キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全1,445件中1 ~25件 表示 最初 | 前 | 1 - 2 - 3 - 4 - 5 | | 最後

    2020年01月17日(金)

    注目の記事 [医療改革] 歳出削減しないなら財政健全化目標の達成2年遅れに 政府試算

    経済財政諮問会議(令和2年第1回 1/17)《内閣府》
    発信元:内閣   カテゴリ: 医療制度改革
     社会保障など分野ごとの歳出削減を進めないなら、国と地方を合わせた基礎的財政収支(PB)の黒字化の達成時期が2027年度になるとする試算結果を政府が17日まとめた(p24参照)(p26参照)。政府が目標に掲げる25年度のPB黒字化が2年先にずれ込むことになるが、目標の見直しは行わない方針。 PBは、国債や公債の返済などを除く年度ごとの政策に必要な経費を、税収などその年度の収入でどれだけ賄えるかを示す指標で、こ・・・

    続きを読む

    2019年12月19日(木)

    注目の記事 [介護] 全世代型社会保障検討会議の中間報告、介護は「予防」を強調

    全世代型社会保障検討会議(第5回 12/19)《首相官邸》ほか
    発信元:首相官邸 内閣官房 全世代型社会保障検討室,厚生労働省,経済産業省   カテゴリ: 介護保険
     現役世代の負担を減らし、持続可能な社会保障制度の確立を目指す政府の「全世代型社会保障検討会議」がまとめた中間報告には、介護分野における個別の給付削減策についての言及はなく、「予防」や「健康づくり」に主眼を置いた書きぶりとなった(p11~p12参照)。 中間報告は「年金」「労働」「医療」「予防・介護」の各分野における検討成果を整理している。兼業・副業に係る労働時間規制などの取り扱いや医療保険制度改革の・・・

    続きを読む

    2019年12月19日(木)

    注目の記事 [医療改革] 全世代型社会保障検討会議が中間報告 外来受診の定額負担で

    全世代型社会保障検討会議(第5回 12/19)《首相官邸》
    発信元:首相官邸 内閣官房 全世代型社会保障検討室   カテゴリ: 医療制度改革
     政府の全世代型社会保障検討会議は19日、紹介状なしに受診した外来患者から定額負担の徴収を義務付ける病院を大幅に拡大する内容の中間報告を取りまとめた。大病院と中小病院・診療所の外来診療の役割分担を推進するためで、地域医療支援病院に限らず「病床数200床以上の一般病院」を対象にする(p13参照)。ただ、病院が少ない地域などに配慮する。 また、病院が徴収する定額負担を増やし、その分を保険給付の一部に充てる・・・

    続きを読む

    2019年12月19日(木)

    注目の記事 [医療改革] 財政健全化計画の改革工程表を取りまとめ 経済財政諮問会議

    経済財政諮問会議(令和元年第14回 12/19)《内閣府》
    発信元:内閣   カテゴリ: 医療制度改革
     政府は19日の経済財政諮問会議で、新経済・財政再生計画(財政健全化計画)の「改革工程表2019」を取りまとめた。社会保障分野の歳出削減策を着実に進めるため、従来の改革工程表を見直し、地域医療構想の実現などの計66項目と、15年に作った従来の計画から引き継いだ44項目を盛り込んだ。各都道府県の地域医療構想を実現させるため、民間病院の役割を巡る地域での話し合いを促す方法を具体化し、骨太方針2020に盛り込む・・・

    続きを読む

    2019年12月05日(木)

    注目の記事 [診療報酬] 諮問会議で麻生財務相、「診療報酬引き上げは国民の負担増」

    経済財政諮問会議(令和元年第13回 12/5)《内閣府》
    発信元:内閣   カテゴリ: 診療報酬 医療制度改革
     麻生太郎財務相は5日の経済財政諮問会議で、「診療報酬の引き上げは、医療機関にとっての収入増だが国民にとっては負担増になる」と述べ、2020年度政府予算案の編成に当たり、慎重な対応が必要だとの認識を示した。 この日の会議には加藤勝信厚生労働相も出席し、20年度の診療報酬改定で、医師など医療従事者の働き方改革への対応や、質の高い医療提供体制の整備を促す方針を説明した。 加藤厚労相は、一般病院全体での損益率・・・

    続きを読む

    2019年11月26日(火)

    注目の記事 [医療改革] 社会保障改革の中間報告、安倍首相「医療含め調整」

    全世代型社会保障検討会議(第4回 11/26)《首相官邸》ほか
    発信元:首相官邸 内閣官房 全世代型社会保障検討室   カテゴリ: 医療制度改革
     社会保障の給付と負担のバランスの見直しなどを話し合う政府の「全世代型社会保障検討会議」が26日開かれ、安倍晋三首相は「医療などの分野を含めて、年末の中間報告や、来年夏の最終報告に向けて具体的な調整を進めていく必要がある」と述べた。 政府は当初、公的年金の見直しや高齢者の就業機会の確保策などを先行して議論し、中間報告に盛り込む方針だった。しかし、後期高齢者(75歳以上)による医療費の自己負担引き上げな・・・

    続きを読む

    2019年11月22日(金)

    [医療提供体制] 主治医以外の医師の病状説明、7割が賛成 内閣府世論調査

    医療のかかり方・女性の健康に関する世論調査(11/22)《内閣府》
    発信元:内閣 大臣官房 政府広報室   カテゴリ: 調査・統計 医療提供体制 働き方改革
     医師の長時間労働を解消するため、国民の7割超が、主治医以外の医師による病状説明に賛成しているとの調査結果を、内閣府が公表した。主治医以外の医師による説明では、診療方針が主治医と異ならないように配慮してほしいとの回答が最も多かった。 内閣府がこのほど公表したのは、「医療のかかり方・女性の健康に関する世論調査」の結果。2019年7月26日から9月10日にかけて、18歳以上の男女5,000人を対象に調査を実施し、2,803・・・

    続きを読む

    2019年11月08日(金)

    注目の記事 [医療改革] 全世代型社会保障検討会議が有識者からヒアリング

    全世代型社会保障検討会議(第2回 11/8)《首相官邸》
    発信元:首相官邸 内閣官房 全世代型社会保障検討室   カテゴリ: 医療制度改革
     政府の「全世代型社会保障検討会議」は8日に2回目の会合を開き、有識者からヒアリングを実施した。日本医師会(日医)、日本歯科医師会、日本薬剤師会を代表して横倉義武・日医会長は、医療分野について財源論に偏らない「丁寧な議論」を求めた(p1参照)。受診時定額負担については、患者の受診抑制につながるなどとして日医として反対する姿勢を示したが、西村康稔経済財政政策担当相は会合後の記者会見で、これに賛成の意・・・

    続きを読む

    2019年10月28日(月)

    注目の記事 [医療改革] 「官民合わせて約13万床削減」を主張 諮問会議で民間議員

    経済財政諮問会議(令和元年第9回 10/28)《内閣府》
    発信元:内閣   カテゴリ: 医療制度改革 医療提供体制
     政府の経済財政諮問会議が28日開かれ、新浪剛史・サントリーホールディングス社長ら民間議員は、各都道府県の地域医療構想を実現させるため、自治体立や公的病院だけでなく民間病院も含め、全国ベースで計約13万床を削減するべきだとの認識を示した。そのために今後3年程度を「集中再編期間」とし、病床の整理・合理化に積極的な民間病院への大胆な財政支援をこの期間に限り行う必要性を訴えた(p2参照)。 民間議員はまた・・・

    続きを読む

    2019年10月11日(金)

    [医薬品] 薬剤耐性、半数近くが「知らない」 内閣府世論調査

    「薬が効かない(薬剤耐性)感染症に関する世論調査」の概要(10/11)《内閣府》
    発信元:内閣 大臣官房 政府広報室   カテゴリ: 医薬品・医療機器 調査・統計 保健・健康
     内閣府は11日、「薬が効かない(薬剤耐性)感染症に関する世論調査」の概要を公表した。薬剤耐性については、半数近くが「知らない」と回答(p8参照)。抗生物質が処方された際、1割超が医師や薬剤師の指示通りに飲まないことがあるという(p4参照)。 調査は、薬剤耐性感染症に関する国民の意識を把握し、今後の施策の参考にする狙いがある。全国の18歳以上の日本国籍を持つ3,000人に対し、8月22日から9月1日まで行わ・・・

    続きを読む

    2019年09月30日(月)

    注目の記事 [医療改革] 「診療報酬の大胆な見直し」が再浮上 経済財政諮問会議

    経済財政諮問会議(令和元年第7回 9/30)《内閣府》
    発信元:内閣   カテゴリ: 医療制度改革 医療提供体制
     政府の経済財政諮問会議は9月30日、社会保障など分野ごとの改革工程表の見直しに向けた議論をスタートさせた。医療分野では、各都道府県の地域医療構想の実現策として、病床機能の転換を促す診療報酬の大胆な見直しや病床の規模縮小に踏み切る病院への新たな支援策などを話し合う(p20参照)。 新浪剛史・サントリーホールディングス社長ら民間議員は、社会保障分野のそれ以外の重点課題として、データヘルス改革の推進や予・・・

    続きを読む

    2019年09月27日(金)

    [がん対策] がん検診の未受診者、依然として約3割 内閣府世論調査

    「がん対策・たばこ対策に関する世論調査」の概要(9/27)《内閣府》
    発信元:内閣 大臣官房 政府広報室   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
     18歳以上でがん検診を一度も受けたことのない人が約3割いることが、内閣府が公表した「がん対策・たばこ対策に関する世論調査」の結果で明らかになった(p6参照)。受診しない理由として、「受ける時間がない」「必要性を感じない」などの回答が多く、受診率向上への取り組みが課題となっている(p8参照)。 調査は、7月25日から8月4日にかけて、全国の18歳以上の3,000人を対象に実施され、1,647人から有効回答を得た(・・・

    続きを読む

    2019年09月20日(金)

    注目の記事 [医療改革] 全世代型社会保障検討会議が初会合 首相、具体的検討を指示

    全世代型社会保障検討会議(第1回 9/20)《首相官邸》
    発信元:首相官邸 内閣官房 全世代型社会保障検討室   カテゴリ: 医療制度改革
     関係閣僚や有識者らによる政府の「全世代型社会保障検討会議」が20日、初会合を開き、少子・高齢化が進む2040年に向けた社会保障制度の見直しを巡る議論をスタートさせた。医療関連では、効率的な医療提供体制の整備や、「給付と負担」の見直しなどが焦点になる。安倍晋三首相は初会合で、具体的な検討を、総力を挙げて始めるよう加藤勝信厚生労働相ら関係閣僚に指示した。 検討会議は、内閣改造を行った11日に安倍首相が早期の・・・

    続きを読む

    2019年09月09日(月)

    [医療提供体制] 医療提供体制の基盤整備に1千億円使用 18年度に厚労省

    平成30年度予算使用の状況(9/9)《内閣》
    発信元:内閣   カテゴリ: 医療提供体制 予算・人事等
     内閣は9日、2018年度における予算の使用状況を官報に掲載し、厚生労働省に関連する事業として医療提供体制の基盤整備に1,000億円超、医療費適正化の推進に200億円超などを費やしたことを明らかにした。 官報によると、18年度の厚労省所管の支出済歳出額は計約30兆7,562億円で、翌年度に約2,750億円を繰り越す。歳出予算の経費のうち、結果として使用する必要がなくなった不用額は約4,395億円。 医療に関する項目別の支出済歳出・・・

    続きを読む

    2019年08月30日(金)

    注目の記事 [医療改革] 政府への要望、医療など社会保障整備が最多 内閣府世論調査

    「国民生活に関する世論調査」の概要(8/30)《内閣府》
    発信元:内閣 大臣官房 政府広報室   カテゴリ: 調査・統計 社会福祉
     内閣府の「国民生活に関する世論調査」によると、政府が力を入れるべき施策を複数回答で尋ねたところ、「医療・年金等の社会保障の整備」が2018年度(64.6%)に続き66.7%で最高だった。性・年齢別に見ると、50歳代の女性が72.5%で最も多く、次いで60歳代の男性が67.5%だった(p27参照)。 調査は、国民の生活に関する意識や要望を広く行政一般の基礎資料とすることを目的に、1957年度から毎年行われ、今回が63回目とな・・・

    続きを読む

    2019年06月21日(金)

    注目の記事 [医療改革] 骨太方針2019が閣議決定、概算要求後に給付と負担の議論開始へ

    令和元年第4回経済財政諮問会議・第29回未来投資会議合同会議(6/21)《内閣府》
    発信元:内閣   カテゴリ: 医療提供体制 医療制度改革
     政府は6月21日の臨時閣議で、「経済財政運営と改革の基本方針2019(骨太の方針2019)」を決定した。原案から大きな修正はなく、25年度に国と地方を合わせた基礎的財政収支(プライマリーバランス)を黒字化するという財政健全化目標の達成を目指して、目安に沿った予算編成を行うとの方針を明記。20年度の社会保障関係予算は、「実質的な増加を高齢化による増加分に相当する伸びにおさめる」とした(p571参照)。 個別施策・・・

    続きを読む

    2019年06月18日(火)

    注目の記事 [介護] 「共生」と「予防」柱に認知症施策推進を 政府が大綱を決定

    認知症施策推進大綱(6/18)《内閣府》
    発信元:内閣   カテゴリ: 介護保険 高齢者
     政府の認知症施策推進関係閣僚会議は6月18日、「認知症施策推進大綱」をまとめた。認知症の人との「共生」と認知症の「予防」を車の両輪として施策を展開し、認知症になっても希望を持って日常生活を過ごせる社会を構築する。当初案は、「70歳代での発症を10年間で1歳遅らせる」ことを全体のKPIに設定していたが、懸命に予防に取り組んでも認知症になってしまった人への配慮に欠けるとの批判を受けて、撤回。大綱に盛り込まれた・・・

    続きを読む

    2019年06月11日(火)

    注目の記事 [医療改革] 公立・公的再編統合の重点対象区域など盛る 骨太方針2019原案

    経済財政諮問会議(令和元年第3回 6/11)《内閣府》
    発信元:内閣   カテゴリ: 医療制度改革 医療提供体制
     政府の経済財政諮問会議は6月11日、「経済財政運営と改革の基本方針2019(仮称)」(骨太の方針2019)の原案を了承した。診療報酬改定を控えた2020年度の予算については、国と地方を合わせた基礎的財政収支の黒字化など、25年度の財政健全化目標の達成を目指し、目安に沿った編成を行うと明記。社会保障関係費は、19年度予算同様、実質的な増加を高齢化による増加分に相当する伸びにおさめることを目指す(p58参照)。社会保・・・

    続きを読む

    2019年06月06日(木)

    [医療改革] 健康情報利活用に向けた環境整備と標準化を 規制改革答申

    規制改革推進会議(第46回 6/6)《内閣府》
    発信元:内閣   カテゴリ: 医療制度改革
     政府の規制改革推進会議は6月6日、「規制改革推進に関する第5次答申~平成から令和へ~多様化が切り拓く未来~」をまとめた。医療・介護分野では、国民1人ひとりが自らの選択に基づいて自主的に健康づくりに取り組めるよう、健康情報を利活用するための環境整備やデータの標準規格の確立、健康・医療・介護ビッグデータの民間への開放-などを盛り込んだ。 国民自らが健康情報を利活用するための環境整備では、データ利活用にあ・・・

    続きを読む

    2019年06月05日(水)

    注目の記事 [医療改革] 全世代型社会保障へ、保険者インセンティブ強化 未来投資会議

    未来投資会議(第28回 6/5)《内閣府》
    発信元:内閣   カテゴリ: 医療制度改革 医療保険 介護保険
     政府の未来投資会議は6月5日、「成長戦略実行計画案」をまとめた。社会保障関係では、人生100年時代の安心の基盤は健康にあるとし、医療・介護の保険者に対するインセンティブ制度の強化や、先駆的取り組みの全国への横展開、民間サービスの活用を通じて、疾病・介護予防を促進。全世代型社会保障の実現につなげる。安倍晋三首相は席上、茂木敏充全世代型社会保障改革担当相に対して、同計画案の早期閣議決定を目指して調整を進・・・

    続きを読む

    2019年05月31日(金)

    注目の記事 [医療改革] 公立・公的医療機関の再編統合で重点区域設定 根本厚労相

    経済財政諮問会議(令和元年第2回 5/31)《内閣府》
    発信元:内閣   カテゴリ: 医療制度改革 医療提供体制
     根本匠厚生労働大臣は5月31日の経済財政諮問会議で、地域医療構想実現に向けた公立・公的医療機関の再編統合促進策などについて説明。再編統合対象の公立・公的医療機関がある構想区域の中から特に重点的な支援を必要とする区域を国が選定し、再編統合の方向性を直接助言する方針を明らかにした。 地域医療構想の実現に向けた取り組みが進められるなか、公立・公的医療機関については、その役割を民間医療機関では担えない機能・・・

    続きを読む

    2019年05月20日(月)

    [医療改革] 第5次答申の骨子を了承 政府・規制改革推進会議

    規制改革推進会議(第45回 5/20)《内閣府》
    発信元:内閣   カテゴリ: 医療制度改革
     政府の規制改革推進会議は5月20日、「規制改革推進に関する第5次答申」の骨子を了承した。総論のほか、分野別に規制改革についての提言を記載する。医療・介護分野では、▽データ利活用の促進▽患者による医薬品情報へのアクセス改善▽機能性表示食品制度の運用改善▽日本医療研究開発機構の研究開発に関する各種手続きの簡素化▽社会保険診療報酬支払基金に関する見直し▽重点的にフォローアップに取り組んだ事項-を取り上げる。重点・・・

    続きを読む

    2019年05月16日(木)

    注目の記事 [介護] 70歳代の認知症発症1歳遅延を政府目標に設定 認知症有識者会議

    認知症施策推進のための有識者会議(第3回 5/16)《内閣府》
    発信元:内閣   カテゴリ: 介護保険 高齢者
     政府の「認知症施策推進のための有識者会議」は5月16日、今後の認知症に関する政府の取り組みを大枠で固めた。認知症の「予防」と、認知症の人との「共生」を車の両輪として施策を推進する政府の基本方針を明示。「70歳代での認知症発症を10年間で1歳遅らせる」、「認知症になってからも自分らしく暮らせる社会の実現」の2項目を全体のKPIに設定した。施策の対象期間は団塊の世代が75歳以上になる2025年までとし、3年後を目途に・・・

    続きを読む

    2019年05月10日(金)

    注目の記事 [医療改革] 医療のデータ利活用で標準規格の確立求める 規制改革推進会議

    規制改革推進会議(第44回 5/10)《内閣府》
    発信元:内閣   カテゴリ: 医療制度改革 医療提供体制 保健・健康
     政府の規制改革推進会議は5月10日開かれ、医療分野におけるデータ利活用の促進や介護離職ゼロに向けた仕事と介護の両立支援策などについての意見をまとめた。医療分野のデータ利活用では、健康データを個人の健康管理に生かすことができる環境の整備や、データ利活用のための標準規格の確立などを厚生労働省に求めた。 推進会議は、少子高齢社会における医療資源の有効活用や、「人生100年時代」を生きるための健康寿命の伸展の・・・

    続きを読む

    2019年04月10日(水)

    注目の記事 [医療改革] 2040年までに医療全体で5%以上の業務効率化目指す 根本厚労相

    経済財政諮問会議(平成31年第5回 4/10)《内閣府》
    発信元:内閣   カテゴリ: 医療制度改革 医療提供体制 介護保険
     根本匠厚生労働大臣は4月10日の経済財政諮問会議で、今夏に策定予定の「健康寿命延伸プラン」と「医療・福祉サービス改革プラン」について説明。2040年に向けた目標として、男女の健康寿命を現在よりも3歳以上延ばして75歳以上とすることや、医療全体で5%以上の業務効率化(医師は7%以上)を目指す考えを明らかにした(p15参照)(p16参照)。 日本の高齢者人口は40年ごろにピークを迎え、その後は労働市場や社会保障・・・

    続きを読む

    全1,445件中1 ~25件 表示 最初 | 前 | 1 - 2 - 3 - 4 - 5 | | 最後
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ