キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全9件中1 ~9件 表示

    2016年04月25日(月)

    [審査支払] 2月審査分コンピュータチェック効果は55.2% 支払基金

    平成28年2月審査分の医科電子レセプトコンピュータチェック効果について(4/25)《社会保険診療報酬支払基金》
    発信元:社会保険診療報酬支払基金   カテゴリ: 診療報酬 調査・統計
     社会保険診療報酬支払基金は4月25日、2016年2月分の医科電子レセプトコンピュータチェック効果について発表した。「請求1万点あたりの原審査査定点数」は27.9点(前年同月比1.2点増)。このうちコンピュータチェックを契機とした原審査査定点数は15.4点で、査定点数全体の55.2%(同0.3ポイント増)を占めた。また、チェックで適合しないレセプトの審査委員による審査の割合は4.7点だった(p1参照)。・・・

    続きを読む

    2016年04月25日(月)

    [医薬品] 4成分の医薬品について検討 医薬品第二部会

    薬事・食品衛生審議会 医薬品第二部会(4/25)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医薬・生活衛生局 審査管理課   カテゴリ: 医薬品・医療機器 医療提供体制 医療制度改革
     厚生労働省は4月25日、薬事・食品衛生審議会「医薬品第二部会」を開催し、新医薬品の承認、医薬品の製造販売承認事項の一部変更などを議論した(p1~p10参照)。同審議会の医薬品第二部会では抗菌剤、化学療法剤、抗悪性腫瘍剤、血液製剤、生物学的製剤について審議され、それ以外の薬効群については、医薬品第一部会で審議される。 今回、新規承認や一部変更に関し、審議・報告の対象となった医薬品の販売名は次の通り(4成・・・

    続きを読む

    2016年04月25日(月)

    [医学研究] 2015年度の医療技術創出、再生医療実現の成果報告 政府調査会

    健康・医療戦略推進専門調査会(第10回 4/25)《内閣官房》
    発信元:内閣官房 健康・医療戦略室   カテゴリ: 医薬品・医療機器 医学・薬学 医療提供体制
     政府は4月25日、「健康・医療戦略推進専門調査会」を開催し、厚生労働省・文部科学省・経済産業省の連携プロジェクト「医療分野研究開発推進計画」の実行状況の報告を実施した。 連携プロジェクトの報告では、(1)オールジャパンでの医薬品創出、(2)オールジャパンでの医療機器開発、(3)革新的医療技術創出拠点プロジェクト、(4)再生医療の実現化ハイウェイ構想―などの9項目に関して、2015年度の主な成果を示している。・・・

    続きを読む

    2016年04月25日(月)

    [人事] 4月25日付の幹部名簿などを公表 厚労省

    厚生労働省幹部名簿(平成28年4月25日)(4/25)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省   カテゴリ: 予算・人事等
     厚生労働省は4月25日、幹部名簿(4月25日付)を公表した。名簿には塩崎恭久厚生労働大臣をはじめ、各部局の室長級までが記載されている(p1~p12参照)。・・・

    続きを読む

    2016年04月25日(月)

    [後期高齢者] 2016年1月の後期高齢者医療制度加入者は約1,612万人 厚労省

    後期高齢者医療毎月事業状況報告(事業月報)平成28年1月(4/25)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 調査課   カテゴリ: 調査・統計 高齢者
     厚生労働省は4月25日、2016年1月現在の「後期高齢者医療毎月事業状況報告(事業月報)」(p1~p3参照)を公表した。これは、後期高齢者医療制度の運営状況について加入者数を5歳刻みで集計し、毎月報告しているもの。 今回の事業月報によると、同制度の加入者数は、全国で1,612万9,877人(前年同月比2.9%増)だった。また、65歳以上75歳未満の障害認定者数は34万6,901人。100歳以上の被保険者数は6万1,329人。被扶養者であっ・・・

    続きを読む

    2016年04月25日(月)

    注目の記事 [改定速報] 厚労省が改定Q&A第2集、救急搬送後の入院など説明 疑義解釈1

    疑義解釈資料の送付について(その2)(4/25)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 医療課   カテゴリ: 28年度改定 診療報酬
     厚生労働省は4月25日付で、2016年度診療報酬改定に関する「疑義解釈資料の送付(その2)」について事務連絡を行った。(1)一般病棟用の重症度、医療・看護必要度、(2)認知症ケア加算、(3)退院支援加算―などに関するQ&Aを掲載している。 (1)では、2016年度診療報酬改定で、一般病棟用の「重症度、医療・看護必要度」の評価項目のA項目(モニタリング・処置)に「8 救急搬送後の入院」を新規に追加している。 この点、・・・

    続きを読む

    2016年04月25日(月)

    注目の記事 [改定速報] 抗不安薬3種以上と内服薬7種以上該当時の算定明確化 疑義解釈2

    疑義解釈資料の送付について(その2)(4/25)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 医療課   カテゴリ: 28年度改定 診療報酬
     4月25日付の2016年度診療報酬改定に関する「疑義解釈資料の送付(その2)」の事務連絡では、このほか、(1)認知症地域包括診療加算、(2)在宅時医学総合管理料等、(3)投薬―などに関するQ&Aも掲載している。 (1)に関し、今回改定で、複数疾患をもつ認知症患者に対して継続的・全人的な医療を行う主治医機能を評価する【認知症地域包括診療加算】(再診料に加算)を新設した。算定は、「同月に、1処方につき5種類超の内服・・・

    続きを読む

    2016年04月25日(月)

    注目の記事 [医療保険] 支払基金前提とせず、診療報酬審査見直し データヘルス検討会

    データヘルス時代の質の高い医療の実現に向けた有識者検討会(第1回 4/25)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 保険課   カテゴリ: 医療保険
     厚生労働省は4月25日、「データヘルス時代の質の高い医療の実現に向けた有識者検討会」の初会合を開催し、「論点案」を議論した。検討会は効率的で質の高い医療の実現を目的に、ICT・ビッグデータの活用による保険者機能を強化する新たなサービスなどを検討するもの。 厚労省は論点として、(1)保険者機能強化と医療の質の向上(p4参照)、(2)審査の効率化・統一化の推進と組織体制(p6参照)―の2本柱を打ち出してい・・・

    続きを読む

    2016年04月25日(月)

    [介護保険] 2016年2月の介護サービス受給者数は402万人 厚労省

    介護給付費等実態調査月報(平成28年2月審査分)(4/25)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 大臣官房 統計情報部   カテゴリ: 介護保険
     厚生労働省は4月25日、2016年2月審査分の介護給付費等実態調査月報を公表した。受給者は、介護予防サービスは114.61万人、介護サービス402.56万人。受給者1人あたりの費用額は、介護予防サービス3.64万円、介護サービス18.44万円だった(p1参照)。 要介護状態区分別に見た受給者数では、居宅サービス受給者数は要介護1が92.32万人、要介護2が84.97万人、要介護3が51.67万人、要介護4が36.18万人、要介護5が24.32万人。施設・・・

    続きを読む

    全9件中1 ~9件 表示
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ