キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全10件中1 ~10件 表示

    2017年06月09日(金)

    [事務連絡] ビタミン含有保健剤の広告等に関するQ&Aを公表 厚労省

    新指定医薬部外品(ビタミン含有保健剤)の広告等に関する質疑応答集(Q&A)について(6/9付 事務連絡)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 医薬・生活衛生局 医薬品審査管理課、監視指導・麻薬対策課   カテゴリ: 医薬品・医療機器
     厚生労働省は6月9日付で、「新指定医薬部外品(ビタミン含有保健剤)の広告等に関する質疑応答集(Q&A)」に関する事務連絡を行った。 たとえば、2017年3月31日以前に承認を取得したビタミン含有保健剤の主効能または付加効能などを添付文書などに記載、または広告することは可能との解釈を示している(p2参照)。 その他、主効能などと付記効能などの取り扱いなどについても説明している(p2~p4参照)。・・・

    続きを読む

    2017年06月09日(金)

    [介護]事業者は将来を見据えた経営戦略策定を 介護経営コンサル・小濱氏

    2018年の医療・介護同時改定に向けた経営戦略 キーワードは混合介護! 生き残る介護経営の「3大要件」を一挙公開(6/9)《日本経営》
    発信元:日本経営   カテゴリ: 介護保険
     日本全国で介護経営支援事業を手掛ける、小濱介護経営事務所の代表・小濱道博氏は、6月9日に都内で講演し、介護保険法の改正で来年8月から実施される現役世代並み所得高齢者の3割負担導入について、対象者が限定的であることから、当面、介護事業経営に直接的な影響が出ることはないとの認識を示した。ただ、今後、対象者の年収基準は法改正なしでの引き下げが可能となるため、3年先、5年先はわからないとして、将来を見据えた経・・・

    続きを読む

    2017年06月09日(金)

    [医療安全] 医療事故報告受付23件、センター調査依頼1件 医療安全調査機構

    医療事故調査制度の現況報告(5月)(6/9)《日本医療安全調査機構》
    発信元:日本医療安全調査機構 医療事故調査・支援センター   カテゴリ: 医療提供体制 医療制度改革 調査・統計
     日本医療安全調査機構(医療事故調査・支援センター)は6月9日、2017年5月における「医療事故調査制度の現況報告」(p1~p2参照)を公表した。 医療事故報告の「受け付け件数」は23件(累計624件)。内訳は、病院からの報告が22件、診療所からの報告が1件だった(p1参照)。 診療科別では、脳神経外科、泌尿器科各3件、外科、内科、消化器科、整形外科、循環器内科、心臓血管外科各2件、産婦人科、精神科各1件、その他3・・・

    続きを読む

    2017年06月09日(金)

    [経営] 6月9日付で医療・福祉貸付金利を改定 福祉医療機構

    独立行政法人福祉医療機構(医療貸付)主要貸付利率表(6/9)《福祉医療機構》
    発信元:独立行政法人福祉医療機構   カテゴリ: 医療提供体制
     独立行政法人福祉医療機構は6月9日付で、(1)医療貸付、(2)福祉貸付、(3)代理貸付の「固定金利」(p1参照)(p3参照)(p5参照)と、「10年経過毎金利見直し(当初10年)」の利率(p2参照)(p4参照)(p6参照)を、それぞれ改定した。 医療貸付の「固定金利」は、「病院の新築資金・甲種増改築資金」で、10年以内~12年以内0.21%、12年超~13年以内0.23%、13年超~14年以内0.26%、14年超~15・・・

    続きを読む

    2017年06月09日(金)

    [インフル] 5月29日~6月4日の報告患者数は2,100人 厚労省

    インフルエンザの発生状況について(6/9)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康
     厚生労働省は6月9日、2017年第22週(5月29日~6月4日)におけるインフルエンザの発生状況を発表した。定点当たり報告数は0.42人(患者数2,100人)で、前週の0.68人よりも減少した。2016年第36週以降、累積の受診者数は推計約1,701万人となった。4県で患者数が増加したが、42都道府県では減少した。都道府県別で報告数が多かったのは、沖縄県5.72人、熊本県1.85人、岩手県1.70人の順(p2参照)。 全国で警報レベルを超える保・・・

    続きを読む

    2017年06月09日(金)

    [感染症] 流行性耳下腺炎、感染性胃腸炎ともに報告数減少 感染症週報

    感染症週報2017年第21週(6/9)《国立感染症研究所》
    発信元:国立感染症研究所   カテゴリ: 保健・健康
     国立感染症研究所は6月9日、「感染症週報2017年第21週(5月22日~5月28日)」を公表した。 流行性耳下腺炎の定点当たり報告数は0.46(前週0.60)で減少した。都道府県別では、長野県(1.67)、島根県(1.65)、愛媛県(1.41)の順に多かった(p5参照)(p11参照)。 感染性胃腸炎の定点当たり報告数は7.23(前週7.30)で減少した。都道府県別では、富山県(12.17)、大分県(10.75)、福井県(10.59)の順に多かった&l・・・

    続きを読む

    2017年06月09日(金)

    注目の記事 [医療改革] 長期収載品の給付額引き下げは削除 骨太2017閣議決定

    経済財政諮問会議、未来投資会議(平成29年第10回 6/9 )《内閣府》
    発信元:内閣府   カテゴリ: 医療制度改革 医療提供体制
     政府は6月9日の臨時閣議で、経済財政諮問会議が同日取りまとめた「経済財政運営と改革の基本方針2017」(骨太方針2017)および、「未来投資戦略2017」、「規制改革実施計画」を決定した。骨太方針では、素案の段階では盛り込まれていた長期収載品(後発医薬品のある先発医薬品)の保険給付額引き下げに関する文言は削除された。 2018年度は、2020年度の財政健全化(プライマリーバランスの黒字化)に向けた「集中改革期間」の最・・・

    続きを読む

    2017年06月09日(金)

    [医療改革] 参照価格制度の削除を高く評価 骨太2017で横倉日医会長

    「経済財政運営と改革の基本方針2017」「未来投資戦略2017」の閣議決定を受けて(6/9 )《日本医師会》
    発信元:日本医師会   カテゴリ: 医療制度改革 診療報酬 医薬品・医療機器
     日本医師会は6月9日、「経済財政運営と改革の基本方針2017」(骨太の方針2017)、「未来投資戦略2017」が同日閣議決定されたことを受けて、横倉義武会長名義の声明を公表した。 声明は、長期収載品(後発医薬品のある先発医薬品)の保険給付額を引き下げる、いわゆる参照価格制度導入の検討を求める文言が最終的に削除されたことを高く評価。「今後もこうした提言がなされることがないよう、強く求めていく」とした・・・

    続きを読む

    2017年06月09日(金)

    注目の記事 [特集] 解説 地域医療連携推進法人(前編)―制度創設の経緯と狙い―

    特集 地域医療連携推進法人 (6/9)《厚生政策情報センター》
    発信元:厚生政策情報センター   カテゴリ: 医療提供体制 医療制度改革
     地域医療構想達成への第1歩となる「第7次医療計画」の策定開始と時を同じくして、2017年4月から「地域医療連携推進法人制度」(以下、連携法人)がスタートした。今後、地域における病床の再編が加速するなか、連携法人の活用によって病院は生き残りの活路を見出すことができるのか。WIC REPORT編集部では、今回から2回にわたって連携法人制度を特集する。初回は、創設までの経緯を振り返るとともに、制度の狙いを概説する。◆制・・・

    続きを読む

    2017年06月09日(金)

    [予定] 注目される来週の審議会スケジュール 6月12日~6月17日

    来週注目の審議会スケジュール(6月12日~6月17日)(6/9)《厚生政策情報センター》
    発信元:厚生政策情報センター   カテゴリ: その他
     来週6月12日(月)からの注目される医療・介護関連の審議会は「中央社会保険医療協議会」です。 その他の審議会スケジュールは、以下の通りです。6月12日(月)17:00-19:30 今後の医師養成の在り方と地域医療に関する検討会6月13日(火)時間未定 閣議16:00-18:00 第59回先進医療技術審査部会6月14日(水)9:00-9:30 中央社会保険医療協議会 診療報酬基本問題小委員会9:30-10:15 中央社会保険医療協議会 費用対効果評価専・・・

    続きを読む

    全10件中1 ~10件 表示
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ