キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全15件中1 ~15件 表示

    2019年07月09日(火)

    注目の記事 [白書] 一億総活躍社会に向け、治療と仕事の両立支援を考察 18年厚労白書

    平成30年版 厚生労働白書-障害や病気などと向き合い、全ての人が活躍できる社会に-(7/9)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付政策評価官室   カテゴリ: 調査・統計
     厚生労働省は7月9日、「平成30年(2018年)版厚生労働白書」を公表した。第1部は「障害や病気などと向き合い、全ての人が活躍できる社会に」をテーマに選定。政府が目標に掲げる「一億総活躍社会」の実現に向け、がんなどの疾病を抱える人たちが治療を受けながら仕事や社会参加を続けられるよう、現状と課題の分析、必要とされる施策を整理した。 白書は、がんのように、かつては「不治の病」と認識されていた疾患も医療技術の・・・

    続きを読む

    2016年10月04日(火)

    注目の記事 [白書] 地域包括ケアシステムの推進は医療・介護と住民の連携が鍵 厚労省

    平成28年版 厚生労働白書(平成27年度厚生労働行政年次報告)(10/4)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付政策評価官室   カテゴリ: 医療制度改革 高齢者 調査・統計
     厚生労働省は10月4日、平成28年度版の「厚生労働白書」を公表した。今回のメインテーマは「人口高齢化を乗り越える社会モデルを考える」。 平成28年度版の白書では、(1)我が国の高齢者を取り巻く状況(p17~p58参照)、(2)高齢期の暮らし、地域の支え合い、健康づくり・介護予防、就労に関する意識(p59~p93参照)、(3)高齢期を支える医療・介護制度(p94~p117参照)、(4)人口高齢化を乗り越える視点・・・

    続きを読む

    2016年08月24日(水)

    [事務連絡] 電子処方せん運用GL踏まえた医療情報システム安全管理GLのQ&A

    「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第4.3版」に関するQ&Aについて(8/24付 事務連絡)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付政策評価官室   カテゴリ: 医療提供体制
     厚生労働省は8月24日付で、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第4.3版」に関するQ&A(p2~p3参照)について事務連絡を行った。 事務連絡では、「電子処方せんの運用ガイドライン」(2016年3月31日付)の策定に伴い、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第4.2版」に関するQ&Aに、新たにQ&Aを追加し、「第4.3版」に関するQ&Aを策定したことを周知している(p1参照)。 具・・・

    続きを読む

    2016年08月04日(木)

    [医学研究] 地域医療機能推進機構、黒字42病院・赤字15病院 地域医療WG

    独立行政法人評価に関する有識者会議 地域医療機能推進WG(第2回 8/4)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付政策評価官室   カテゴリ: 予算・人事等 医療提供体制 医学・薬学
     厚生労働省は8月4日、独立行政法人評価に関する有識者会議の「地域医療機能推進WG」を開催し、地域医療機能推進機構の2015年度業務実績評価などを議題とした。 今回、地域医療機能推進機構に関し、資料が提出され、2015年度の(1)業務実績評価説明資料(自己評価:診療事業等各A、調査研究事業Bなど)(p3~p18参照)、(2)業務実績評価書案(p19~p100参照)、(3)財務諸表(p101~p283参照)、(4)監査報告書・・・

    続きを読む

    2016年08月03日(水)

    [社会福祉] 福祉医療機構の貸付事業など業務実績を評価 厚労省WG

    独立行政法人評価に関する有識者会議 医療・福祉WG(8/3)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付政策評価官室   カテゴリ: 社会福祉 予算・人事等 医療提供体制
     厚生労働省は8月3日、独立行政法人評価に関する有識者会議の「医療・福祉WG」を開催し、福祉医療機構の2015年度業務実績評価などを議題とした。福祉医療機構(WAM)は地域の福祉・医療の向上を目指し、福祉貸付事業や医療貸付事業、債権管理などを通し、民間活動を支援している。 今回、福祉医療機構に関する資料が提出され、2015年度の(1)業務実績説明資料(p3~p29参照)、(2)業務実績評価書案(自己評価:全体の評定A・・・

    続きを読む

    2016年08月02日(火)

    [経営] 国立病院機構は経常利益8億円、個別病院実績も提示 国立病院WG

    独立行政法人評価に関する有識者会議 国立病院WG(第2回 8/2)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付政策評価官室   カテゴリ: 医療提供体制 予算・人事等 医学・薬学
     厚生労働省は8月2日、独立行政法人評価に関する有識者会議の「国立病院WG(ワーキンググループ)」を開催し、国立病院機構の2015年度業務実績評価を議題とした。国立病院機構は全国143の病院ネットワークを活用し、患者目線の医療提供につとめ、臨床研究、診療、教育研修の各事業を推進している。 今回、国立病院機構に関し、資料が提出され、2015年度の(1)業務実績評価説明資料(p4~p11参照)、(2)業務実績評価書案(自・・・

    続きを読む

    2014年08月01日(金)

    注目の記事 [白書] 平均寿命の伸びよりも、健康寿命の伸びを大きくすることを目指す

    平成26年版 厚生労働白書(平成25年度厚生労働行政年次報告)(8/1)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付政策評価官室   カテゴリ: 医療制度改革 保健・健康
     厚生労働省は8月1日に、平成26年版の「厚生労働白書」を公表した。 今回のメインテーマは「健康長寿社会の実現」(p14~p261参照)。 政府は戦前、戦後を通じて公衆衛生の向上に努め、これが乳児・新生児死亡率の劇的な低下をもたらし、平均寿命が延伸してきた(p17~p33参照)。 その後、政府の主眼は「健康寿命」の延伸に徐々にシフトし、平成12年(2000年)には、生活習慣の改善等に関する課題について目標等を設定し・・・

    続きを読む

    2012年08月28日(火)

    注目の記事 [社会保障] 生涯に受ける社会保障給付と負担、世代間で捉え方に大きな差

    「社会保障に関する国民意識調査」の結果を公表(8/28)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付政策評価官室   カテゴリ: 調査・統計
     厚生労働省は8月28日に、「社会保障に関する国民意識調査」の結果を公表した。
     この調査には、社会一般や社会保障に対する意識を世代ごとに調査し、今後の社会保障施策に活かそうという狙いがある。
     調査結果を眺めてみよう。
     まず、福祉と負担の水準について、(1)福祉を充実させるために、我々の負担が重くなってもやむを得ない(2)福祉が多少低下することになっても、我々の負担は軽くしてほしい―という2つの選択肢を・・・

    続きを読む

    2012年08月28日(火)

    注目の記事 [白書] 社会保障改革の議論においては、他者の立場で考えることが重要

    平成24年版 厚生労働白書(8/28)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付政策評価官室   カテゴリ: 医療制度改革
     厚生労働省は8月28日に、平成24年版の厚生労働白書を公表した。
     今回のサブタイトルは「社会保障を考える」。本格的な社会保障・税一体改革の推進を控え、国民的議論を巻き起こしたい考えだ。
     白書ではまず、社会保障の重要性について、誕生から発展、改革の歴史を追いながら解説(p44~p67参照)。さらに、わが国の社会保障制度、具体的には医療保険(p83~p87参照)・年金保険(p89~p98参照)・介護保険・・・

    続きを読む

    2011年11月29日(火)

    [社会保障] 社会保障給付費の対象範囲を再整理、医師等の養成費は含まず

    社会保障給付費統計等の整理の方向性(11/29)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付政策評価官室   カテゴリ: 医療制度改革
     厚生労働省は11月29日に、社会保障給付費統計等の整理の方向性を公表した。これは、「社会保障給付費の整理に関する検討会」でまとめられたもの。
     社会保障給付費統計は、さまざまな用途で使用される。たとえば、給付と負担の公平性といった社会保障の枠内での検討資料、さらには租税を含めた費用と給付の国際比較研究、国民が憲法第25条第1項に定められた「健康で文化的な最低限度の生活」を享受できているか否か、さらには国・・・

    続きを読む

    2011年11月29日(火)

    [社会保障] 社会保障給付費統計等の整理、方向性案示される

    社会保障給付費の整理に関する検討会(第3回 11/29)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付政策評価官室   カテゴリ: 医療制度改革
     厚生労働省が11月29日に開催した、社会保障給付費の整理に関する検討会で配付された資料。この日は、社会保障給付費をめぐる論点に関するこれまでの意見が整理(p3~p8参照)されたうえで、「社会保障給付費統計等の整理の方向性(案)」が報告された。
     方向性(案)は、大きく(1)社会保障給付費統計の対象範囲(2)社会保障の全体像の把握―に沿って示されている(p9参照)
     (1)の対象範囲では、ILO基準に則り、・・・

    続きを読む

    2011年10月27日(木)

    [社会保障] 地方独自の高齢者健康づくり施策、社会保障給付か否かを議論

    社会保障給付費の整理に関する検討会(第2回 10/25)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付政策評価官室   カテゴリ: 医療制度改革
     厚生労働省が10月25日に開催した、社会保障給付費の整理に関する検討会で配付された資料。この日は、「地方自治体の負担」という側面から、社会保障給付の範囲を分析している。
     社会保障に関係する地方独自支出としては、公費負担医療や国保への支援(法定内外の繰入)などさまざまなものがあるが、機能から大きく5つに分類できるようだ。具体的には、(1)保育所職員を定員より多く配置するなど、上乗せ給付(2)乳幼児医療費・・・

    続きを読む

    2010年09月01日(水)

    注目の記事 [社会保障] 社会保障による所得再分配機能、平成20年は過去最高  厚労省

    平成20年所得再分配調査結果の概要(9/1)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付政策評価官室   カテゴリ: 調査・統計
     厚生労働省は9月1日に、平成20年所得再分配調査結果の概要を発表した。医療・年金といった社会保障は、税とともに所得再分配機能を持つ。本調査では、社会保障制度における給付と負担、租税制度における負担が所得再分配にどのような影響を与えているかを明らかにするもの。概ね3年に一度行われており、今回で15回目。
     調査結果からは、(1)ジニ係数の改善度は調査ごとに大きくなっており、平成20年は過去最高の29.3%(2)当・・・

    続きを読む

    2007年08月17日(金)

    国立病院機構の2期連続純利益計上を高く評価  平成18年度業務実績評価結果

    独立行政法人国立病院機構の平成18年度の業務実績の評価結果《厚労省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付政策評価官室   カテゴリ: 医療制度改革
     厚生労働省はこのほど、独立行政法人評価委員会がまとめた「国立病院機構の平成18年度の業務実績の評価結果」を公表した。独立行政法人化して3年度目にあたる平成18年度は、全体としての充実度がより強まったことがうかがえる実績、と評価している(p2参照)
     特に、平成18年度の診療報酬マイナス改定にも関わらず、2期連続で純利益(単年度)を計上するなど、特段の実績を上げているとして、各病院長と職員の懸命な経営・・・

    続きを読む

    2007年03月06日(火)

    厚生労働省における政策評価に関する基本計画、意見募集開始

    第2期「厚生労働省における政策評価に関する基本計画(案)」(平成19年度~23年度)等に関するパブリックコメントについて(3/6)《厚労省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付政策評価官室   カテゴリ: 医療制度改革
    厚生労働省が3月6日に公表した、第2期「厚生労働省における政策評価に関する基本計画(案)」に対するパブリックコメント募集に関するもの。同案は、「厚生労働省における政策評価に関する基本計画」が平成18年度末でその計画期間が終了することを受けて、政策評価の実施状況や制度改正等を踏まえ、平成19年度から平成23年度までの「厚生労働省における政策評価に関する基本計画(第2期基本計画)」を定めるためのもの。別添の資料・・・

    続きを読む

    全15件中1 ~15件 表示
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ