キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全10件中1 ~10件 表示

    2019年02月01日(金)

    [保健] 第71回保健文化賞、保健衛生分野の功績者を募集 第一生命

    第71回「保健文化賞」の募集開始について(2/1)《第一生命保険株式会社》
    発信元:第一生命保険株式会社   カテゴリ: 保健・健康
     第一生命保険は2月1日、保健衛生および関連する福祉などの分野において優れた功績をあげた団体や個人に贈る、第71回「保健文化賞」の募集を開始した。後援は、厚生労働省、朝日新聞厚生文化事業団、NHK厚生文化事業団(p1参照)。 表彰対象は、▽保健衛生を著しく向上させた▽保健衛生の向上に著しく寄与する研究や発見をした-団体または個人(いずれも、関連する福祉などの分野も含む)。応募締め切りは4月15日(月)、当日・・・

    続きを読む

    2019年02月01日(金)

    注目の記事 [感染症] 風しん追加対策で関係政省令改正、39~56歳男性にワクチン接種へ

    予防接種法施行令の一部を改正する政令等の施行等について(2/1付 通知)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局   カテゴリ: 保健・健康
     厚生労働省は2月1日、同日付で改正・施行された予防接種法関係政省令の内容を都道府県などに通知した。風しん追加対策を盛り込んだもので、他の世代に比べて抗体保有率が低い、1962年4月2日から79年4月1日の間に生まれた現在、39歳から56歳の男性を予防接種法に基づく風しんワクチンの定期接種対象に追加する。接種に先立って抗体検査を実施し、十分な量の風しん抗体があることが確認された者は接種対象から除外する。2022年3月3・・・

    続きを読む

    2019年02月01日(金)

    注目の記事 [介護] 介護医療院の療養床数、18年12月末時点で7,414床に 厚労省

    介護医療院の開設状況について(2/1)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 老健局 老人保健課   カテゴリ: 介護保険
     厚生労働省は2月1日、2018年12月末時点の介護医療院の開設状況を公表した。介護医療院の合計施設数は113施設となり、前回9月末の調査時から50施設増加。総療養床数は7,414床まで拡大した。2,000床以上増えたI型療養床数の伸びが、大きく貢献した(p1~p2参照)。 12月末時点の施設数は、I型が68施設(前回比33施設増)、II型が43施設(17施設増)、I型・II型の混合施設が2施設(増減なし)。トータルでは113施設(50施設増)・・・

    続きを読む

    2019年02月01日(金)

    注目の記事 [インフル] インフルエンザの流行拡大で予防の徹底を呼びかけ 根本厚労相

    根本大臣閣議後記者会見概要(2/1)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 大臣官房 総務課   カテゴリ: 保健・健康
     根本匠厚生労働大臣は2月1日の閣議後会見で、1月21日から27日のインフルエンザの定点医療機関当たりの患者報告件数が、感染症法(1999年4月施行)に基づく現在の調査事業開始以来、最多の57.09件となったことを憂慮。今後の動向を厚労省として引き続き注視していく考えを示すとともに、「国民の皆様には外出後の手洗いや咳エチケット等の予防策に努めていただくこと、具合が悪い場合には早めに医療機関を受診していただくことを・・・

    続きを読む

    2019年02月01日(金)

    [経営] 労働力調査 18年12月分速報 総務省

    労働力調査(基本集計)平成30年(2018年)12月分(速報)(2/1)《総務省》
    発信元:総務省 統計局 統計調査部 労働力人口統計室 審査発表第一係   カテゴリ: 調査・統計
     総務省は2月1日、2018年12月分の「労働力調査(速報)」を発表した。詳細は以下の通り(完全失業者数以下はすべて産業全体の数値)。▽就業者数/産業全体・6,656万人(前年同月比114万人増)/医療・福祉・842万人(14万人増)▽完全失業者数/159万人(15万人減)▽完全失業率(季節調整値)/2.4%(前月比0.1ポイント低下)(p1~p7参照)。・・・

    続きを読む

    2019年02月01日(金)

    [経営] 一般職業紹介状況 18年12月分 厚労省

    一般職業紹介状況(平成30年12月分)(2/1)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 職業安定局 雇用政策課   カテゴリ: 調査・統計
     厚生労働省は2月1日、「一般職業紹介状況」(2018年12月分)を公表した。詳細は以下の通り。▽有効求人倍率(季節調整値):1.63倍(前月比増減なし)▽新規求人倍率(季節調整値):2.41倍(0.01ポイント増)(p1~p2参照)▽新規求人数/医療・福祉業全体・20万9,806人(2.9%減)、うちパートタイム・9万5,725人(1.2%減)/医療業・6万6,963人(0.2%減)、うちパートタイム・2万5,529人(2.3%増)/社会保険・社会福祉・介・・・

    続きを読む

    2019年02月01日(金)

    [インフル] インフルエンザの発生状況 19年第4週(1月21日~27日)

    インフルエンザの発生状況について(2/1)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
     厚生労働省は2月1日、第4週(1月21日~27日)の「インフルエンザの発生状況」を公表した。定点報告と全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の詳細は以下の通り。【定点報告】(p2~p5参照)(p8参照)▽定点当たり報告数(全国)/57.09(前週53.91)▽定点当たり報告数の上位3都道府県:埼玉県/84.09、新潟県/77.70、千葉県/73.00▽報告患者数/28万3,388人(前週比1万5,792人増)▽入院患・・・

    続きを読む

    2019年02月01日(金)

    [感染症] 感染症週報 19年第3週(1月14日~20日) 国立感染症研究所

    感染症週報 2019年第3週(1月14日~20日)(2/1)《国立感染症研究所》
    発信元:国立感染症研究所   カテゴリ: 保健・健康
     国立感染症研究所は2月1日、「感染症週報第3週(1月14日~20日)」を発表した。定点把握対象の5類感染症の報告数(定点当たり)は以下の通り(p6参照)(p37~p38参照)。▽インフルエンザ/53.91(前週38.54)/第44週以降増加傾向▽RSウイルス感染症/0.36(0.39)/前週から減少▽咽頭結膜熱/0.27(0.42)/前週から減少▽A群溶血性レンサ球菌咽頭炎/2.06(2.10)/前週から減少▽感染性胃腸炎/6.54(7.52)/前週から減・・・

    続きを読む

    2019年02月01日(金)

    [開催案内] 薬剤耐性対策で国際会議とシンポジウムを開催 厚労省・WPRO

    「Tokyo AMR One-Health Conference 」の開催について(2/1)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 医学・薬学
     厚生労働省は2月20日・21日に、WHO西太平洋事務局(WPRO)と共催で「Tokyo AMR One-Health Conference(AMRワンヘルス東京会議)」を開催する。抗微生物薬の適正使用や薬剤耐性(AMR)対策に関する国際会議や公開シンポジウムを行う。国際会議では、AMR対策の各国の取り組み状況などを情報共有する(p1参照)。 21日に行う公開シンポジウムでは、AMR対策の国際的な最新知見や今後の方向性とともに、国内での対策の好事例を・・・

    続きを読む

    2019年02月01日(金)

    [予定] 注目される来週の審議会スケジュール 2月4日~9日

    来週注目の審議会スケジュール(2月4日~9日)(2/1)《厚生政策情報センター》
    発信元:厚生政策情報センター   カテゴリ: その他
     来週2月4日(月)からの注目される厚生行政関連の審議会は以下の通りです。2月5日(火)時間未定 閣議2月6日(水)9:30-11:00 中央社会保険医療協議会 費用対効果評価専門部会・薬価専門部会・保険医療材料専門部会 合同部会11:00-12:00 中央社会保険医療協議会 総会15:00-18:00 第18回医師の働き方改革に関する検討会2月8日(金)時間未定 閣議13:00-15:00 診療報酬調査専門組織 医療技術評価分科会・・・

    続きを読む

    全10件中1 ~10件 表示
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ