キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

全22件中1 ~22件 表示

2020年09月14日(月)

[健康] 病院などの屋内禁煙、25%が「知らない」 東京都の都民意識調査

受動喫煙防止対策にかかる各種調査結果(速報値)について(9/14)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康
 東京都は14日、「受動喫煙に関する都民の意識調査」の速報値を公表した。病院や行政機関などでの屋内禁煙については、25.0%が「知らない」と答えた(p1参照)。 調査は7月上旬、都内在住の3,000人(20-79歳)を対象にインターネットで行われた。受動喫煙に関しては、1年間で61.5%が経験していた。受動喫煙を経験した場所については「路上」の割合が51.2%で最も高かった(p1参照)。 都受動喫煙防止条例と改正健康・・・

続きを読む

2019年10月24日(木)

[健康] 東京都とファミリーマート、フレイル予防で連携

フレイルの予防に役立つ情報発信を行います!(10/24)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康 高齢者
東京都はファミリーマート(東京都港区)と共同で、都内のコンビニエンスストア約2,400店舗を通じたフレイル予防に関する情報発信に取り組む。取り組みに合わせて販売する弁当の開発には、都が助言に加わった。都と同社は2020年3月までの期間を対象とする「中食を通じた健康づくりの推進に関わる協定書」を締結しており、ファミリーマート側では今回の取り組みから得られる結果に応じて、新たな商品作りも検討するという。都は、フ・・・

続きを読む

2016年08月23日(火)

[告知] 「Tokyo健康ウオーク2016」11月23日に開催 東京都

「Tokyo健康ウオーク2016」参加者2,000名募集!!─40歳以上の方は、無料で大腸がん検診が受けられます!─(8/23)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康
 東京都は11月23日に、「Tokyo健康ウオーク2016」を開催する。都が大腸がん検診の受診率向上を目的に毎年行っているもの。 Tokyo健康ウオーク2016では、参加者のうち40歳以上の希望者には、無料で大腸がん検診も実施(要事前申込)するほか、トークショーとクイズラリー抽選会も開催する(p1~p2参照)。 11月23日(水)、武蔵野総合体育館(東京都武蔵野市)にて受付・出発式(p1参照)。参加資格は、都内在住・在勤・在・・・

続きを読む

2016年08月23日(火)

[がん対策] 乳がん月間キャンペーンをイオンモール多摩平の森などで開催

知ろう!乳がん 行こう!乳がん検診「ピンクリボン in 東京 2016~乳がん月間キャンペーン~」(8/23)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部健康推進課   カテゴリ: 保健・健康 医学・薬学
 東京都は10月9日と10月30日、「ピンクリボン in 東京 2016~乳がん月間キャンペーン~」のPRイベントを開催する(p1~p7参照)。ピンクリボン運動とは、乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診の推進などを目的とした世界規模の運動。日本では2003年からピンクリボンフェスティバルが開催されている。 ピンクリボン in 東京 2016では、10月9日にイオンモール多摩平の森(東京都日野市)にて、乳がん検診・診療に携わ・・・

続きを読む

2016年06月21日(火)

[健康] 職域連携でがん対策推進、支援事業の取り組み企業募集 東京都

「東京都職域連携がん対策支援事業」取組企業募集!(6/21)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康 医療提供体制
 東京都は7月29日まで、「東京都職域連携がん対策支援事業」の取り組み企業を募集している。事業はがん対策に積極的に取り組む意欲のある企業等を「取組企業」に認定し、都が活動を支援して職域のがん対策の推進を目指すもの。 募集対象は(1)がん対策の取り組みが未実施、または、実施しているものの課題がある、(2)事業の趣旨に賛同して都が提示するがん対策の取り組みモデルに即した取り組みを1つ以上実施する、(3)本社・・・

続きを読む

2016年02月22日(月)

[がん対策] 職場におけるがん対策、優良企業15社を表彰 東京都

「職域連携がん対策支援事業」「がん患者の治療と仕事の両立への優良な取組を行う企業表彰」表彰企業が決定しました!(2/22)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 医療提供体制 労働衛生
 東京都は2月22日、「職域連携がん対策支援事業」、「がん患者の治療と仕事の両立への優良な取組を行う企業表彰」という2つの事業において、優れたがん対策の取り組みを行った企業を表彰することを発表した。 「職域連携がん対策支援事業」とは、がん対策に積極的に取り組む意欲のある企業を「取組企業」に認定し、活動を支援することで、職域におけるがん対策促進を目指すもの。また、「がん患者の治療と仕事の両立への優良な取・・・

続きを読む

2016年02月04日(木)

[健康] 女性の健康週間、「子宮頸がん検診応援ガール」が情報発信 東京都

「それゆけ!検診女子」未来のワタシのために。~女性の健康週間キャンペーンを実施します!~(2/4)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康
 東京都は2月中旬から、「子宮頸がん検診応援ガール」(主に20代前半から支持を得ているモデル・タレントを任命)による、子宮頸がん検診の体験記などをブログやTwitterなどで情報発信する。3月1日~8日の「女性の健康週間」に合わせ、20~30代の女性に多い子宮頸がんの早期発見に向けた啓発を目指したもの。 都では普及啓発へのその他の取り組みとして(1)子宮頸がん検診受診勧奨ポスターの作成、(2)パネル展開催、(3)レシ・・・

続きを読む

2015年09月17日(木)

[がん対策] 早期発見・早期治療へ乳がん月間キャンペーン 東京都

マンモに行こう! 家族のために、パートナーのために、あなたのために。「ピンクリボン in 東京 2015~乳がん月間キャンペーン~」(9/17)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康 医学・薬学
 東京都は10月12日に、「ピンクリボン in 東京 2015~乳がん月間キャンペーン~」を開催する(p1参照)。ピンクリボン運動は、乳がんの正しい知識の啓発と、乳がん検診受診による早期発見・早期治療を推進するために世界規模で行われている運動。日本では2003年からピンクリボンフェスティバルが開催されている。 ピンクリボン in 東京2015では、イオンモールむさし村山(武蔵村山市榎)にて、早見優さん(歌手)のスペシャ・・・

続きを読む

2015年08月31日(月)

[がん対策] 職域でのがん対策に積極的な企業を募集 東京都

「東京都職域連携がん対策支援事業」取組企業募集!~がん対策に積極的に取り組む意欲のある企業を支援します~(8/31)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康 社会福祉
 東京都は10月30日まで、「東京都職域連携がん対策支援事業の取り組み企業」を公募している。事業は、がん対策にこれから積極的に取り組もうとする意欲ある企業などを「取り組み企業」として認定し、活動を支援することで、職域におけるがん対策促進を目指すもの(p1参照)(p3参照)。 対象となる企業等は、(1)がん対策の取り組みが未実施である、または、取り組みを実施しているが、内容につき課題がある、(2)事業・・・

続きを読む

2014年12月10日(水)

注目の記事 [健康] ステッカー貼付などの取り組みを実施中 都受動喫煙防止対策検討会

東京都受動喫煙防止対策検討会(第2回 12/10)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康
 東京都は12月10日、「東京都受動喫煙防止対策検討会」を開催し、関係団体などから意見を聴取した。名称は次の通り(p4参照)。(1)東京商工会議所、(2)東京都飲食業生活衛生同業組合・全国飲食業生活衛生同業組合連合会、(3)東京都ホテル旅館生活衛生同業組合、(4)日本たばこ産業株式会社。 (2)は、「東京都受動喫煙防止ガイドライン」に基づいて2004年に、禁煙や分煙を示す「店頭表示ステッカー」の貼付を主な対・・・

続きを読む

2014年12月10日(水)

[健康] 第2回受動喫煙防止対策検討会を12月10日に開催 東京都

東京都受動喫煙防止対策検討会の開催について(第2回 12/3)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康
 東京都は12月10日、「第2回 東京都受動喫煙防止対策検討会」を開催する。開催場所は、新宿NSビル30階 NSスカイカンファレンス(ルーム1・ルーム2)。会議では、団体等からの意見聴取などを予定している(p1参照)。・・・

続きを読む

2014年12月08日(月)

[健康] 糖尿病・メタボ予防などの取り組みについて討議 東京都

平成26年度東京都健康推進プラン21(第二次)推進会議(第1回 12/8)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康
 東京都は12月8日、2014年度の「東京都健康推進プラン21(第2次)」推進会議の初会合を開き、健康づくり関連事業(プラン推進の取り組み)などについて討議した(p18~p26参照)。 具体的には、関連団体と連携した健康づくりの普及啓発/糖尿病・メタボリックシンドロームの予防/たばこによる健康影響防止策の推進/がんの予防・早期発見などがある。次回は2015年5~6月ごろに開催される予定(p27参照)。・・・

続きを読む

2014年12月01日(月)

[健康] 「健康推進プラン21」推進会議の初会合 東京都

平成26年度第1回東京都健康推進プラン21(第二次)推進会議を開催します(12/1)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康
 東京都は12月8日、2014年度の「東京都健康推進プラン21(第2次)」推進会議の初会合を開き、プランについて討議する。学識経験者や、東京都医師会、東京都薬剤師会など関係団体、保険者団体などが委員として参加する(p1~p2参照)。・・・

続きを読む

2014年10月20日(月)

[健康] 糖尿病を正しく知ろう!11月14日は世界糖尿病デー  東京都

知ってください!糖尿病の正しい知識と予防の大切さ~11月14日は世界糖尿病デー~(10/20)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康
 東京都は11月14日の、世界糖尿病デーに合わせて、糖尿病有病者・予備群の減少を目指し、糖尿病の正しい知識と予防の大切さを都民にアピールすることを発表した。 世界糖尿病デーは、インスリン発見者であるフレデリック・バンディング(カナダ)の誕生日である11月14日を、国際連合が平成19年に指定したもので、世界各地で糖尿病の予防、治療、療養について啓発活動を推進している(p1参照)。 東京都では、次の啓発活動を・・・

続きを読む

2014年10月15日(水)

[健康] 健康づくり推進、生活習慣改善キャンペーンを実施  東京都

「あと10分歩こう!階段を使って、体を動かそう!」~健康づくり推進キャラクター「ケンコウデスカマン」が呼びかけます~(10/15)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康
 東京都は10月15日に、「東京都健康推進プラン21(第2次)」(平成25年3月策定)の一環として、都民自らが負担感のない生活習慣の改善を実践できるキャンペーンを関係団体と連携で行うことを発表した。 キャンペーンは、生活習慣病の発症・重症化予防のために、1日の歩行をあと10分(1000歩相当)増やしたり、できるだけ階段を使ってみること提案している。 具体的には、(1)「池袋駅階段広告」(西武─JR連絡乗換え階段ステッ・・・

続きを読む

2014年08月26日(火)

[がん対策] 乳がん月間キャンペーン、10月1日ららぽーと豊洲等にて展開

Let’s Join! あなたに知ってほしい、乳がん検診の大切さ「ピンクリボン in 東京 2014~乳がん月間キャンペーン~」(8/26)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康
 東京都は10月1日に、「ピンクリボン in 東京 2014~乳がん月間キャンペーン~」を開催する。 ピンクリボン運動は、乳がんの正しい知識の啓発と、乳がん検診受診による早期発見・早期治療を推進するために世界規模で行われている運動。日本では2003年からピンクリボンフェスティバルが開催されている。 ピンクリボン in 東京2014では、10月1日にオープニングイベントを、アーバンドックららぽーと豊洲(江東区豊洲2丁目)にて開・・・

続きを読む

2014年08月21日(木)

[健康] 大腸がんに関心を!「Tokyo健康ウオーク2014」11月24日に開催

「Tokyo健康ウオーク2014」参加者2000名募集!!~都心を歩いて楽しく知ろう、大腸がん検診の大切さ~(8/21)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康
 東京都は8月21日に、「Tokyo健康ウオーク2014」を開催するため、2000名の参加者を募集することを明らかにした。開催日は、平成26年11月24日。 東京都は、大腸がんの死亡率低下、大腸がん検診受診率・関心向上などを目的に、ウオーキングイベントを毎年行っており、本年も「Tokyo健康ウオーク2014」を開催する。また、参加者のうち40歳以上の希望者には、無料で大腸がん検診も実施(要・事前申込)するほか、トークショーとクイ・・・

続きを読む

2014年03月28日(金)

[がん対策] がん検診受けない理由、「いつでも医療機関を受診できる」が3割

「平成25年度 東京都がん予防・検診等実態調査」の結果がまとまりました(3/28)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康 医療提供体制
 東京都は3月28日に、「平成25年度 東京都がん予防・検診等実態調査」の結果を公表した。 調査は、都民のがんに関する意識や検診の受診状況および事業所や健保組合のがん検診実施状況を把握するため行われた(p1参照)。 まず、都民を対象とした調査を見てみよう。 がん検診の受診率は、「胃がん」33.9%(前回20年度調査に比べ1.7ポイント減)、「大腸がん」41.6%(同5.9ポイント増)、「肺がん」40.4%(同0.8ポイント・・・

続きを読む

2014年03月17日(月)

[健康] 都民の健康づくり支援のための情報提供サイトを開設  東京都

健康づくりの情報が満載!「とうきょう健康ステーション」を開設しました(3/17)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康
 東京都は3月17日に、都民の健康づくりを支援するためのポータルサイト「とうきょう健康ステーション」を開設したことを公表した。 本ホームページサイトは、スマートフォン・タブレット端末からもアクセス可能で、既存のホームページの情報を統合・更新し、「受けよう!がん検診」「東京都健康推進プラン21」「健康づくり」「あなたの生活習慣チェック!」など、カテゴリ別に検索しやすくなっている。 たとえば、「受けよう!・・・

続きを読む

2014年02月18日(火)

[がん検診] 女性の健康週間に合わせ検診呼びかけイベント等を開催

20歳になったら子宮頸がん検診を受けましょう!(2/18)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康
 東京都は2月18日に、「20歳になったら子宮頸がん検診を受けましょう!」と題する子宮頸がん検診受診の呼びかけを開始した。3月1日~8日の「女性の健康週間」に合わせ、20~30代の女性に多い子宮頸がんの早期発見に向けた啓発を目指したもの。 子宮頸がん検診は20歳から受診できる。早期発見、早期治療が大切なことから、都では普及啓発への取り組みとして(1)啓発ポスターの作成(2)街頭キャンペーン(3)パネル展開催(4)東・・・

続きを読む

2014年01月10日(金)

[健康] 職域がん対策支援に、講演会開催とハンドブック作成

「職場のがん対策を支援します!」―がんにかかる人の3人に1人が働く世代―(1/10)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康
 東京都は1月10日に、職場のがん対策を支援するため、講演会の開催と健康管理担当者のためのハンドブックを作成したことを公表した。 ハンドブックは、「大切です 職場のがん検診」と題し、職場でがん検診を推進する際の重要事項を4つのヒントとしてまとめ、イラストなどでわかりやすく紹介している。配布先は、健康保険組合、商工会議所、職域関係団体など(p1参照)。 講演会は、「考えてみませんか?企業におけるがん予・・・

続きを読む

2013年08月26日(月)

[がん検診] 10月1日二子玉川ライズ等にて乳がん検診啓発イベント  東京都

乳がんの早期発見と検診受診の大切さを伝える運動「ピンクリボンin 東京 2013」を展開します(8/26)《東京都》
発信元:東京都 福祉保健局 保健政策部 健康推進課   カテゴリ: 保健・健康
 東京都は8月26日に、「ピンクリボン in 東京2013」の開催について発表した。
 ピンクリボン運動は、乳がんの正しい知識の啓発と、乳がん検診受診による早期発見・早期治療を推進するために世界規模で行われている運動。日本では2003年からピンクリボンフェスティバルが開催されている。
 ピンクリボン in 東京2013では、二子玉川ライズ(東京都世田谷区)にて映画コメンテーターLiLiCoさんのトークショーなどのイベントとマン・・・

続きを読む

全22件中1 ~22件 表示
ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

!! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

ページトップへ