キーワード

カテゴリ

資料公表日

////
(ex.2005年03月08日~2005年03月10日)

検索する

キーワードから選ぶ

  • +
  • 全2,820件中1 ~25件 表示 最初 | 前 | 1 - 2 - 3 - 4 - 5 | | 最後

    2020年01月10日(金)

    [インフル] インフルエンザの発生状況 19年第52週(12月23日-12月29日)

    インフルエンザの発生状況について(1/10)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
     厚生労働省は10日、2019年第52週(12月23日-12月29日)の「インフルエンザの発生状況」を公表した。定点報告と全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の詳細は以下の通り。【定点報告】(p2~p3参照)(p7参照)▽定点当たり報告数(全国)/23.24(前週21.22)▽定点当たり報告数の上位3都道府県:山口県/38.39、秋田県/33.61、大分県/30.78▽報告患者数/11万5,002人(前週比9,781人増)▽・・・

    続きを読む

    2019年12月27日(金)

    [医療費] 医療費の地域差、入院は5割以上、入院外は約2割 厚労省

    平成30年度(2018年度)医療費(電算処理分)の地域差分析(12/27)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 調査課   カテゴリ: 調査・統計
     厚生労働省は、2018年度の医療費の地域差分析をまとめた。1人当たり医療費について、年齢調整した指数で示したもの。入院は、全国平均12万9,506円に対し、地域差指数が最も高いのは鹿児島県の1.364、最も低いのは新潟県の0.821で、両者の差は0.543となった。入院外(調剤含む)は、全国平均17万1,334円に対し、最高は佐賀県の1.085、最低は富山県の0.888で、両者の差は0.197。入院は新潟県に比べ鹿児島県が5割以上高く、入院外は・・・

    続きを読む

    2019年12月27日(金)

    [経営] 商業動態統計速報 19年11月分 経済産業省

    商業動態統計速報 2019年11月分(12/27)《経済産業省》
    発信元:経済産業省 大臣官房 調査統計グループ   カテゴリ: 調査・統計
     経済産業省はこのほど、2019年11月分の「商業動態統計速報」を公表した。ドラッグストアに関するデータの詳細は、以下の通り(p48参照)。●販売額:▽総額/5,368億円(前年同月比3.3%増)▽調剤医薬品/367億円(10.4%増)▽OTC医薬品/733億円(1.7%増)▽ヘルスケア(衛生)・介護・ベビー用品/354億円(2.3%増)▽健康食品/173億円(0.4%減)●店舗数:1万6,365店(5.0%増)・・・

    続きを読む

    2019年12月27日(金)

    [経営] 一般職業紹介状況 19年11月分 厚労省

    一般職業紹介状況(令和元年11月分)(12/27)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 職業安定局 雇用政策課   カテゴリ: 調査・統計
     厚生労働省はこのほど、「一般職業紹介状況」(2019年11月分)を公表した。詳細は以下の通り。▽有効求人倍率(季節調整値):1.57倍(前月と同じ水準)▽新規求人倍率(季節調整値):2.32倍(前月比0.12ポイント減)(p1参照)▽新規求人数/医療・福祉業全体・21万4,718人(対前年同月比1.8%減)、うちパートタイム・9万9,871人(1.3%減)/医療業・7万2,898人(1.7%増)、うちパートタイム・2万8,615人(2.7%増)/社会・・・

    続きを読む

    2019年12月27日(金)

    [インフル] インフルエンザの発生状況 19年第51週(12月16日-12月22日)

    インフルエンザの発生状況について(12/27)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
     厚生労働省は昨年12月27日、2019年第51週(12月16日-12月22日)の「インフルエンザの発生状況」を公表した。定点報告と全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の詳細は以下の通り。【定点報告】(p2~p3参照)(p7参照)▽定点当たり報告数(全国)/21.22(前週15.62)▽定点当たり報告数の上位3都道府県:山口県/41.46、宮城県/31.8、埼玉県/29.57▽報告患者数/10万5,221人(前週比2万7,・・・

    続きを読む

    2019年12月26日(木)

    [医療提供体制] 18年の救急車による搬送人員数が過去最多 総務省消防庁

    令和元年版 救急・救助の現況(12/26)《消防庁》
    発信元:総務省 消防庁   カテゴリ: 医療提供体制 調査・統計
     総務省消防庁はこのほど、「救急・救助の現況」(2018年版)を公表した。18年の救急車による搬送人員数は過去最多となっており、半数近くが軽症だった。疾病分類別では循環器系(脳疾患、心疾患等)が多く、特に高齢者ではその割合が高くなっているという(p24参照)(p28~p30参照)。 18年の救急車による搬送人員は前年比22万4,209人増の596万295人。急病が389万1,040人で最も多く、以下は、一般負傷(91万2,346人)、・・・

    続きを読む

    2019年12月26日(木)

    [医療提供体制] 救急車使った医療機関間の転院搬送が9年連続で増加

    令和元年版 救急・救助の現況(12/26)《消防庁》
    発信元:総務省 消防庁   カテゴリ: 医療提供体制 調査・統計
     いったん医療機関に収容された患者の症状悪化などに伴い、他の医療機関に搬送するために救急車が出動する「転院搬送」の件数が9年連続で増えたことが、総務省消防庁が公表した「救急・救助の現況」(2018年版)で分かった(p31参照)。消防庁は救急車の適正な利用を呼び掛けているが、改善の兆しが見えない。 「救急・救助の現況」によると、18年の転院搬送件数は54万2,026件で、前年よりも7,954件増えた。18年の救急出動件・・・

    続きを読む

    2019年12月26日(木)

    注目の記事 [医療費] 19年度医療費3.1%増でスタート、15年度に次ぐ高さ 厚労省

    最近の医療費の動向[概算医療費]令和元年度4-5月号(12/26)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 保険局 調査課   カテゴリ: 医療保険 調査・統計
     厚生労働省はこのほど、2019年度「最近の医療費の動向4-5月号」を公表した。対前年同期の伸び率は3.1%となり、最近5年間では15年度の3.8%に次ぐ高い伸び。ただ、5月は休日数が2日多かったため伸び率が低くなったが、休日数などの影響補正後は4-5月で5.8%増となり、15年度の3.6%増を大きく上回る(p1参照)(p10参照)。 19年度医療費の伸び率は、4月が5.7%、5月は0.7%で4-5月平均が3.1%。4月は休日数、平日数・・・

    続きを読む

    2019年12月25日(水)

    [病院] 病院報告 19年9月分概数 厚労省

    病院報告(令和元年9月分概数)(12/25)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付 参事官付 保健統計室   カテゴリ: 医療提供体制 調査・統計
     厚生労働省はこのほど、2019年9月分の「病院報告(概数)」を公表した。病院の詳細なデータは以下の通り(p1参照)。●平均在院日数:▽全病床平均/27.7日(前月比1.0日増)▽一般病床/16.1日(0.5日増)▽療養病床/139.2日(0.7日増)▽介護療養病床/298.2日(32.1日減)▽精神病床/267.9日(0.2日減)▽結核病床/70.3日(3.5日増)●1日平均患者数:▽在院患者数/122万7,174人(1万1,167人減)▽外来患者数/129万6,867人(1・・・

    続きを読む

    2019年12月24日(火)

    [病院] 医療施設動態調査 19年度10月末概数 厚労省

    医療施設動態調査(令和元年10月末概数)(12/24)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付 参事官付 保健統計室   カテゴリ: 医療提供体制 調査・統計
     厚生労働省はこのほど、「医療施設動態調査(2019年10月末概数)」を公表した。詳細は以下の通り。●施設数【病院】▽全体/8,292施設(前月比8施設減)▽精神科病院/1,054施設(増減なし)▽一般病院/7,238施設(8施設減)▽療養病床を有する病院(再掲)/3,655施設(7施設減)▽地域医療支援病院(再掲)/617施設(増減なし)【一般診療所】▽全体/10万2,703施設(72施設増)▽有床診療所/6,619施設(25施設減)▽療養病床を有す・・・

    続きを読む

    2019年12月24日(火)

    [人口] 人口動態統計速報 19年10月分 厚労省

    人口動態統計速報(令和元年10月分)(12/24)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付 参事官付 人口動態・保健社会統計室 月報調整係   カテゴリ: 調査・統計
     厚生労働省はこのほど、2019年10月分の「人口動態統計速報」を公表した。詳細は以下の通り(p2参照)。▽出生数/7万7,341人(前年同月比6.4%減・5,313人減)▽死亡数/11万4,284人(0.2%増・197人増)▽自然増減数/3万6,943人の減少(5,510人減)▽婚姻件数/3万8,450件(9.6%減・4,094件減)▽離婚件数/1万6,967件(8.2%減・1,523件減)・・・

    続きを読む

    2019年12月24日(火)

    [人口] 19年の出生数86万4,000人で90万人割れ 厚労省

    令和元年(2019)人口動態統計の年間推計(12/24)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付 参事官付 人口動態・保健社会統計室   カテゴリ: 調査・統計
     厚生労働省がこのほど公表した2019年の「人口動態統計の年間推計」によると、19年の出生数は86万4,000人で90万人を下回り、前年の確定数と比べ5万4,000人の減少となることがわかった。人口1,000対の出生率は7.0で、前年の確定値から0.4ポイント低下した(p3参照)。 死亡数は137万6,000人(前年比1万4,000人増)で、人口1,000対の死亡率は11.1(0.1ポイント増)。出生数から死亡数を引いた自然増減数は51万2,000人の減少(6・・・

    続きを読む

    2019年12月20日(金)

    [インフル] インフルエンザの発生状況 19年第50週(12月9日-12月15日)

    インフルエンザの発生状況について(12/20)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
     厚生労働省は20日、2019年第50週(9日-15日)の「インフルエンザの発生状況」を公表した。定点報告と全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の詳細は以下の通り。【定点報告】(p2~p3参照)(p7参照)▽定点当たり報告数(全国)/15.62(前週9.52)▽定点当たり報告数の上位3都道府県:山口県/31.94、北海道/29.76、宮城県/26.69▽報告患者数/7万7,425人(前週比3万225人増)▽入院患者の・・・

    続きを読む

    2019年12月17日(火)

    [労働災害] 労働災害発生状況 19年12月速報 厚労省

    令和元年における労働災害発生状況について(令和元年12月速報値)(12/17)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 労働基準局 安全衛生部 安全課   カテゴリ: 労働衛生 調査・統計
     厚生労働省は17日、2019年12月の「労働災害発生状況(速報値)」を公表した。19年1月-11月に発生した労働災害の詳細は以下の通り(主なもの)(p1~p3参照)。【死亡災害】●死亡者数:704人(前年同期比60人減・7.9%減)●事故の類型別発生状況:▽墜落・転落/191人▽交通事故(道路)/133人▽はさまれ・巻き込まれ/94人【死傷災害(休業4日以上)】●死傷者数:10万1,984人(2,468人減・2.4%減)●事故の類型別発生状況:▽転・・・

    続きを読む

    2019年12月14日(土)

    [がん対策] がん5年生存率は66.4%、0.3ポイント上昇 国がんが発表

    がん診療連携拠点病院等院内がん登録 2013年3年生存率、2010-11年5年生存率公表 特別集計:患者年齢・病期別の生存率(12/14)《国立がん研究センター》
    発信元:国立がん研究センター がん対策情報センター   カテゴリ: 調査・統計 保健・健康
     国立がん研究センター(国がん)は14日、がん診療連携拠点病院などで2010年から11年までに「がん」と診断された患者の5年後の相対生存率が66.4%だったと発表した(p8参照)。09年から10年までの前回集計の結果に比べて0.3ポイント上昇。ただ、部位別で見ると、膵臓は依然として10%にも満たない状況で、初集計の胆嚢も約30%にとどまっている(p10~p11参照)。 国がんが、10年から2年間のがん患者の65万19例(318施設)・・・

    続きを読む

    2019年12月13日(金)

    [インフル] インフルエンザの発生状況 19年第49週(12月2日-12月8日)

    インフルエンザの発生状況について(12/13)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
     厚生労働省は13日、2019年第49週(2日-8日)の「インフルエンザの発生状況」を公表した。定点報告と全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の詳細は以下の通り。【定点報告】(p2~p3参照)(p7参照)▽定点当たり報告数(全国)/9.52(前週5.52)▽定点当たり報告数の上位3都道府県:北海道/25.11、青森県/21.88、富山県/19.31▽報告患者数/4万7,200人(前週比1万9,807人増)▽入院患者の・・・

    続きを読む

    2019年12月12日(木)

    [介護保険] 介護給付費等実態統計月報 19年8月審査分 厚生労働省

    介護給付費等実態統計月報(令和元年8月審査分)(12/12)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付 参事官付 社会統計室   カテゴリ: 介護保険 調査・統計
     厚生労働省は12日、2019年8月審査分の「介護給付費等実態統計月報」(旧・介護給付費等実態調査月報)を公表した。結果の詳細は以下の通り(p1参照)。【受給者数】●介護予防サービス:▽総数/77万5,500人▽介護予防居宅サービス/75万9,200人▽地域密着型介護予防サービス/1万4,500人●介護サービス:[全体]▽総数/437万9,400人▽要介護1/115万200人▽要介護2/107万7,700人▽要介護3/84万700人▽要介護4/76万3,000人▽要介護・・・

    続きを読む

    2019年12月09日(月)

    [医療提供体制] 19年11月は事故報告37件、調査依頼5件 医療事故現況報告

    医療事故調査制度の現況報告(11月)(12/9)《日本医療安全調査機構》
    発信元:日本医療安全調査機構   カテゴリ: 医療提供体制 調査・統計
     日本医療安全調査機構が9日に公表した「医療事故調査制度の現況報告(11月)」によると、医療事故報告は37件あったことがわかった。センター調査依頼は5件。 医療事故報告の内訳は、病院34件、診療所3件。診療科別では、外科8件、内科、整形外科各6件、産婦人科5件、循環器内科、脳神経外科、小児科各2件、心臓血管外科、泌尿器科各1件、その他4件だった(p2参照)。 センターへの相談件数は187件(累計8,110件)。内訳は・・・

    続きを読む

    2019年12月06日(金)

    [家計調査] 家計調査報告 19年10月分 総務省

    家計調査報告-2019年(令和元年)10月分-(12/6)《総務省》
    発信元:総務省 統計局 統計調査部 消費統計課 審査発表係   カテゴリ: 調査・統計
     総務省はこのほど、2019年10月分の「家計調査報告」を公表した。詳細は以下の通り。前年同月比は、18年1月からの調査方法の変更による影響を調整した推計値(変動調整値)。●1世帯当たりの消費支出:▽全体/27万9,671円(前年同月比:名目4.8%減、実質5.1%減)、11カ月ぶりの実質減少▽保健医療関連/1万3,727円(名目2.1%減、実質2.8%減)、5カ月ぶりの実質減少(p1~p2参照)●勤労者世帯の1世帯当たりの実収入:53万6,075・・・

    続きを読む

    2019年12月06日(金)

    [人口] 人口動態統計月報 19年7月分 厚労省

    人口動態統計月報(概数)令和元年7月分(12/6)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付 参事官付 人口動態・保健社会統計室 月報調整係   カテゴリ: 調査・統計
     厚生労働省は6日、2019年7月分の「人口動態統計月報(概数)」を公表した。詳細は以下の通り。●人口動態:▽出生数/7万6,239人(前年同月比4.7%減・3,785人減)▽死亡数/10万5,655人(0.6%減・616人減)▽自然増減数/2万9,416人の減少(3,169人減)(p5参照)●死因別死亡数の上位3位:▽悪性新生物(がんや肉腫などの悪性腫瘍)/3万1,280人▽心疾患(高血圧性を除く)/1万4,600人▽老衰/9,471人(p12~p15参照)・・・

    続きを読む

    2019年12月06日(金)

    [経営] 毎月勤労統計調査 19年10月分結果速報 厚労省

    毎月勤労統計調査 令和元年10月分結果速報等(12/6)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 政策統括官付 参事官付 雇用・賃金福祉統計室   カテゴリ: 調査・統計
     厚生労働省は6日、2019年10月分の「毎月勤労統計調査(速報)」を公表した。医療・福祉業の詳細は以下の通り。●月間現金給与額:▽総額/25万6,477円(前年同月比0.5%増)▽定期給与/25万3,267円(0.4%増)▽特別給与/3,210円(2.4%増)(p7参照)●月間実労働時間:▽総実労働時間/132.7時間(2.4%減)▽所定内労働時間/127.5時間(2.5%減)▽所定外労働時間/5.2時間(1.9%減)(p8参照)●労働者数と労働異動率:▽総数・・・

    続きを読む

    2019年12月06日(金)

    [インフル] インフルエンザの発生状況 19年第48週(11月25日-12月1日)

    インフルエンザの発生状況について(12/6)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 健康局 結核感染症課   カテゴリ: 保健・健康 調査・統計
     厚生労働省は6日、2019年第48週(11月25日-12月1日)の「インフルエンザの発生状況」を公表した。定点報告と全国の保育所、幼稚園、学校を対象としたインフルエンザ様疾患発生報告の詳細は以下の通り。【定点報告】(p2~p3参照)(p7参照)▽定点当たり報告数(全国)/5.52(前週3.11)▽定点当たり報告数の上位3都道府県:北海道/16.76、青森県/15.48、石川県/10.52▽報告患者数/2万7,393人(前週比1万2,003人増)▽入・・・

    続きを読む

    2019年12月04日(水)

    [社会福祉] 生活保護の被保護者調査 19年9月分概数 厚労省

    生活保護の被保護者調査(令和元年9月分概数)の結果を公表します(12/4)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 社会・援護局 保護課   カテゴリ: 社会福祉 調査・統計
     厚生労働省は4日、2019年9月分の「生活保護の被保護者調査(概数)」を公表した。詳細は以下の通り(p1~p5参照)。●被保護実人員総数(保護停止中を含む):207万2,929人(前年同月比2万1,521人減・1.0%減)●被保護世帯総数(保護停止中を含む):163万5,718世帯(521世帯減・0.0%減)●世帯類型別世帯数(保護停止中を含まない):▽高齢者世帯/89万6,454世帯(1万6,118世帯増・1.8%増)▽高齢者世帯を除く世帯/73万756世・・・

    続きを読む

    2019年11月29日(金)

    [経営] 労働力調査 19年10月分速報 総務省

    労働力調査(基本集計)令和元年(2019年)10月分(速報)(11/29)《総務省》
    発信元:総務省 統計局   カテゴリ: 調査・統計
     総務省はこのほど、2019年10月分の「労働力調査(速報)」を発表した。詳細は以下の通り(完全失業者数以下はすべて産業全体の数値)。▽就業者数/産業全体・6,787万人(前年同月比62万人増)/医療・福祉・853万人(16万人増)▽完全失業者数/164万人(1万人増)▽非労働力人口/4,137万人(74万人減)▽完全失業率(季節調整値)/2.4%(対前月比0.0%)(p1~p7参照)。・・・

    続きを読む

    2019年11月29日(金)

    [経営] 一般職業紹介状況 19年10月分 厚労省

    一般職業紹介状況(令和元年10月分)(11/29)《厚生労働省》
    発信元:厚生労働省 職業安定局 雇用政策課   カテゴリ: 調査・統計
     厚生労働省は11月29日、「一般職業紹介状況」(2019年10月分)を公表した。詳細は以下の通り。▽有効求人倍率(季節調整値):1.57倍(前月と同じ水準)▽新規求人倍率(季節調整値):2.44倍(前月比0.16ポイント増)(p1~p2参照)▽新規求人数/医療・福祉業全体・24万6,115人(対前年同月比3.2%増)、うちパートタイム・11万6,246人(3.2%増)/医療業・7万7,882人(2.3%増)、うちパートタイム・3万736人(2.9%増)/社・・・

    続きを読む

    全2,820件中1 ~25件 表示 最初 | 前 | 1 - 2 - 3 - 4 - 5 | | 最後
    ダウンロードしたPDFファイルを閲覧・印刷するには、Adobe Reader(またはAdobe Acrobat Reader)がインストールされている必要があります。
    まだインストールされていない場合は、こちらより、Adobe Readerを予め、ダウンロード、インストールしておいてください。

    !! 情報の取り扱いに関する注意事項 !!

    ご提供する記事は、転送、複写、転載、引用、翻訳、要約、改変その他の方法により、私的利用の範囲を超えて使用することはできません。また、公的文書については、コピーして他者に手渡すことはできますが、webサイトに掲載するなど、不特定多数がアクセスできる形態での転載はお断りしています。

    上記のご利用条件を遵守いただけない場合は、サービス提供を中止するとともに、著作権法に従い所要の措置を取らせていただくことがございますので、十分にご留意ください。また、本サービスによって、貴社または貴社の顧客等が損害を被った場合でも、当センターは一切責任を負いません。

    ページトップへ