記事閲覧ランキング

このランキングは、記事の閲覧数や、配信時期などから割り出されたポイントをもとに序列付けされています。

1位 [診療報酬] 厚労省が中間とりまとめ案を提示 入院医療評価分科会
2位 [診療報酬] 次回改定に向けた議論開始、12月に基本方針策定 医療保険部会
3位 [診療報酬]中間とりまとめ案を了承、中医協報告へ 入院医療等分科会
4位 [診療報酬] 第1ラウンドの議論の論点と課題を整理 中医協・総会
5位 [医療改革] 一般・療養の病床区分を廃し、看護師数で機能分化 日慢協
6位 [診療報酬] 看護必要度とDPCの相関検証「やぶさかではない」 日病協
7位 [診療報酬] 維持期リハの介護保険への移行で意見が対立 中医協・総会1
8位 [診療報酬] 重症度、医療・看護必要度、DPCとの相関検証を決定 入院分科会
9位 [診療報酬] 急性期病院の経営は危機的状況と憂慮 日本病院会・相澤会長
10位 [医療改革] ICTを利用した死亡診断等のGLを公表 厚労省
11位 [診療報酬] 入棟前の居場所で地域包括ケアの評価を区分へ 入院医療分科会
12位 [診療報酬] 重症度、医療・看護必要度とDPCデータの相関検証へ 入院分科会
13位 [介護] リハ専門職関係団体などから意見聴取 介護給付費分科会
14位 [介護] 大規模改修までの経過措置設定など要望 介護医療院移行で四病協
15位 [特集] 医療計画と地域医療構想(1)―在宅医療等新規需要の受け皿整備
16位 [診療報酬] 医療療養の居住費引き上げで記載要領一部改正 厚労省
17位 [診療報酬] 病棟群単位の届出要件緩和などが論点に 厚労省・鈴木医務技監
18位 [医療提供体制]介護医療院の名称特例ルールを概ね了承 社保審・医療部会
19位 [特集] 病院団体・会長就任インタビュー(1)全日本病院協会・猪口雄二会長
20位 [介護] 介護療養病床と介護医療院をテーマに議論 介護給付費分科会
21位 [特集] 病院団体・会長就任インタビュー(2)日本病院会・相澤孝夫会長
22位 [予算] 4カ月ぶりに再開、2018年度予算編成に向けた議論開始 財政審
23位 [診療報酬] 2016年度の概算医療費、前年度比0.4%減の41.3兆円 厚労省
24位 [診療報酬] 入院基本料の次回改定での見直し避けるべき 全日病学会
25位 [診療報酬] 11月にも2018年度診療報酬改定・要望書を厚労省に提出 日病協
26位 [診療報酬]重症度、医療・看護必要度、指標の特性に応じた分析必要 厚労省
27位 [診療報酬]人件費確保目指し、診療報酬本体の引き上げ要求 横倉日医会長
28位 [医療提供体制] 地域医療構想に沿った議論を喚起 調整会議で武田医政局長
29位 [予算] 2018年度予算概算要求、厚労省の一般会計総額は31.4兆円、2.4%増
30位 [医療提供体制] 在宅医療等の新規需要推計方法を通知 7次医療計画で厚労省
31位 [診療報酬] I・II群病院の重み付けなどを議論 DPC評価分科会
32位 [高齢者] 総人口は減少も、高齢者人口は前年比57万人増 総務省
33位 [経営]小規模公立病院の経営悪化、原因と課題などを分析 内閣府
34位 [特集] 解説 地域医療連携推進法人(前編)―制度創設の経緯と狙い―
35位 [医療費] 1人当たり医療費は西高東低 地域差分析で厚労省
36位 [介護] 自立支援に向けたインセンティブ付与などを議論 介護給付費分科会
37位 [診療報酬] 認知症治療病棟入院料のあり方を議論 中医協・総会1
38位 [医療費] 2015年度の国民医療費42.4兆円、対前年度費3.8%増 厚労省
39位 [診療報酬] 地域包括ケア病棟、回復期リハ病棟を議論 中医協・総会1
40位 [介護] 特養や老健における医療提供体制の充実など要望 日慢協
41位 [診療報酬] 緊急時の受け入れの手厚い評価など要望 次回改定で地ケア協会
42位 [医療保険] 高額レセプト、1カ月2,000万円以上が69件で過去最多 健保連
43位 [診療報酬] 7割が地ケア設置で「多職種協働深まった」 地ケア協会・調査
44位 [介護] 医師やケアマネの入退院支援の評価を要請 次回改定で地ケア協会
45位 [診療報酬] 医療・看護必要度の次回改定での見直しをけん制 3団体が要望
46位 [診療報酬] データ分析のための取り組み要請 療養病棟入院基本料で厚労省
47位 [医療提供体制] 病床機能報告の新目安案を了承 地域医療構想WG1
48位 [診療報酬] 激変緩和措置の適用期間を2年から1年に変更 DPC分科会で厚労省
49位 [特集] 連携法人は地域医療構想達成のためのツール 厚労省・染谷指導官
50位 [医薬品] 試行的導入の評価基準で論点を提示 費用対効果部会で厚労省
ページトップへ