キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全15件中1 ~15件 表示

    2015年04月17日(金)

    [医学部] 医学生は学習と将来のキャリアには肯定的な意識 日医総研

    医学生のキャリア意識に関する調査(4/17)《日本医師会総合政策研究機構》
    発信元:日本医師会総合政策研究機構   カテゴリ: 教育機関 調査・統計
     日本医師会総合政策研究機構は4月17日、「医学生のキャリア意識に関する調査」(坂口一樹氏)を、日医総研ワーキングペーパー No.337として公表した。医師の絶対数の不足・偏在という現状を踏まえ、現在、医学部医学科所属の学生を対象に、(1)医学部での学習と将来のキャリア(p11~p14参照)(p32~p33参照)、(2)視野の広さ、世界観(p15~p17参照)(p33参照)、(3)診療科の選択(p18~p20参照)・・・

    続きを読む

    2015年04月17日(金)

    [社会福祉] オープンデータによる歩行者移動支援を提言 国交省

    「オープンデータによる歩行者移動支援サービスの普及促進に向けた提言」がまとまりました。(4/17)《国土交通省》
    発信元:国土交通省 政策統括官付   カテゴリ: 社会福祉 高齢者
     国土交通省は4月17日、ICT(情報通信技術)を活用し、行政のみならず社会全体で課題に取り組むオープンデータという考え方(p14参照)にもとづいた、「歩行者移動支援サービスの普及促進に向けた提言」(p3参照)(p7~p14参照)を公表した。 提言は、「歩行者移動支援施策とオープンデータの必要性」(p7~p8参照)、「オープンデータの可能性と市町村の役割」(p9~p11参照)、「オープンデータへの取り組み(・・・

    続きを読む

    2015年04月17日(金)

    [事務連絡] 薬局製剤指針の一部改正に関する質疑応答集 厚労省

    薬局製剤指針の一部改正に関する質疑応答集(Q&A)について(4/17付 事務連絡)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医薬食品局 審査管理課   カテゴリ: 医療提供体制 医薬品・医療機器
     厚生労働省は4月17日付で、「薬局製剤指針の一部改正に関する質疑応答集(Q&A)」について事務連絡を行った。これに先立って3月31日付で、改正に関する「局長通知」(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律施行令第3条の規定に基づき厚生労働大臣の指定する医薬品の有効成分の一部を改正する件について)(p3~p16参照)と「課長通知」(「薬局製造販売医薬品の取扱いについて」の一部改正につい・・・

    続きを読む

    2015年04月17日(金)

    [高齢者] 居住支援協議会がカバーする市区町村を100%に 国交省検討会

    「安心居住政策研究会」の中間とりまとめの成案の公表について(4/17)《国土交通省》
    発信元:国土交通省 住宅局 安心居住推進課   カテゴリ: 医療提供体制 高齢者 社会福祉
     国土交通省は4月17日、今後の住宅政策の方向性と具体的な対策を示した「安心居住政策研究会」の中間取りまとめ(p2~p27参照)を公表した。これは、4月8日の同研究会において、中川雅之座長(日本大学経済学部教授)に一部修正が一任されていた中間取りまとめ案を、成案としたもの。同研究会は2014年9月の初会合以降、6回にわたって討議を重ねてきた。事務局は国交省に設置され、オブザーバーとして、厚生労働省も参加してい・・・

    続きを読む

    2015年04月17日(金)

    [行政改革] 「医薬品にかかる国民負担の軽減」等ヒアリングへ 政府SG

    歳出改革WG重要課題検証サブ・グループ(第1回 4/17)《首相官邸》
    発信元:首相官邸   カテゴリ: 医療提供体制 医薬品・医療機器
     政府は4月17日、行政改革推進会議の「歳出改革ワーキンググループ(WG)重要課題検証サブ・グループ(SG)」を開催した。この会合は、WGに設けた3つのサブ・グループのうちの1つで、主な担当は、「秋のレビュー」(外部有識者と各府省担当者により、各府省が行った事業の点検・改善内容等を検証し、事業の改善策を議論するもの)などで取り上げた重要テーマ・事業の検証や、先進的改革事例などの収集・分析に関すること。初回の・・・

    続きを読む

    2015年04月17日(金)

    [高齢者] 65歳以上人口が初めて年少人口の2倍超す 総務省

    人口推計(平成26年10月1日現在)(4/17)《総務省》
    発信元:総務省 統計局 統計調査部 国勢統計課   カテゴリ: 調査・統計 高齢者
     総務省は4月17日、2014年10月1日現在の人口推計を発表し、総人口は1億2,708万3千人で、前年に比べ21万5千人(0.17%)減となり、4年連続の大きな減少となった(p1参照)(p9参照)。 年少人口(0~14歳)は前年比15万7千人減の1,623万3千人(総人口に占める割合12.8%)で、生産年齢人口(15~64歳)は同116万人減の7,785万人(同61.3%)。これに対して、第1次ベビーブーム期(1947~1949年)生まれのうち、1949年生ま・・・

    続きを読む

    2015年04月17日(金)

    注目の記事 [研究] 厚労・文科・経産連携「医療分野研究開発推進計画」は順調 政府

    健康・医療戦略推進専門調査会(第8回 4/17)《内閣官房》
    発信元:内閣官房   カテゴリ: 医療制度改革 医学・薬学 予算・人事等
     政府は4月17日、健康・医療戦略推進専門調査会を開催し、厚生労働省・文部科学省・経済産業省の連携プロジェクトである「医療分野研究開発推進計画」(p131~p189参照)の実行状況(p15~p64参照)について討議した。同計画は、2014年7月に、健康・医療戦略推進本部が決定しており、2015年度予算は、前述の3省分を合わせて1,423億円(うち175億円は調整費)(p11参照)。また、この調査会は、健康・医療戦略推進本部令に・・・

    続きを読む

    2015年04月17日(金)

    [先進医療] 金沢大病院で制度逸脱の責任者ら処分 先進医療部会

    先進医療技術審査部会(第28回 4/17)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医政局 研究開発振興課   カテゴリ: 医薬品・医療機器 医学・薬学
     厚生労働省は4月17日、先進医療技術審査部会を開催した。今回は、(1)金沢大学附属病院における事案(p13~p33参照)、(2)先進医療の継続の可否(p34~p37参照)、(3)協力医療機関の追加(p38~p50参照)、(4)先進医療会議の審査結果(p51~p138参照)―などを議論した。 (1)では、「臨床研究に関する倫理指針」違反などの疑いがあることが発覚した金沢大学附属病院の「化学療法に伴うカフェイン併用療法」にお・・・

    続きを読む

    2015年04月17日(金)

    [高齢者] 現役世代の8割がシルバー人材センターを認知 生涯現役検討会

    生涯現役社会の実現に向けた雇用・就業環境の整備に関する検討会(第4回 4/17)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 職業安定局 雇用開発部 雇用開発企画課   カテゴリ: 高齢者
     厚生労働省は4月17日、人口減少の時代にあって成長を実現するため、高年齢者が活躍し続けることができる社会環境の整備を目的とする「生涯現役社会の実現に向けた雇用・就業環境の整備に関する検討会」を開催した。今回は、これまで論点としてきた(p29参照)、(1)企業における高齢者雇用の促進、(2)中年期以降における職業生活設計のための環境整備、(3)中年期以降の再就職の促進、(4)高齢者の多様な就業の場の確保・・・

    続きを読む

    2015年04月17日(金)

    [社会福祉] 条約の政府報告見据えて障害者基本計画を検証 内閣府委員会

    障害者政策委員会(第20回 4/17)《内閣府》
    発信元:内閣府   カテゴリ: 社会福祉 医療提供体制
     内閣府は4月17日、「障害者政策委員会」を開催し、「第3次障害者基本計画の実施状況の監視案」、「今後の議論の進め方」を議題とした。  実施状況の監視案では、障害者権利条約に基づく政府報告の提出などを見据え、委員会が第3次障害者基本計画の監視を行い、「議論の整理」として取りまとめ、政府報告に反映するとしている。条約は一般的な義務として、障害を理由とするいかなる差別もなく、すべての障害者のあらゆる人権お・・・

    続きを読む

    2015年04月17日(金)

    [経営] 医療・福祉業の現金給与月額は24万8,781円 厚労省

    毎月勤労統計調査 平成27年2月分統計表(4/17)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 大臣官房 統計情報部   カテゴリ: 予算・人事等 医療提供体制 労働衛生
     厚生労働省は4月17日、「毎月勤労統計(2015年2月分)」を公表した。常用労働者5人以上の約3万3,000事業所を対象に、賃金や労働時間、雇用の変動を調査している。 月間の平均現金給与額では、医療・福祉業は24万8,781円(前年比1.5%増)。なお、産業全体では26万171円(同0.1%増)だった。 医療・福祉業の現金給与総額の内訳をみると、定期給与は24万6,137円(同1.3%増)、特別給与(賞与、一時金等)は2,644円(同13.6%増・・・

    続きを読む

    2015年04月17日(金)

    [介護] 介護福祉士国試の実技免除非対象の合格者の取り扱い 厚労省

    第26回介護福祉士国家試験において実技試験の免除が認められない者に免除をした事案について(4/17)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 社会・援護局 福祉人材確保対策室   カテゴリ: 介護保険 教育機関
     厚生労働省は4月17日、第26回介護福祉士国家試験(2014年3月合格発表)で、実技試験免除の要件を満たさない受験者6人を免除者として取り扱い、合格させていたことを公表した。指定試験機関である社会福祉振興・試験センターが厚労省に報告したもの。  実技試験免除者とは、「2009年度以降に福祉系高等学校に入学し、卒業した者」、「介護福祉士養成施設等が実施する介護技術講習修了者」、「3年以上の介護等業務従事者で、実務・・・

    続きを読む

    2015年04月17日(金)

    [感染症対策] エボラ対策のミッションのWESTに医師ら2名が参加 厚労省

    WHOミッションへの日本人専門家の参加(4/17)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 大臣官房   カテゴリ: 介護保険 医学・薬学
     厚生労働省は4月17日、世界保健機関(WHO)より西アフリカのエボラ出血熱発生各国への支援活動に関する支援要請があり、防衛医科大学校国際感染症学講座の金山敦宏博士と、国立感染症研究所感染症疫学センターの神谷元医師を派遣すると公表した。金山博士は2015年4月21日から5月29日まで、神谷医師は2015年4月19日から5月29日までの間、シエラレオネに派遣される。今回は、西太平洋地域事務局主導の西太平洋地域エボラ支援チーム・・・

    続きを読む

    2015年04月17日(金)

    [告知] キーワードでみる厚生行政 vol.22 厚生政策情報センター

    キーワードでみる厚生行政(第22号 4/17)《厚生政策情報センター》
    発信元:厚生政策情報センター   カテゴリ: 医療提供体制 医薬品・医療機器 高齢者
     「キーワードでみる厚生行政」(4月8日~4月16日)をアップしました。 今回は、(1)特養の入所者制限についてのリーフレット、(2)医療福祉における消費税の転嫁拒否行為―を解説。(1)は4月10日に厚生労働省が、(2)は4月13日に経済産業省の外局である中小企業庁が、それぞれ公表した事項です。 勉強会や企画書の資料作成などにすぐに使える、最新トピックスのデータです。・・・

    続きを読む

    2015年04月17日(金)

    [予定] 注目される来週の審議会スケジュール(4月20日~4月25日)

    来週注目の審議会スケジュール(4月20日~4月25日)(4/17)《厚生政策情報センター》
    発信元:厚生政策情報センター   カテゴリ: その他
     来週4月20日(月)からの注目される医療・介護関連の審議会等は、「改正労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度に関する説明会」や「医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議」などです。また、「中央社会保険医療協議会 総会」も開催されます(p1参照)。 20日の「改正労働安全衛生法に基づくストレスチェック制度に関する説明会」は、2015年12月1日から施行される制度について、厚生労働省が運用方法を解説・・・

    続きを読む

    全15件中1 ~15件 表示
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ