キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全9件中1 ~9件 表示

    2019年10月31日(木)

    [経営] サービス産業動向調査速報 19年8月分 総務省

    「サービス産業動向調査」令和元年8月分結果(速報)(10/31)《総務省》
    発信元:総務省 統計局 統計調査部 経済統計課   カテゴリ: 調査・統計
     総務省はこのほど、2019年8月分の「サービス産業動向調査(速報)」を公表した。詳細は以下の通り(p6参照)。●売上高:▽医療・福祉業全体/4兆6,592億円(前年同月比0.6%減)▽医療業/3兆3,556億円(0.8%減)▽保健衛生/500億円(14.8%減)▽社会保険・社会福祉・介護事業/1兆2,535億円(0.4%増)●事業従事者数:▽医療・福祉業全体/823.2万人(0.8%増)▽医療業/422.3万人(0.5%増)▽保健衛生/12.4万人(3.0%減)▽・・・

    続きを読む

    2019年10月31日(木)

    [介護保険] 介護給付費等実態統計月報 19年6月審査分 厚生労働省

    介護給付費等実態統計月報(令和元年6月審査分)(10/31)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付 参事官付 社会統計室   カテゴリ: 介護保険 調査・統計
     厚生労働省は10月31日、2019年6月審査分の「介護給付費等実態統計月報」(旧・介護給付費等実態調査月報)を公表した。結果の詳細は以下の通り。【受給者数】●介護予防サービス:▽総数/76万4,800人▽介護予防居宅サービス/74万8,500人▽地域密着型介護予防サービス/1万4,500人●介護サービス:[全体]▽総数/436万5,000人▽要介護1/114万2,400人▽要介護2/107万5,700人▽要介護3/83万9,500人▽要介護4/76万1,200人▽要介護5/54・・・

    続きを読む

    2019年10月31日(木)

    [医療提供体制] 医療事故の再発防止提言、医療者の裁量を制限せず

    医療事故の再発防止に向けた提言第9号(10/31)《日本医療安全調査機構》
    発信元:日本医療安全調査機構   カテゴリ: 医療提供体制 調査・統計
     日本医療安全調査機構は10月31日、「入院中に発生した転倒・転落による頭部外傷に係る死亡事例の分析」(医療事故の再発防止に向けた提言第9号)に係る対応をウェブサイトに掲載した。再発防止に向けた提言については、「『死亡に至ることを回避する』という視点からの考え方を示したものであり、医療従事者の裁量を制限したり、新たな義務を課したりするものではない」といった見解を示している(p1参照)。 同機構による・・・

    続きを読む

    2019年10月31日(木)

    [医療提供体制] 医療保護入院が4年連続で増加 18年度の衛生行政報告例

    平成30年度衛生行政報告例の概況(10/31)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付 参事官付 行政報告統計室   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
     精神疾患患者を家族らの同意で入院させる医療保護入院の届け出数が4年連続で増えたことが、厚生労働省が10月31日に公表した2018年度の衛生行政報告例の結果で分かった。2年連続で減少していた措置入院の患者数は増加に転じた(p4参照)。 医療保護入院は、精神科への強制入院の大半を占めている。衛生行政報告例の結果の概要によると、18年度の医療保護入院の届け出数は、前年度比2,029件増の18万7,683件だった。措置入院患・・・

    続きを読む

    2019年10月31日(木)

    注目の記事 [診療報酬] 改定の基本方針、「働き方改革」に支払側反発 社保審部会

    社会保障審議会医療保険部会(第120回 10/31)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 総務課   カテゴリ: 診療報酬 医療制度改革
     社会保障審議会・医療保険部会は10月31日、次期診療報酬改定に向けた「改定の基本方針」の2回目の議論を行った。厚生労働省は、前回にも基本的視点の中で提示していた「医師等の働き方改革の推進」を、特に「重点課題」と位置付けることを提案した。しかし、健康保険組合連合会の委員は「強い違和感がある」と反対を表明。支払側の他の委員も、表現の修正を求めた(p6~p7参照)。 医師等の働き方改革の推進は、中央社会保険・・・

    続きを読む

    2019年10月31日(木)

    注目の記事 [診療報酬] 次期改定、医療技術の評価対象は730件 中医協・分科会

    診療報酬調査専門組織・医療技術評価分科会(令和元年度第2回 10/31)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 医療課   カテゴリ: 診療報酬 医学・薬学
     中央社会保険医療協議会の医療技術評価分科会は10月31日、2020年度の診療報酬改定に向けて、新しい技術の保険収載や収載済みの技術の再評価(増点・減点)など、医療技術の評価に関する審議をスタートさせた。厚生労働省は、各学会から提案があった計942件のうち、730件(新規290件、既収載440件)を評価の検討対象とすることを提案し、了承された(p20参照)。同分科会では今後、新規保険収載や再評価の優先順位を決める。2・・・

    続きを読む

    2019年10月31日(木)

    [診療報酬] ロボット支援下内視鏡手術、レジストリ解析結果を報告

    診療報酬調査専門組織・医療技術評価分科会(令和元年度第2回 10/31)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 医療課   カテゴリ: 診療報酬 医学・薬学
     10月31日の中央社会保険医療協議会・医療技術評価分科会で、レジストリ(症例登録)への参加を要件として2018年度診療報酬改定で保険適用された「ロボット支援下内視鏡手術」について、日本肝胆膵外科学会および日本胸部外科学会から、検証結果が報告された。次回改定に向けた学会提案の中で、レジストリ要件に該当する技術の評価に反映させる。 レジストリを要件として保険適用されているのは、▽胸腔鏡下縦隔悪性腫瘍手術およ・・・

    続きを読む

    2019年10月31日(木)

    [感染症] マイコプラズマ肺炎、前回流行以降で最多の報告数 東京都

    東京都感染症週報2019年第43週(10月21日-10月27日)《東京都感染症情報センター》ほか
    発信元:東京都感染症情報センター   カテゴリ: 保健・健康
     乾いた咳や発熱などの症状が出るマイコプラズマ肺炎の患者報告数が東京都内で増えている。10月31日に公表された東京都感染症週報(第43週)によると、21日から27日までの週の1医療機関当たりの患者報告数は、前週比約4.2倍の0.72人で、前回の流行(2015-16年)以降で最も多くなっている(p5参照)。 週報の「今週の注目される定点把握対象疾患」では、マイコプラズマ肺炎を取り上げ、患者報告数が増えたと指摘している・・・

    続きを読む

    2019年10月31日(木)

    注目の記事 [改定情報] 働き方改革の重点項目化に保険者が異議 社保審・医療保険部会

    社会保障審議会医療保険部会(第120回 10/31)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 総務課   カテゴリ: 2020年度改定 診療報酬 特集
     社会保障審議会・医療保険部会は10月31日、前回に引き続き、2020年度診療報酬改定の基本方針について議論した。厚生労働省が部会に再提出したたたき台の修正版では、基本認識に社会保障制度の安定・持続性の確保が追加されたほか、基本的視点のうち、医師などの働き方改革が重点課題に位置づけられた。働き方改革の重点課題化に医療関係者は歓迎姿勢を示したが、保険者は社会保障制度の安定性や持続性の確保こそ重要などと主張し・・・

    続きを読む

    全9件中1 ~9件 表示
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ