キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全10件中1 ~10件 表示

    2015年03月19日(木)

    注目の記事 [DPC] DPC機能評価係数IIを改正、病院群別に一覧表 厚労省告示

    厚生労働大臣が指定する病院の病棟並びに厚生労働大臣が定める病院基礎係数暫定調整係数機能評価係数I及び機能評価係数IIの一部を改正する件(3/19)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省   カテゴリ: 診療報酬 医療提供体制
     厚生労働省は3月19日、「厚生労働大臣が指定する病院の病棟ならびに厚生労働大臣が定める病院、基礎係数、暫定調整係数、機能評価係数Iおよび機能評価係数IIの一部を改正する件(2015年厚生労働省告示第73号)」を告示した。DPC病院・病棟に関する基礎係数、暫定調整係数、機能評価係数I、機能評価係数IIの一部を改正。施行日は2015年4月1日(p1参照)。 資料では「I群(大学病院本院、80病院)(p2~p3参照)」、「II群・・・

    続きを読む

    2015年03月19日(木)

    注目の記事 [介護保険] 介護報酬・指定居宅サービスの新単位数表 厚労省告示

    介護保険最新情報vol.433(3/19)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 老健局   カテゴリ: 介護保険
     厚生労働省は3月19日、「指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準の一部を改正する件等の公布」に関する介護保険最新情報Vol.433を公表した。2015年度介護報酬改定に関する同日付告示(介護報酬単位数表、2015年厚労省告示第74号)が掲載されている。 改定前の単位数と改定後の単位数を新旧対照表の形式で掲載。改定で、「居宅サービス」は、訪問介護で「20分未満の身体介護の見直し」として、在宅の中重度の要介護・・・

    続きを読む

    2015年03月19日(木)

    [医療提供体制] 福祉先進都市へ長期ビジョン事業 都立病院経営委

    都立病院経営委員会(平成26年度 第2回 3/19)《東京都病院経営本部》
    発信元:東京都病院経営本部   カテゴリ: 医療提供体制
     東京都病院経営本部は3月19日、「都立病院経営委員会」を開催した。委員会は都立病院の医療の質の向上と効率的な経営を実現するため設置。今回、(1)「東京都長期ビジョン」における掲載事業(p4~p5参照)、(2)墨東病院の視察(p6参照)、(3)2014年度病院経営本部行動計画(実績)(p7~p8参照)―を議題とした。 (1)では、「世界一の都市・東京」の実現を掲げ、基本目標に2020年の「史上最高のオリンピック・パ・・・

    続きを読む

    2015年03月19日(木)

    [国家戦略特区] 秋田県仙北市に外国人診療所設置を 諮問会議

    国家戦略特別区域諮問会議(第13回 3/19)《首相官邸》
    発信元:首相官邸   カテゴリ: 医療制度改革 医療提供体制
     政府は3月19日、「国家戦略特別区域(特区)諮問会議」を開催した。国家戦略特区は、内閣が掲げる成長戦略で、指定された区域の規制を緩和して産業の国際競争力を強化し、国際的な経済活動の拠点をつくることなどが目的。今回の諮問会議では、(1)区域計画の認定、(2)規制改革事項の追加、(3)地方創生特区の指定―について議論した(p1参照)。 (3)の地方創生特区の指定に関しては、概要案が示された。この中で、秋田・・・

    続きを読む

    2015年03月19日(木)

    [医療機器] 日本医療研究開発機構が4月1日設立 次世代医療機器協議会

    次世代医療機器開発推進協議会(第2回 3/19)《内閣官房》
    発信元:内閣官房   カテゴリ: 医薬品・医療機器
     政府は3月19日、「次世代医療機器開発推進協議会」を開催し、(1)医療機器開発支援ネットワークの実施状況および活動の方向、(2)医療機器開発関連の人材育成に係る取組、(3)日本医療研究開発機構の準備状況―などを議題とした。 (3)では、内閣官房の健康・医療戦略室は2015年4月1日設立される「日本医療研究開発機構」の概要を説明。機構は2015年度1,423億円の予算を計上し、体制は雇用期間の定めのない職員102人、任期付・・・

    続きを読む

    2015年03月19日(木)

    注目の記事 [難病対策] 第2次実施分の指定難病に196疾病 検討委員会

    厚生科学審議会 疾病対策部会 指定難病検討委員会(第11回 3/19)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局   カテゴリ: 医療制度改革 医療提供体制
     厚生労働省は3月19日、厚生科学審議会・疾病対策部会の「指定難病検討委員会」を開催し、「指定難病(第2次実施分)に係る検討結果案」が提示された。 2015年7月の第2次実施・対象疾病拡大に向けた検討は、指定難病の要件に関する情報収集がされた疾病が対象。具体的には、「難治性疾患克服研究事業の研究疾病」、「小児慢性特定疾病の対象疾病」において、関係研究班・関係学会に情報提供を求めた615疾病が対象・・・

    続きを読む

    2015年03月19日(木)

    [先進医療] 2技術に先進医療B「適」と判断 先進医療会議

    先進医療会議(第28回 3/19)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 医療課   カテゴリ: 医薬品・医療機器 医療提供体制
     厚生労働省は3月19日、「先進医療会議」を開催し、先進医療Bにかかる新規技術の科学的評価や、取り下げなどを議題とした。 先進医療Bとして2つの医療技術を審査して、小児期発症難治性ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群に対する「難治性ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群に対するリツキシマブ療法」と、「腹膜播腫を伴う胃癌に対するカペシタビン/シスプラチン+ドセタキセル腹腔内投与併用療法」を、それぞれ「適」と判断した・・・

    続きを読む

    2015年03月19日(木)

    [規制改革] 健保連が市販品類似薬の保険範囲からの除外提言 健康・医療WG

    規制改革会議 健康・医療WG(第32回 3/19)《内閣府》
    発信元:内閣府   カテゴリ: 医療制度改革 医薬品・医療機器 医療保険
     内閣府は3月19日、規制改革会議の下部組織の「健康・医療ワーキンググループ」(WG)を開催し、市販品と類似した医療用医薬品(市販品類似薬)の処方のあり方などを議題とした(p1参照)。 今回は、市販品類似薬の保険給付範囲の見直しなどに関して、健康保険組合連合会からヒアリングを実施。健保連は、増加する薬剤費への対応として、(1)保険給付範囲から除外できる市販品類似薬の拡大、(2)スイッチOTC化の推進、(3・・・

    続きを読む

    2015年03月19日(木)

    注目の記事 [大学病院] 今後の施設整備の指針となる国立大学病院7カ所の事例集 文科省

    国立大学附属病院施設整備に関する事例集(3/19)《文部科学省》
    発信元:文部科学省   カテゴリ: 医療提供体制 医療制度改革 医学・薬学
     文部科学省は3月19日までに、「国立大学附属病院施設整備に関する事例集」を公表した。これは、2014年3月に取りまとめられた、今後の施設整備に関する検討会の報告書で、医療制度改革など変化への考慮が提言され、参考となる事例集が求められたことを受けたもの。文科省は2014年4月から検討会を設置し、作成を進めてきた(p5~p6参照)。事例集は、次の7カ所の国立大学附属病院における「再開発整備事例」を詳述している(カッ・・・

    続きを読む

    2015年03月19日(木)

    [難病対策] 第2次実施分の取りまとめに向け整理 指定難病検討委

    厚生科学審議会 疾病対策部会 指定難病検討委員会(第11回 3/19)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 疾病対策課   カテゴリ: 医療提供体制 医療制度改革 医学・薬学
     厚生労働省は3月19日、厚生科学審議会・疾病対策部会の「指定難病検討委員会」を開催し、第2次実施に向けて、指定難病について検討。そのうえで、対象疾病を含む「取りまとめに向けた一定の整理」を行った。(3月20日に資料とともに詳報します)・・・

    続きを読む

    全10件中1 ~10件 表示
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ