キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全5件中1 ~5件 表示

    2017年09月25日(月)

    [介護] 「とうきょう介護と仕事の両立応援デスク」を開設 東京都

    介護と仕事の両立を支援するヘルプデスクを開設します!(9/25)《東京都》
    発信元:東京都 産業労働局 雇用就業部 労働環境課   カテゴリ: 介護保険
     東京都はきょう10月2日から、介護離職問題への取り組みの一環として、人事労務担当者と労働者を対象に、相談無料のヘルプデスク「とうきょう介護と仕事の両立応援デスク(略称:応援!はたらくかいご)」を開設した(p1参照)。ケアマネジャーなど、介護の専門家や社会保険労務士が対応し、相談者の個別の実情に応じた具体的な助言や、必要に応じ関係支援機関などへの紹介を行う(p1参照)。 相談時間は、月曜日~金曜・・・

    続きを読む

    2017年04月17日(月)

    [がん対策] 難病・がん患者就業支援奨励金を創設 企業側支援は全国初

    東京都難病・がん患者就業支援奨励金を創設します!(4/17)《産業労働局》
    発信元:東京都 産業労働局 雇用就業部 就業推進課   カテゴリ: 予算・人事等
     東京都は5月11日までに、難病やがん患者の治療と仕事の両立に向けて積極的に取り組む企業に、採用奨励金や雇用継続助成金を支給する、「東京都難病・がん患者就業支援奨励金」を創設したと発表した(p1~p2参照)。企業側への支援は全国初の試み。 採用奨励金は、2017年6月1日以降に都内のハローワークから紹介を受けた応募者を雇い入れ、一定要件を満たす場合に、週20時間以上勤務で1人あたり60万円、週10時間以上20時間未満・・・

    続きを読む

    2016年09月08日(木)

    [告知] 仕事と介護の両立推進シンポジウムを10月20日に開催 東京都

    「仕事と介護の両立推進シンポジウム」を開催します(9/8)《東京都》
    発信元:東京都 産業労働局 雇用就業部 労働環境課   カテゴリ: 介護保険 医療提供体制
     東京都は10月20日に、主に経営者、人事労務担当者を対象とした「仕事と介護の両立推進シンポジウム」を開催する(p1参照)。 シンポジウムでは、基調講演「キャリアと介護の両立にチャレンジする社員の支援~介護離職を防ぎ、介護社員を活かす職場づくり~」が行われるほか、パネルディスカッションでは「企業の事例に学ぶ、社員の介護離職防止の具体的な取り組みについて」をテーマに、川上由里子氏(ケアコンサルタント)・・・

    続きを読む

    2016年03月17日(木)

    [介護] 「仕事と介護の両立支援サイト」を開設、介護離職防止へ 東京都

    東京都 「仕事と介護の両立支援サイト」を開設します!(3/17)《産業労働局》
    発信元:東京都 産業労働局 雇用就業部 労働環境課   カテゴリ: 労働衛生
     東京都は3月17日、介護離職問題への取り組みの一環として、経営者・人事担当者、労働者の双方に役立つ情報ポータルサイト「東京都 仕事と介護の両立支援サイト ~魅力ある職場づくりを目指して~」を開設した(p1参照)。経営者・人事担当者向けには、「仕事と介護の両立支援のために必要な取り組み」、「従業員から両立に関する相談があった際の対応」、「企業の取り組み事例」などを紹介。また、労働者向けには、「仕事と・・・

    続きを読む

    2015年04月23日(木)

    [経営] 仕事と生活の調和に優れた企業を募集中 東京都

    東京ワークライフバランス認定企業 ワークライフバランスに取り組む企業を募集します!(4/23)《東京都》
    発信元:東京都 産業労働局 雇用就業部 労働環境課   カテゴリ: 保健・健康 労働衛生 社会福祉
     東京都は現在、仕事と生活の調和に関して優れた取り組みをしている中小企業などを選定する「東京ワークライフバランス認定企業」を募集している。応募期間は7月10日まで。この事業は、今回の2015年度で8回目。これまでにのべ78社の認定企業が誕生し、前回の2014年度には、「長時間労働削減」や「仕事と介護の両立推進」など6部門で計12社が認定されている(p1参照)(p3参照)。 応募には、ホームページ「TOKYOはたらく・・・

    続きを読む

    全5件中1 ~5件 表示
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ