25年)より早かったものの、・・・

    続きを読む

    2014年10月15日(水)

    注目の記事 [介護] 27年度介護報酬改定に向け、厚労省は「人材確保対策推進」等を重視

    社会保障審議会 介護給付費分科会(第110回 10/15)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 老健局 老人保健課   カテゴリ: 介護保険
     厚生労働省は10月15日に、社会保障審議会の「介護給付費分科会」を開催した。 この日は、平成26年の「介護事業経営実態調査」結果報告を受けるとともに、平成27年度の介護報酬改定に向けて総論的な議論を行った。◆平成26年実態調査は「改定資料の1つ」、改定率・内容は総合的に考える必要 平成26年「介護事業経営実態調査」結果(p4~p13参照)(p14~p80参照)についてはすでにお伝えしているので、詳細はそちらをご覧い・・・

    続きを読む

    2014年10月15日(水)

    注目の記事 [介護] 個別性重視し、身体機能・活動・参加のバランスとれた高齢者リハへ

    高齢者の地域におけるリハビリテーションの新たな在り方検討会(第2回 10/15)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 老健局 老人保健課   カテゴリ: 介護保険
     厚生労働省は10月15日に、「高齢者の地域におけるリハビリテーションの新たな在り方検討会」を開催した。 この日は、厚労省当局から「検討の基本方針」が示され、これに基づいた議論が行われた(p7~p15参照)。 そこでは、「介護保険の居宅サービスにおけるリハビリについて、平成27年度介護報酬改定に向けて必要となるサービスの実施方法と具体的な見直し案を実効性のある形でまとめる」ことが確認された(p7参照)。・・・

    続きを読む

    2014年10月15日(水)

    注目の記事 [医療安全] セントラルモニタ送信機の電池残量等は意識して確認を

    医療事故情報収集等事業 医療安全情報No.95(10/15)《日本医療機能評価機構》
    発信元:日本医療機能評価機構   カテゴリ: 医療提供体制 医薬品・医療機器
     日本医療機能評価機構は10月15日に、医療安全情報No.95を公表した。 今回は、「セントラルモニタの送信機の電池切れ」について紹介している。 機構によると、平成23年(2011年)1月1日~平成26年(2014年)8月31日にかけて、セントラルモニタの送信機の電池が切れていたため、生体情報がセントラルモニタに送信されず、患者の状態の変化に気付かなかった事例が4件報告されており、それを受けて今回、注意喚起した。機構が9月26・・・

    続きを読む

    2014年10月15日(水)

    [医療法人] 社会医療法人は26年10月1日現在、234法人に

    社会医療法人の認定状況について(平成26年10月1日現在)(10/15)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医政局 指導課   カテゴリ: 医療提供体制
     厚生労働省は10月15日に、平成26年10月1日現在の「社会医療法人の認定状況」について公表した。 10月1日現在、社会医療法人は234法人が認定されており、平成26年7月1日時点に比べて10法人増加している(新規認定が10法人)(p1~p10参照)。 新たに社会医療法人に認定された10法人は次のとおり。(1)社会医療法人 札幌清田病院(北海道札幌市)(p2参照)(2)社会医療法人 北海道恵愛会(北海道札幌市)(p2参照)・・・

    続きを読む

    2014年10月15日(水)

    注目の記事 [医療保険] 紹介状なしの大病院外来受診、5000円の定額負担求める意見多数

    社会保障審議会 医療保険部会(第82回 10/15)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 総務課   カテゴリ: 医療制度改革 医療保険 高齢者
     厚生労働省は10月15日に、社会保障審議会の医療保険部会を開催した。 この日は、(1)療養の範囲の適正化・負担の公平の確保(2)医療費適正化―の大きく2点を議題とした。◆紹介状なしの大病院外来受診、5000円の定額負担求める意見多数 (1)では、次のように多岐にわたる項目について検討が行われている。(i)紹介状なしで大病院を受診する場合の患者負担(p7~p19参照)(p21~p32参照)(ii)入院時食事療養費・生活療・・・

    続きを読む

    全7件中1 ~7件 表示
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ