キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全10件中1 ~10件 表示

    2015年04月01日(水)

    [通知] かぜ薬などの添付文書の使用上の注意を一部改正 厚労省

    かぜ薬等の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正について(4/1付 通知)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医薬食品局 安全対策課、審査管理課   カテゴリ: 医薬品・医療機器
     厚生労働省は4月1日付で、「かぜ薬等の添付文書等に記載する使用上の注意の一部改正」に関する通知を発出した。2015年3月25日付厚労省通知により、かぜ薬や解熱鎮痛薬、鎮咳去痰薬、鼻炎用内服薬の製造販売承認基準が改正されたことなどから、改正を行うもの(p1参照)。 改正内容は製造販売承認基準の改正にともなう必要な見直しや、使用上の注意の改訂に関する通知などを反映。かぜ薬や解熱鎮痛薬、鎮咳去痰薬、胃腸薬な・・・

    続きを読む

    2015年04月01日(水)

    [通知] 外国で臨床研修を受けた者の受け入れ条件を一部変更 厚労省

    「外国の病院における臨床研修の一部を認定するための手続について」の一部改正について(4/1付 通知)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医政局   カテゴリ: 教育機関 医療提供体制
     厚生労働省は4月1日付で、「外国の病院における臨床研修の一部を認定するための手続きの一部改正」に関する通知を発出した。2011年8月9日付の医政局長通知を一部改正し、2015年4月1日より適用する。改正により、受け入れ病院における臨床研修の期間(外国の病院で臨床研修を行う前に、日本で臨床研修を行っていた場合、当該臨床研修期間を含む)は、「全体の研修期間の半分以上に相当する1年以上が望ましい」とされた。また、「・・・

    続きを読む

    2015年04月01日(水)

    [事務連絡] 介護報酬請求等の消滅時効などを改定 厚労省

    介護保険最新情報 vol.462(4/1)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 老健局 高齢者支援課 、振興課、老人保健課   カテゴリ: 介護保険
     厚生労働省は4月1日付で、「介護給付費請求書等の保管の一部改正」に関する事務連絡を行った。同日付の介護保険最新情報Vol.462に掲載し、都道府県に周知している。事務連絡は、医療介護総合確保推進法による、介護保険法一部改正と省令一部改正にともなうもの。適用は4月1日(一部は8月1日)(p3~p5参照)。 主な改正は次のとおり。(1)介護報酬の請求の消滅時効に関連する事業者が受け取る介護報酬について、「介護保険法・・・

    続きを読む

    2015年04月01日(水)

    [通知] 「ISO/IEC 17021、17065」の適用時の留意事項 厚労省

    医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第23条の7第1項第1号に掲げる登録認証機関の登録の基準に係る留意事項等について(4/1付 通知)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 大臣官房   カテゴリ: 医薬品・医療機器
     厚生労働省は4月1日付で、医薬品医療機器等法(医薬品、医療機器等の品質、有効性および安全性の確保等に関する法律)第23条の7第1項第1号の「登録認証機関の登録の基準に係る留意事項等」に関する通知を発出した。医薬品、医療機器等の品質等の調査は、「国際基準『ISO/IEC 17021』および『ISO/IEC 17065』への適合を確認」するとし、「適用時の留意事項」や、「サーベイランス活動の実施状況の確認に係る調査等」について詳・・・

    続きを読む

    2015年04月01日(水)

    [通知] 希少疾病用医薬品等の指定基準、対象者数の要件を変更 厚労省

    希少疾病用医薬品等の指定に関する取扱いについて(4/1付 通知)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医薬食品局   カテゴリ: 医薬品・医療機器
     厚生労働省は4月1日付で、「希少疾病用医薬品等の指定に関する取扱い」に関する通知を発出した。患者数が少ない疾病に対する医薬品は医療上の必要性が高くとも、投資回収が難しいことから研究開発も遅れる傾向にあるため、安全で良質な医薬品を早期に現場に提供する希少疾病用医薬品指定制度が設けられている。 今回の通知では、治療法が確立されていない指定難病に対する医薬品や医療機器、再生医療等製品の開発を支援するため・・・

    続きを読む

    2015年04月01日(水)

    [通知] セツキシマブ、パニツムマブの「使用上の注意」を改訂 厚労省

    「使用上の注意」の改訂について(4/1付 通知)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医薬食品局 安全対策課   カテゴリ: 医薬品・医療機器
     厚生労働省は4月1日付で、「使用上の注意の改訂」に関する通知を発出した。改訂されたのは、抗悪性腫瘍用剤のセツキシマブ(遺伝子組み換え)(p2参照)、同パニツムマブ(遺伝子組み換え)(p3参照)の2医薬品。・・・

    続きを読む

    2015年04月01日(水)

    注目の記事 [介護保険] 介護報酬改定に関するQ&Aを公表 厚労省

    介護保険最新情報 vol.454(4/1)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 老健局 高齢者支援課 、振興課、老人保健課   カテゴリ: 介護保険 高齢者
     厚生労働省は4月1日、「2015年度介護報酬改定に関するQ&A(2015年4月1日)」を公表した。介護保険最新情報vol.454に同日付の事務連絡を掲載し、都道府県や市町村に内容を周知している。  掲載されている主な項目を見ると、(1)訪問系共通の集合住宅減算(p5~p7参照)、(2)訪問介護の20分未満の身体介護(p8~p11参照)、(3)通所介護の認知症加算・中重度ケア体制加算(p14~p19参照)、(4)通所介護事業所等の設・・・

    続きを読む

    2015年04月01日(水)

    [国家試験] EPA看護師・介護福祉士の滞在延長基準点を公表 厚労省

    経済連携協定(EPA)に基づくインドネシア人及びフィリピン人看護師・介護福祉士候補者の滞在期間延長の条件となる国家試験の得点基準を公表します(4/1)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 社会・援護局 福祉基盤課   カテゴリ: 医療提供体制 介護保険 社会福祉
     厚生労働省は4月1日、経済連携協定(EPA)に基づくインドネシア人及びフィリピン人看護師(2012年度入国)・介護福祉士候補者(2011年度入国)の滞在期間延長の条件となる国家試験の得点基準が、「第104回看護師国家試験」は、合格基準点(199点)の5割以上の100点、「第27回介護福祉士国家試験」は、合格基準点(68点)の5割以上の34点であることを公表した(p1参照)。・・・

    続きを読む

    2015年04月01日(水)

    注目の記事 [社会保障] 在宅医療・介護連携や認知症対応など4月から制度変更 厚労省

    平成27年4月に行われる厚労省関係の主な制度変更について(3/30)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付 社会保障担当参事官室   カテゴリ: 医療保険 介護保険 医療提供体制
     厚生労働省は新年度(2015年度)4月1日から、実施される主な制度変更に関して周知している。 医療保険関係では、国民健康保険の「保険料(税)の賦課(課税)限度額の見直し」を実施。限度額が81万円から85万円に引き上げられる(p3参照)。 介護保険関係では、「介護報酬改定」で、介護職員処遇改善加算に新区分を設定したほか、物価動向、事業者の経営状況などをふまえ全体の改定率をマイナス2.27%に設定。さらに、中重・・・

    続きを読む

    2015年04月01日(水)

    [医薬品] 実用化までの承認審査期間を半減する制度を議論 薬事分科会

    薬事・食品衛生審議会 薬事分科会(3/30)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医薬食品局 総務課   カテゴリ: 医薬品・医療機器
     厚生労働省は3月30日、薬事・食品衛生審議会の薬事分科会を開催し、「先駆け審査指定制度」などを議題とした。 「先駆け審査指定制度」は、早期の治験段階で著名な有効性が見込まれると指定した医薬品等について、実用化までの承認審査期間の半減(12カ月から6カ月へ短縮)を目指すもの。各種施策をパッケージで推進することで、世界に先駆けて、有効な治療法がなく命に関わる疾患(希少がん、難病等の重篤な疾患)の革新的な医・・・

    続きを読む

    全10件中1 ~10件 表示
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ